2019/11/01 16:30 399PV

卓球のループドライブ完全ガイド【コツや練習法まで紹介】

卓球

スピードより回転を重視した実戦的ドライブ

卓球のループドライブは、スピードは速くないものの、回転を多くかけるドライブ。スピードドライブが主流になった現代卓球では頻度こそ減っていますが、初心者にとってはマスターすべき技術と言えます。

ループドライブは、強い回転によってミスを誘うことができることと、打球に緩急がつけて相手のタイミングを狂わす戦術にも効果的です。
近年の卓球界はハイスピード戦が主流になっていますが、それでもスピードドライブと併用することにより、ループドライブを使うメリットは見逃せません。初心者にも比較的マスターしやすい技術なので、ぜひ習得しましょう。

ループドライブとは

ループドライブとは、ボールに強い上回転を強烈にかけて、ループ状に緩い弧を描く打球を打つ技術です。回転量を重視するので、スピードはその分遅くなるのですが、強い上回転により、相手のオーバーミスを誘うことができます。
また、打球がバウンドした後に加速するように低く跳ねるので、相手にとっては返球が難しいボールとなります。
相手からすると、ゆっくり飛んできて、バウンドした途端にスピードを変えて速く、低く飛んでくるという厄介なボールになるのです。回転量によってスピードや軌道も変化するため、より対応が難しいとも言えます。

ループドライブの打ち方とコツ

ボールを「薄く擦る」

最初のポイントは、ボールを当てる瞬間になるべく薄く当てて、素早く下から上に擦り上げることです。ラケットに薄く当てるためには、ボールの上半分を狙うようにすればいいでしょう。この時、ラケットを開いていれば、厚く当たってしまうのでラケットはかぶせ気味の角度にします。

スイングスピードを速くする

また、スイングスピードが遅くても、ラケットに厚く当たってしまうので、なるべく速く振ることも重要です。大振りをせず、コンパクトなスイングを心がけて素早く振ってボールを捉えましょう。
上記のように、ラケットの角度をかぶせ気味にしつつ、さらにボールの上半分を狙った上でスイングスピードを速くしていくので、最初はうまくいかないはずです。それでも、練習を繰り返すことで感覚がつかめるため、必ず身に付きます。

下半身の力をボールに乗せて回転をかける

卓球で特に重要なのが、下半身の力をボールに乗せることです。そのためには、しっかりと膝を曲げて、インパクトの瞬間に体重をボールに乗せるようにスイングします。体重移動がうまくできれば、おのずと強烈な上回転をかけることができるはずです。

上半身の動きをスイングと連動させる

スイングスピードを速くし、ボールに強烈な上回転をかけるには、上半身の使い方もポイントになります。バックスイングでは、無駄な力を入れずに腕をしならせるのがコツですが、この時、同時に上半身を右側(右利きの場合)に少し倒します。そして、スイングするのと同時に元に戻すのです。
この上半身の動きがスイングとぴったり連動すれば、スイングスピードは目に見えて向上するはずです。

体の真横でボールを捉える

通常のドライブは、体の前で捉えるのですが、ループドライブの場合、打球を打つポイントは体の真横付近で捉えます。ループドライブは下から上に垂直にスイングするため、打球点が体の前よりも横の方がスムーズに行うことができるからです。
そのためには、体に近い位置で捉えることも重要です。打ち終わりのフォロースルーは、なるべく小さくなるように意識してください。強い回転をかけようという意識が強いと、フォロースルーが大きくなりがちですが、次の打球の反応が遅くなってしまうので、フォロースルーは小さめが基本です。

低い軌道になるよう、ネットすれすれを狙う

卓球では、高いボールは常に相手の攻撃の餌食になってしまいます。低い軌道が基本なのですが、ループドライブは緩やかな弧線を描く打球のため、高い軌道になりがちです。相手のチャンスボールとならないように、ネットすれすれを狙って低い軌道になるように意識しましょう。
低い軌道のループドライブを打つには、打球点をなるべく低くするのがコツです。相手の返球を頂点で捉えずに、落下してきたタイミングで、ボールを下から上に擦り上げることを徹底しましょう。

ループドライブの練習メニュー

卓球 練習

しっかり上回転をかける

練習パートナーにはドライブで打ち返すのではなく、ブロックをしてもらい、回転量の確認と一定コースへの返球を頼みます。
一定のコースに来るボールをひたすらループドライブで返していきます。この時、オーバーミスを恐れずに下から上に擦り上げる感覚を磨きましょう。最初は、しっかり上回転がかかることをテーマにしましょう。

着地点を深くして相手側に近づける

回転がしっかりかかり、ゆっくり弧を描いたボールが打てるようになったら、相手の台の手前近くに着地点があるかを確認していきます。
相手コートの手前のネットに近い位置にバウンドしてしまうと、カウンター攻撃をされてしまう可能性が高いため、ループドライブはできるだけ相手側に返球するのが基本。それを踏まえて、なるべく相手側に返球するように意識します。
ネットに近い点に落とすのは、いわゆる「浅い」ドライブです。できるだけ相手側の位置に落とす。つまり「深い」ドライブが打てるように練習しましょう。

低い軌道で打てるように意識する

回転がしっかりかかり、着地点も相手側に近づけることができたなら、今度は打球の低さを意識しましょう。打球点を低い位置にして、下半身と上半身の動きを連動させながら、低い軌道を描くように何度も打ち込みます。
ダメなループドライブは、「高くて浅い」ドライブです。逆に「低くて深い」ドライブこそが、質の高いループドライブだと言えるのです。そんな打球を目指して下さい。

コースを打ち分ける

回転量、着地点、低い軌道を一通りつかんだところで、次の練習メニューはループドライブをフォア、ミドル、バックとそれぞれのコースにコントロールできるように意識します。

仕上げの実戦練習

コースを選択して、ループドライブを各コースへの打ち分けができるようになったらいよいよ実戦練習に移ります。
ループドライブは、回転量の多いスイングなので、相手がどんな回転のボールを繰り出してきても、基本的にはループドライブでの返球が可能です。
試合では、どんな回転のボールが飛んでくるかわかりません。実戦形式の練習では、パートナーにドライブやカット、ツッツキなどあらゆる回転のボールをランダムに繰り出してもらいます。
ランダムに繰り出されるあらゆる回転のボールを、すべてループドライブでしっかり返球できるように繰り返し練習しましょう。
本来、ループドライブはいわゆる「つなぎの技術」です。しかし、作戦次第では、決定打にもなりえるボールとも言えます。そのためには、コーナーに打ち分けるだけでなく、より強い回転を目指してください。回転が強ければ強いほど、相手のオーバーミスを誘えるからです。
さらに、「緩急の差」を利用して、相手のリズムを崩すことも効果的です。スローなループドライブの後に、スピードドライブを放てば、相手はより打球を速く感じて、対応が難しくなるはずです。
野球に例えると、90㎞のスローカーブの後に、140㎞の速球が来ると、150㎞のように感じられるそうですが、まさにそれと同じ効果があるのです。
そこで、実戦練習の最終段階では、ループドライブとスピードドライブを併用するメニューも採り入れましょう。
いずれにしても、ループドライブの命は強い回転量です。回転量が多くなければ、相手にとってはチャンスボールになってしまいます。それを常に意識してください。

参考動画

この動画では、卓球のループドライブの打ち方について解説されています。こちらもぜひご覧下さい。

まとめ

ループドライブは、近年のスピード卓球では比較的軽視され、試合で使う選手は減っているようです。しかし、上記で触れたように強い回転がかかった「低くて深い」ループドライブをコースに打ち分けることができれば、それだけで強い武器になるのは確かです。
初心者が威力的なスピードドライブをマスターするより、強力なループドライブをマスターするほうが実は近道です。コツさえつかめば、質の高いループドライブは必ずマスターできるはずです。使い手が減っている分、ループドライブの達人になれば、相手にとっては脅威となる可能性も高いのです。しっかり練習してください。

卓球サークル運営者の方

SPOTAS+の『サークル』で、あなたの卓球サークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう!

卓球仲間をお探しの方

SPOTAS+の『サークル』では、多くの卓球サークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。

<参考>

卓球のループドライブの打ち方!ループドライブの返し方は?(卓球ナビ)

https://tabletennis-navi.info/archives/789#i-3

ループドライブのやり方とコツ(卓球が上達する練習メニュー)

https://table-tennis.click/shot/drive/loop/

卓球技術:ループドライブの打ち方(卓球はじめました アラフォーの卓球初心者ブログ。)

https://takkyu.mycabin.net/archives/648

ティモボルに学ぶ、最強のループドライブの極意!!(しろーとフィットネス&卓球)

http://www.shirotofitness.com/entry/2017/03/03/170000

YouTubeチャンネル『【卓球動画】WRM-TV [TableTennis]

この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

卓球のチキータの打ち方と上達間違いなしの練習法紹介

今回は卓球の打法「チキータ」を紹介します。小学生からトップ選手まで使っているこの打法はどのような打法なのでしょうか?打ち方から練習法まで徹底的に解説します テレビ中継でで良く目にする言葉の中に「チキータ」があります。どのような打法で、どのように打法として身に着けるのか、検証していきましょう。 チキータとはどのような打球なのか 「チキータ」を使いこなす選手たちが世界ランク上位を占める 卓球には「ストローク」「ツッツキ」「スマッシュ」「ドライブ」など多くの打法があります。そして、フォアハンド(利き手)、バックハンド(利き手と反対の手)それぞれに分かれます。20年ほど前までは少なくとも、ここにあげた打法で卓球は成立していました。サービスに対してのレシーブとしては「ツッツキ」などが主でしたが、近年は「チキータ」という打法をレシーブで使う選手が増えて、「チキータ」を使いこなす選手達が世界ランク上位を占めていると言っても過言ではないと言えるでしょう。 「チキータ」の由来 では「チキータ」とは一体どのような打法なのでしょうか?簡単に言えば、ボールに対してバックハンドで横回転をかけるレシーブです。実際の試合では、選手がサイドステップしながら横移動してボールの正面に入り、そのボールに対して横回転をかけていくショットです。そして横回転をかけた軌道が「バナナ」に似ている事から、バナナのブランド名に掛けて「チキータ」と名付けられました。 「チキータ」生みの親はチェコの元選手 「チキータ」は、1980年代後半から2000年前半に活躍したチェコ出身選手のピーター・コルベル氏によって開発されました。コルベル氏は、1991年世界選手権千葉大会で、旧チェコスロバキア代表として出場し団体3位に貢献しました。1996年アトランタ五輪では男子シングルス4位に輝くなど「チキータ」の生みの親として、数々の成績を残します。日本でも水谷隼選手、丹羽孝希選手、張本智和選手など多くのトップ選手が頻繁に使用しています。 中国選手が改良した? 現在の卓球界で世界を席巻している国は、男女とも中国です。近年の主要大会を総なめしているのが現状です。チキータは横回転が主流と書きましたが、ある中国選手によって改良されることになります。これまでの横回転に加え、トップスピンをかけるチキータが開発されたのです。テレビ中継などで「強烈なチキータ!」と叫んでいるときは、ほぼトップスピンをかけたチキータ(別名 台上バックドライブ)です。 どのような時に打つべき打球なのか サービスレシーブとして用いる 「チキータ」を多く使用する場面はレシーブです。卓球はサービス権を持つ選手が優位と言われています。サービスは自分から仕掛けることの出来る手段で、それによって攻める事ができます。一方、サーブを受けるレシーブの選手は、相手のサーブあってのものなので、どうしても受け身になりがちです。回転が掛かったサーブに対して、確実にレシーブをして、相手の形でスマッシュやドライブを打たせなくすることが基本戦術になります。「ツッツキ」が守備的レシーブだと考えると、「チキータ」は攻撃的レシーブと呼べます。 チキータの打ち方 ボールの捉え方(バックハンドドライブとの比較) 「チキータ」はどのようにしてボールを捉えるのでしょうか?スイングが良く似ている「バックハンドドライブ」と比較をして見るのが一番分かりやすいです。 「バックハンドドライブ」はラケット・ヘッドを水平に向けて、ボールの上面をこすり上げるように、打っていきます。打球は、ほぼまっすぐに伸びていきます。一方「チキータ」はラケット・ヘッドを下に向けて、ボールの側面を捉え、回転は時計回りに曲がっていきます。そして、ボールをしっかり引きつけてから打てば安定感も増していきます。上級者になれば、ラケットの先端でボールを捉えると、より威力のあるボールを打つことができます。 戦術としての考え方 フォア・バックと共に「ドライブ」を打つときは、「ツッツキ」などの縦回転のボールに対して、その回転を利用しながらボールを捉えていきます。一方の「チキータ」はレシーブの際に使うことが多いです。「レシーブ」はしっかり繋ぐというイメージがありますが、「チキータ」は自分から台上で横回転をかけていきますので、自分から仕掛けることができる攻めの「レシーブ」です。つまり、レシーブから一気に攻勢をかけることができます。かつては、一部のトップ選手のみが使用していましたが、バックハンドドライブよりも難易度は落ちるため、ジュニア世代でも積極的に取り入れています。 ただデメリットとして、チキータを打った後、相手のバック側やミドルに行くことが多いので、コースが読まれやすくなります。その為、返球に対するカウンター・ブロックの練習も必要になります。 打つ時のフォーム 「チキータ」をはじめとしたバックハンド系のショットを打つ際には、ボールの正面まで自分自身が移動する必要があります。フォアハンド系は、正面まで動かなくても手が届く範囲に構えることができれば打てる体勢になりますが、バックハンド系は、体の横でボールを捉えると、コントロールすることが難しくなるからです。特に「チキータ」は自分から横回転をかけることを求められる為、他のバックハンド系のショットよりも、ボールの正面に体を入れることが必須項目になります。 次は体勢です。レシーブは基本的に体勢を低く保つことが必要です。とりわけ「チキータ」に関しては、肘を高くそして前に構えるので、体勢の低さがより重要になります。肘を高い位置につけることを最優先に考えて、上級者になれば肘をより前に突き出すイメージを持ち、威力のある「チキータ」を相手の台上に打ち込むことができます。 チキータの練習法 感覚に慣れる チキータは他の打法と違って、脇を上げてスイングスペースを確保してから、ボールの内側を捉えやすいように肘を高く上げていきます。他の打法と感覚が違うので、まずは感覚に慣れることからお勧めします。 まずは、ラケットを持っていない方の手でボールを持ちます。そしてボールをまっすぐ落下させて、台上にワンバウンドさせてから、そのボールをチキータで打ちます。ワンバウンドさせた後のボールに対し横回転をかける感覚を身につけましょう。 多球練習でバックにボールを出してもらう 「多球練習」とは、多くのボールを使用して、送球者がボールを手に取って連続で球出しをする練習です。初級者にお勧めの練習方法で、たとえミスショットをしても連続してボールが供給されるので、非常に効率が良いです。 チキータの練習においては、送球者に当たりの長いボールをバック側に軽く出してもらい、それを横回転で捉えられるようにしましょう。慣れてきたら、回転量の多いボールなどで練習すると良いでしょう。 練習する際に意識することは、正しいフォームで打つことです。感覚をつかむまでは、他の打法より時間がかかると言われていますので、正しく打つことを心がけましょう。 まとめ 今回は「チキータ」についてお届けしました。近年の卓球界において「チキータ」は主流になってきています。「チキータ」を武器にする選手が、軒並み世界の上位に君臨しています。ただ、すぐにマスターできる打法ではありません。他の打法と違って、自ら横回転をかけて攻めていくレシーブです。バックハンド系は総じて、ボールの正面に体を入れてボールを捉えますが「チキータ」は確実にボールの正面に体を入れないと、ボールをコントロールできません。 横回転の感覚に慣れるためにも、まずは正しいフォーム作りから始めましょう。一人であれば、ボールをワンバウンドさせてから横回転をかける練習をし、送球者ありの場合は、多給練習でしっかり打ち込みをすることをお勧めします。上段でも述べましたが、上達スピードは他の打法よりも時間がかかる傾向があります。正しい「チキータ」のフォームを身につけて、卓球を楽しんでください。 また、こちらの動画ではチキータのコツについて解説されています。こちらもぜひ参考にして下さい。 卓球仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くの卓球サークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 卓球サークル運営者の方 SPOTAS+の『サークル』で、あなたの卓球サークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう! 参考記事一覧 卓球のチキータとは?チキータの打ち方は?(卓球ナビ) https://tabletennis-navi.info/archives/456#i 卓球のチキータのやり方と、圧倒的に安定させる7つのコツを大公開!(我流卓球理論) http://mizuno-shunsuke.com/table-tennis-chiquita/#i-4 卓球の台上技術チキータのやり方について(中学からでも卓球が上手になる) http://takkyuzuki.com/column/%E5%8D%93%E7%90%83%E3%81%AE%E5%8F%B0%E4%B8%8A%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%81%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E3%82%84%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/ 卓球のチキータって何?卓球知らない人にも分かりやすく紹介しよう。 https://satoshino.com/what-is-chiquita/ 卓球のチキータが上達する練習メニュー(Zero Grgvity Work) https://table-tennis.click/shot/chiquita-practice/ 『卓球スピードマスター』(秋葉龍一 著) 『卓球ビギナーズバイブル』(卓球王国まとめ) YouTubeチャンネル『【卓球動画】WRM-TV [TableTennis]』 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcoaching/28/1/28_65/_pdf

【タイプ別】卓球ラケットの正しい持ち方とは

卓球のラケットの持ち方は特に決まりがないことを知っていましたか?ですが、ラケットの持ち方によってボールのコントロールや威力が変わってきます。今回はそんな卓球の基本的なラケットの持ち方を解説します! 卓球のラケットは、どのような持ち方をしていても反則になることはありません。なので、打つ際は、自分の好きな形、打ちやすい形でラケットを握ればよいというわけです。 しかし、一応ラケットの持ち方と種類というものがあります。卓球で有効的な正しい持ち方でラケットを持つことにより、より高いスキルを身につけたくはありませんか?実はラケットの持ち方は大きく分けて2種類だけなのです。そんな卓球のラケットの持ち方を今から紹介していきたいと思います。 シェークハンド シェイクハンドは、基本的にラケットと手が平行に、同じ方向へ向くようにします。さらに、人差し指と親指の谷にラケットを当て、そのまま人差し指と親指以外の指でラケットを握りしめるのです。 シェークハンドは「握手」という意味で、その名の通り、後ろから見ると握手をしている形に似ています。手で銃を握っているような形になれば完成です。その際、ラケットと手首、人差し指が平行になっているか確認しましょう。手首が内側、外側のどちらにも折れていてはいけません。 人差し指をラケットと平行にすることで、伸ばした人差し指でラケットの背面を支えるため、スイングした際により力強いドライブを打つことが出来ます。日本では、この持ち方のプロ選手も多く、今年引退された福原愛選手や活躍中の石川佳純選手などをはじめとした多くのトップクラスのプロ選手からも採用されている持ち方がシェークハンド通称「シェーク」です。 ちなみにシェークハンドは、もともとはヨーロッパ選手によって好まれた持ち方らしいですよ。 加えて、持ち方に適した戦型として以下の3つが挙げられます。それぞれどのような持ち方なのか紹介していきたいと思います。 ドライブ型 現在の卓球界で主流となっているプレイスタイルであり、世界ランキングでも上位の選手はみんなこのスタイルだそうです 多くの選手が好むこのスタイルは、得点を取りに行く攻撃的なスタイルになります。ラケットの表面でこすり、ボールに前進回転をかけて打つドライブという打ち方をおこないます。 徐々に当て方に慣れていき、回転のかかるドライブが打てるようになるための練習が必要にはなりますが、このドライブ型から卓球を始めるのがスタンダードの型です。 ドライブについてはこちらの記事でもご紹介していますのでぜひ参考にして下さい。 カット型 カット型は、ボールの速さと変化によって相手を揺さぶる戦 術になります。リズム感と素早い動きが必要になりますので、心者がいきなりおこなうというのは難しいかもしれません。 その名の通り、ボールを上から下へ切るようにし、バックスピンをかける打ち方です。相手にとって打ち返しにくいボールを繰り出すことが出来ます。 カットについてはこちらの記事でもご紹介していますのでぜひ参考にして下さい。 異質型 異質型は、ドライブ型のシェークハンドの表面または裏面のどちらかに粒高などの異質なラバーを張るというのが特徴です。 球質を変え、チャンスを作っていくスタイルになります。どちらかと言えばあまり主流ではありませんが、器用でいろんな戦術をしてみたいという人にはおすすめです。 ペンホルダー ペンホルダーという持ち方は、その名の通り、ペンを持つように握る持ち方です。グリップ部に人差し指と親指を当ててペンのように持ちます。 その他の中指と薬指でラケットの裏面を支えるようにして、小指は添えるだけにします。中国式のペンホルダーは日本式のものとは少し違っていて、ラケットを鷲掴みして持つそうです。 20年ほど前は、卓球大国中国の選手のほとんどがこのペンホルダーだったため、日本でも広く浸透していたようですが、現在は圧倒的にシェークハンドが多くなっています。 ですが、ペンホルダーが悪いというわけではありませんよ。人それぞれ自分に合った持ち方がありますから、使ってみなければどちらが良いかわかりません。自分に扱いやすい方法で正しくラケットを持つ方法を選びましょう。 加えて、シェークハンドと同様に、持ち方に適した戦型があり、以下の2つが挙げられます。それぞれどのような持ち方なのか紹介していきたいと思います。 ドライブ型 ペンホルダーのドライブ型は、ペンホルダーのラケットの裏にラバーを張り、フォアハンドのドライブで攻撃をしていく戦術です。 その際、表面に裏ラバーを張る(日本式)方法と、表と裏面の両方にラバーを張る(中国式)方法があります。どちらも試してみて自分に合った方を取り入れればよいでしょう。 強力なフォアハンドドライブを使った攻撃を行いたい方にお勧めの戦術になります。 異質型 ペンホルダーの異質型は、粒高ラバーなどを使った変化形ラバーを使用します。回転の変化によって相手を惑わし、相手のミスを誘う戦術です。 ラバーを使いこなすことはとても難しく、初心者には難易度の高い戦術になります。 色々なサーブに適したラケットの持ち方 サーブはどの競技でも流れを決める重要なポイントになります。絶対に落としたくないところです。 先ほど紹介したシェークハンドとペンホルダー以外の持ち方をして打つサーブがあります。「ロングサーブ」というサーブです。次に、このロングサーブを打つ際の持ち方について説明していきます。 ロングサーブ ロングサーブは、ボールに前進回転をかけたサーブです。前に進もうとする力が強いため、他のサーブよりもスピードが速いと言う特徴があります。 テレビなどでよく見るプロ選手が使っているようなボールの底面を切るようにして打つ下回転サーブや横回転サーブは、逆回転をかけることで相手が打ち返しにくいボールを出すためスピードが遅くなってしまうのです。 逆にいうと、ロングサーブは、ストレートに速いボールを打ち込むわけですから、相手からすればスピードさえとらえれば打ち返しやすいサーブにはなります。 サーブにもいろいろな種類があり、場面ごとに使い分けて相手を揺さぶるサーブを打ち込めるようになりたいですね。 ロングサーブのラケットの握り方は、中指・薬指・小指をラケットの裏側に持っていき、指を折り曲げて握ります。薬指はラバーの下辺りに置き、残りの2本はグリップの下に置きます。この持ち方によって手首が自由に動かせ、打点を下げ、攻めたサーブを打つことが可能になるのです。 打つ際には、ラリーの時のようにラケットを立てずに、下に向けた状態で打ちます。初心者は少し難易度が高いかもしれませんが、練習すればほかのサーブに比べれば比較的すぐに出来るようになりますよ。 また、ロングサーブについてはこちらの記事でも紹介していますのでぜひ参考にして下さい。 まとめ 今回は、卓球のラケットの主な持ち方の紹介をさせていただきました。基本は2種類で、人差し指を立てて持つ持ち方と、ペンを持つようにして持つ持ち方でしたね。 いずれも一度は見よう見まねで試してみたことがあるのではないでしょうか。持ち方に決まりがないため、初心者の方の中には普通に握りしめて打っている人も多いと思います。 卓球スキルをワンランクアップさせるためには持ち方から意識してみるのも良いのではないでしょうか。憧れのトッププロの選手と同じ持ち方をするもよし、自分が打ちやすいなと思う持ち方もするもよしですね! また、こちらの動画ではシェークハンド・ペンホルダーの握り方について解説しています。こちらも併せて参考にして頂ければ幸いです。 卓球サークル運営者の方 SPOTAS+の『サークル』で、あなたの卓球サークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう! 卓球仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くの卓球サークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 参考記事一覧 知っていましたか正しいラケットの握り方(卓球ラバー) https://tt-lover.com/blog/fixation_maskedrubber/episode015/ 卓球ラケットの持ち方を解説。基本からサーブの種類ごと持ち方まで(LOOHCS) https://loohcs.jp/articles/255 卓球の戦型一覧!戦型の種類は?(卓球ナビ) https://tabletennis-navi.info/archives/413 卓球サーブの打ち方!回転サーブ5種類を徹底解説!(Activeる!) https://activel.jp/articles/1Mpur YouTubeチャンネル『【卓球動画】WRM-TV [TableTennis]』 YouTubeチャンネル『茅ヶ崎湘南卓球スクール』