2019/12/02 19:00 55PV

テニスでフォアハンドストロークを安定させるためのコツとは?

テニス

テニスで最も重要なショットはフォアハンドストロークです。ですが、フォアハンドストロークが安定しない事に悩む人も多くいます。この記事では、テニスのフォアハンドストロークを安定させるためのコツを以下に解説します。

フォアハンドストロークが安定しない理由はいくつも考えられるのですが、実は、たった3つのポイントを意識するだけで、フォアハンドストロークを大いに安定させることができるのです。いずれも、長時間の練習をしなくてもマスターできることばかりですので以下で解説します。

なぜフォアハンドストロークを安定させることが重要なのか?

テニスにおいて一番多く使うのは、やはりフォアハンドストロークです。サーブやボレーも大切ですが、初心者はまずストロークを重点的にマスターすることが上達への近道。なぜなら、たとえサーブが上手に打てても、ボレーが得意だったとしても、フォアハンドストロークが安定しなくては試合で勝利することはできないからです。

サーブの後の組み立てや、ボレーで攻撃するためのアプローチにも必ずストロークは必要です。しっかりマスターしましょう。

最後まで「目線を残す」

初心者のフォアハンドストロークが安定しない理由として、多くの場合「ボールから目を離してしまう」ことが原因として挙げられます。「最後までボールから目を離すな」とは、テニスに限らず多くの球技の鉄則として言われることですが、ほとんどの人は、これができていないのです。

なぜなら、「打つ瞬間まで目を離さない」という意識では不十分だから。最後までボールを見るためには、「目線を最後まで残す」ことがカギになります。

打った直後にすぐ目線を外してはいけない

初心者にとって、最初に意識すべきポイントは「目線を残す」ことです。「ボールから目を離すな」とは、テニスに限らず、あらゆる球技で言われる基本中の基本。ただし、ボールをしっかり見ることとは微妙に違い、「目線を残す」という意識が必要なのです。

そのためには「打点をしっかり見る」というレベルではまだダメで、打ち終わった直後にも少し「目線を残す」くらいを意識してください。
実際には、プロ選手の動きをスローモーションで見ると、打つ前に目線が離れています。よく考えればわかるのですが、テニスの試合ではただボールだけを見ていてもダメで、相手のコートに目を移し、打つコースに狙いを定めたりすることが必要なので、すぐに目線を外すことが当たり前です。

ただし、プロ選手であれば早めに目線を外してもストロークが安定しているのであり、初心者が同じことをしてはいけません。初心者は、ボールに当たった直後まで目線を残す意識をもってください。

打った直後まで見る意識をしないと打点が狂う

打った後までボールを見ているくらいの意識をしないと、なぜダメなのでしょうか? 実は初心者はボールを打つ直前は既に目線が外れてしまうことが多く、打点が狂いがちだからです。

目線を残して打つように意識すると、しっかりスイートスポットでボールをとらえることができます。
さらに、頭がぶれずに一連の動作を終えることができるため、体が安定してボールにパワーを伝えることができるのです。
ここを意識して打つことで、フォアハンドストロークが安定するだけでなく、より力強いショットが打てることが実感できるはずです。特別な練習なくすぐに実践できる方法ですのでぜひ試してみてください。

実は、トッププロでも格好のお手本がいます。ロジャー・フェデラー選手です。動画などでフェデラー選手のストロークの映像を一度じっくり見て下さい。彼は目線をしっかり残して打っていることが一目瞭然です。チェックして参考にしましょう。

体の動きをラケットを持っていない腕でブロックする

ストローク

2つめのコツは、腕の使い方です。ただし、ラケットを持つ利き腕ではありません。もう一方の腕が重要なのです。
フォアハンドストロークが安定しない理由として、打つ時に「体が開いてしまう」ことが挙げられます。体が開いてしまうと言うのは、フォアハンドストロークを打つ時に体が相手の正面を向いてしまっている状態を指します。上級者やプロ選手であれば敢えて体が開いた状態でボールを打ったりしますが、初心者の方は体が開かないように打つように心がけましょう。その際に重要なのは、ラケットを持っていない方の手です。テイクバックの時にはラケットを持っていない手を前に突き出し、体が開かないようにブロックします。

また、スイングが始まるタイミングでラケットを持っていない手の手首を捻りながら自分の胸元に寄せ、スイングの勢いで体が開くのをストップさせます。

体の軸を垂直に保つ

フォアハンドストロークを安定させるためのもうひとつの重要なポイントは、「体の軸を垂直に保つ」ことです。つまり、上半身を地面の角度に対してなるべく90度になるように姿勢を保つということです。
地面に対して真っ直ぐに立っていれば、上半身は地面に対して垂直の姿勢になるはずです。ところが、テニスでは、相手からくるボールが高くなったり低くなったりしますから、常に真っ直ぐの姿勢を維持することは決して簡単ではありません。
膝をしっかり曲げて打てば、上半身が安定して垂直の姿勢をキープできます。しかし、特に低いボールを処理しようとする場合には、つい腰高の姿勢で体を斜めに倒して打ってしまいがちです。なぜなら、そのほうが楽に打てるからです。
膝をしっかり曲げて打つほうが筋肉や腰の負担があるため、無意識に膝を曲げることをサボってしまうのです。
しかし、体を斜めに倒して腰を折った状態で打てば、当然ボールに力が伝わらず、ミスをしやすくなります。
膝をしっかり曲げて身体全体を低くして打てば、安定した力のあるボールを低い打点からでも打つことが可能です。当然ストロークは安定するのです。
低いボールに対して無意識に腰を折ってしまうのは、下半身の筋力が不足しているからです。そうならないために、ランニングや足の筋力を鍛えるトレーニングを行って、下半身を鍛えておくことが効果的でしょう。

まとめ

以上、テニスのフォアハンドストロークを安定させる方法を解説しましたが、基本的にはバックハンドでも同じです。

  1. 最後まで目線を残す
  2. 体の開きを反対の腕でブロック
  3. 体の軸を垂直に保つ

この3つさえ意識すれば、ストロークの安定性は大きく改善するはずです。しかし、テニス初心者がこの3つを一気に練習でマスターしようとしても無理があります。
欲張って練習しようとすると、ポイントがまったくわからなくなってしまうので、1つずつ実践していきましょう。順番としては、1.の「目線を残す」ことが最もストローク改善に効果的なので、まずはこれからマスターすることがオススメです。
しかも「意識する」だけで効果を発揮するので、難しいことではありません。すぐにでも実践できます。実は「早めに目線を外して次のプレーに備えよう」という、まったく逆のことが書いてあるサイトや解説本もあるのですが、それはもう少し上のレベルで意識することなのです。
ここで説明したのは、あくまで初心者レベルでの話なので、あくまでストロークを安定させるためには、目線を最後まで残すことが重要だということを付け加えておきます。

テニス仲間をお探しの方

SPOTAS+の『サークル』では、多くのテニスサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。

参考記事一覧

フォアハンドを超安定させる3つのコツを解説【硬式テニス】(てにさるっ!-テニス総合情報サイト-)

https://tennisall2.com/tennis-forehandstability/#i

【初心者向け】ストロークが安定しないならボールを打つ高さ・軌道に気をつけよう(とうふDay)

https://tofuday.com/entry/2017/01/14/213312

この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

テニスに握力が必要か?テニスと握力の関係性を解説!

この記事では、テニスに握力が必要なのかと言う点についてテニスと握力の関係性もふまえて解説します。 テニスに握力は必要か? テニスに強い握力が必要かというと、現代の近代テニスでは、そう必要ではないというのが一般的な風潮のようです。 これについては、理由があります。 ひと昔前のテニスは、ラケット一つにしても、ウッドやスチールラケットが主流で、重さも大変なものでした。 そのため、握力がある程度必要で、そのころのテニスプレーヤーは、握力が80㎏前後のプレーヤーは相当いたようです。 ですが現在は、ラケットの軽量が一段と進み、反発力も上昇し、ラケットの重さが50~60㎏くらいとなり、握力がなくてもこなせる時代に入ったようです。 プロのテニスプレーヤーの握力 握力に関して言えば、世界ランキング選手の平均握力は96kgで、他のスポーツに比較して高い数値を示しています。 世界のトッププレーヤーで、日本でも多くのファンを持つアンディ・マレー選手が110㎏の握力で、平均をはるか上回っています。 一方、日本を代表するテニスプレーヤー、錦織圭選手の握力は75㎏と、世界ランキング選手の平均よりは下回っていますが、成人平均50kgをはるかに上回っているようです。 握力は、大いにプレーに影響を与えるか。 一言で言って、握力の強弱は、プレーに影響は与えないと言っていいでしょう。 テニスクラブで、コーチから最初に言われることは、「ラケットは軽く握れ!」という言葉です。 テニスでは、ボールがラケットに当る瞬間(インパクトと言います)、グリップを強く握らなければなりません。 初心者でボールがまっすぐ行かない ボレーが上手くない サーブのリターンができない など、あらゆる場面で、インパクトの瞬間にグリップを強く握っていない事がテニスの成長を妨げているようです。 勿論試合になると、この影響が出て、落すことになるのは間違いありません。 ラケットを握る事はそれだけ試合に影響を与えます。 だからと言って、握力の強弱とは関連性はないと見られます。 なぜなら、握力が弱い人でも、強烈なサービスのリターンをしている人は数多くいるからです。 グリップの握りについては、握力よりも握るタイミングを合わせる事が重要になります。 握力よりも重要なテニスで使用する筋肉 テニスをやる中で、ここを鍛えれば、スピードテニスができる、フットワークがスムーズにできる、テニスパフォーマンスができる、などテニス上達には欠かせないのが筋肉の鍛錬です。 特に腹直筋、背筋等の体感を鍛えることは、あらゆるスポーツに精通する大切な筋肉です。 ここではスピード化した、近代テニスにとって、欠かせない筋肉を紹介していきます。この筋肉を鍛えることで、テニスのレベルアップは間違いないといことです。 体幹(腹直筋、復斜筋、首筋) テニスプレーヤーにとって非常に重要な筋肉が腹直筋、復斜筋、首筋等の体幹です。 体幹がしっかりしている選手は、テニスだけでなく、どのような運動においても、秀逸な結果を残す人です。 特に腹直筋,腹横筋を鍛えると、強力なテニスパフォ-マンスが期待できるかもしれません。 テニスと言うスポーツは、体をひねる動きが繰り返されます。 その意味でもここを鍛える重要性は分かるようです。 ハムストリング 大腿二頭筋、半腿様筋など半腿様筋が構成される筋肉で、太ももの裏側に位置しております。 テニスにおいて、急に止まったり、ターンしたり、臨機応変に移動する場面が出てきます。 こうした動きに対応できる筋肉で、ここを鍛えると、よりスムーズに動きができ、強力なパワーを生み出す源となります。 ハムストリングスを鍛えることは、よりパワフルなテニスができることに繋がります。 大腿筋、大背筋 大腿筋、大背筋、大腿四頭筋などを鍛えることで、膝の屈曲が繰り返されるテニスにあって、大変重要なファクターを持つ筋肉と言えましょう。 筋肉の中でも大きい太ももの筋肉です。 広背筋 背中にある広い筋肉です。 テニスにおいては、サービスの時に力を発揮する筋肉です。 ここを鍛えれば、強力なサーブが得れることは間違いありません。 高速サーブの時代です。差別化する意味でも広背筋を鍛えることをお勧めします。 まとめ テニスにおいて握力の強弱はプレーには大きく影響はしません。 確かにプロテニスプレーヤーの握力は総じて高い傾向に有りますが、ラケットでボールを打つと言う競技の性質上、結果的に高くなっていったと考える方が妥当でしょう。 競技者の方については、握力を鍛えるより、上述のような筋力を鍛えるトレーニングに励む方がお勧めです。 テニス仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くのテニスサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 <参考> テニス教本(日本プロテニス協会) テニス指導教本(日本テニス協会) テニス上達の方程式(竹内 映二)

テニスの正しい素振りって?動作別に注意すべき点を分かりやすく解説!

テニスで上達する上で素振りは大切です。ここでは、テニスの正しい素振りについて、動作別に注意すべき点を分かりやすく解説していきます。 これからテニスを始めたい方、テニスの素振りで注意すべき点が分からないという悩みを持った方におすすめです。 テニスで素振りをするメリット(効果)ってあるの? テニスでの花形といえばストロークでしょう。早い打球でコースをついて得点を決める姿を見るとカッコいいですよね。また、サーブやボレーも決まるとテニスが楽しいと感じる方も多いでしょう。しかし、いきなりこのようなバシバシ決まるストロークやサーブ、ボレーが打てるわけではありません。 これらは、素振りでフォームの基本を身に付けてこそできる技術です。しかし、何も難しいことはありません。基本の素振りを学び、練習を重ねることでできるようになってくるでしょう。 さて、テニスの素振りをすることでどんなメリットがあるのでしょうか。ここでは大きく2つに分けて解説していきます。まず1つ目のメリットは、バランスを崩しても安定した打球が打ち返せるフォームを身に付けることができることです。テニスにおいて、ストロークやサーブを打つときのフォームは大切ですが、これは素振りによって基本的な動作を学ぶことが前提になります。ストロークやサーブだけでなく、ボレーも同じように素振りで基本的な動作を学ぶことで多少バランスを崩しても安定した打球を返すことができるようになります。 2つ目のメリットは、メンタル面の強化に大きく影響することです。正しい素振りの練習を繰り返しすることで自信がつきます。基本的に、練習でできないことは試合中もできません。素振りで自信をつけて練習に臨み、それが試合で発揮することに繋がります。 このように、テニスで素振りをする効果やメリットは絶大です。それでは、テニスの基本を学ぶうえで欠かせない正しい素振りの仕方と動作別に気をつけるべきポイントを学んでいきましょう。 テニスの動作別の素振りで気を付けるべきポイント テニスの基本動作には、ストロークやボレー、サーブが挙げられますが、それぞれ素振りをする上で気を付けるべきポイントがあります。ここでは、動作別に解説していきます。 ストロークの時の素振り ストローク時の素振りポイントは大きく分けて2つあります。まず1つ目は、ボールを打つときの腕の使い方です。ストロークの基本的な動作は、ラケットを持った状態で腕を後ろに引き、しっかり溜めて腰の打点で打ち返しますが、そのあとは最後まで振りぬくようにしましょう。首に腕が絡みつくイメージですね。最後まで振りぬくことで安定した状態で体重移動ができるため、重い打球でストロークが打てるようになります。 2つ目は、足の運び方です。打つ直前で軸足をしっかり踏み込みますが、このときに軸足の反対の足は打った後に前にくることが望ましいです。これは、正しく体重移動ができている証拠であり、安定した打球を生み出す動作根拠といえます。また、素振りでは、膝を曲げて打点を腰よりも低くすることを意識しましょう。安定した打球で打ち返すことはストロークの基本です。 ボレーをする時の素振り ボレーをするときの素振りは、フォアハンドとバックハンドでポイントが異なります。基本的に初心者向けのボレーは、ラケットにボールを当てるだけで十分です。そのなかで、フォアハンドボレーの素振りポイントは、ラケットを後ろに引きすぎないようにすることです。ラケットを後ろに引きすぎるということは、ボレーをするときにラケットが動いている証拠ですので、面に当てるのが難しくなってしまいます。イメージとしては、ラケットはなるべく動かさず、飛んできたボールをラケットの面に当てるだけです。 一方、バックハンドボレーでは、打つ直前まで両手でラケットを持つ事を意識しましょう。テニス初心者に多くみられますが、ボールが来たら焦ってしまって片手でバックハンドボレーをしようとしてしまいます。 バックハンドボレーは片手で打つのが主流ですが、ラケットの動き始めから片手で完結させる事は難しく、特に初心者にはお勧めしません。 意識としては両手でバックハンドボレーを打つ動きで、ボールがラケットに当たった後のフォロースルーで利き手と逆の手を後ろに引き、両腕を広げる形で体のバランスを取ります。 初心者にとってバックハンドボレーは難しく感じると思いますが、素振りをしてバックハンドボレーの動きをしっかり身に付けておきましょう。 サーブをする時の素振り サーブをするときの素振りポイントは、トスしたときのボールをしっかりイメージすることです。実際にボールをトスして素振りをするのもよいでしょう。ボールを意識することで、ラケットの面を同時に意識することに繋がります。 サーブの素振りは闇雲にしても効果はみられません。さらに、サーブの間違った素振りで多いのが、トスを上げてボールを打つ瞬間にラケットの面が打つ方向に向いていないことです。ここでのポイントは手首の返し方です。必ず打つ方向に手首を返すことを意識して、サーブの素振りをするように心掛けましょう。 また、プロのテニス選手のように速いサーブが打てるとカッコいいと思う方もいると思いますが、サーブは速く打つ必要はありません。多少遅くても、相手が取りにくいコースでサーブを打てば、サービスエースに繋がってきます。そのためには、素振りで基本を学ぶ必要があります。 客観的に自分の素振りをチェックしよう 自分の素振りをしている姿を見ることで、間違いを客観的に捉えることができます。ここでは、鏡を見ながら素振りのフォームをチェックする方法と、動画で素振りのフォームをチェックする方法について解説していきます。 鏡を見ながら素振りのフォームをチェック 鏡を見ながら素振りのフォームをチェックすると、リアルタイムで改善することができます。最近結果が残せなくて困っていると感じたら、一度鏡を見ながら素振りのフォームをチェックしてみるのもよいでしょう。 また、この方法は初心者にも最適な練習方法といえます。テニスを始めたばかりの初心者は、まだフォームが定まっていません。プロ選手のプレーや先輩の姿を真似しようとしても、自分がどのようなフォームで確認することは難しいため、鏡を見ながらチェックすると上達も早いです。 動画で素振りのフォームをチェック フォームの一連の流れをチェックしたいときに動画で素振りしている姿を録画するとよいでしょう。特に、ストロークやサーブなどの早い動作をチェックしたいときは、録画した動画をもとに、スロー再生しながら見て改善する方法がおすすめです。このように、素振りは練習の基本であり、実際の練習で動画を取り入れているケースも増えています。素振りで一連の動作を録画し、後で動画を見ながら動きを分析していくことで、より確実に上達することができるでしょう。 参考動画 この動画では、テニスの素振りのコツについて解説されています。こちらもぜひご覧下さい。 まとめ 最後に、テニスの正しい素振りの基本は、ストロークやボレー、サーブなど、どれも同じです。基本ができて初めて応用に結びつけることができますので、ここでしっかりと基本を学びましょう。 テニス仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くのテニスサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 <参考> YouTubeチャンネル『Tennisrise テニス ライズ』