2019/11/01 16:30 147PV

卓球のループドライブ完全ガイド【コツや練習法まで紹介】

卓球

スピードより回転を重視した実戦的ドライブ

卓球のループドライブは、スピードは速くないものの、回転を多くかけるドライブ。スピードドライブが主流になった現代卓球では頻度こそ減っていますが、初心者にとってはマスターすべき技術と言えます。

ループドライブは、強い回転によってミスを誘うことができることと、打球に緩急がつけて相手のタイミングを狂わす戦術にも効果的です。
近年の卓球界はハイスピード戦が主流になっていますが、それでもスピードドライブと併用することにより、ループドライブを使うメリットは見逃せません。初心者にも比較的マスターしやすい技術なので、ぜひ習得しましょう。

ループドライブとは

ループドライブとは、ボールに強い上回転を強烈にかけて、ループ状に緩い弧を描く打球を打つ技術です。回転量を重視するので、スピードはその分遅くなるのですが、強い上回転により、相手のオーバーミスを誘うことができます。
また、打球がバウンドした後に加速するように低く跳ねるので、相手にとっては返球が難しいボールとなります。
相手からすると、ゆっくり飛んできて、バウンドした途端にスピードを変えて速く、低く飛んでくるという厄介なボールになるのです。回転量によってスピードや軌道も変化するため、より対応が難しいとも言えます。

ループドライブの打ち方とコツ

ボールを「薄く擦る」

最初のポイントは、ボールを当てる瞬間になるべく薄く当てて、素早く下から上に擦り上げることです。ラケットに薄く当てるためには、ボールの上半分を狙うようにすればいいでしょう。この時、ラケットを開いていれば、厚く当たってしまうのでラケットはかぶせ気味の角度にします。

スイングスピードを速くする

また、スイングスピードが遅くても、ラケットに厚く当たってしまうので、なるべく速く振ることも重要です。大振りをせず、コンパクトなスイングを心がけて素早く振ってボールを捉えましょう。
上記のように、ラケットの角度をかぶせ気味にしつつ、さらにボールの上半分を狙った上でスイングスピードを速くしていくので、最初はうまくいかないはずです。それでも、練習を繰り返すことで感覚がつかめるため、必ず身に付きます。

下半身の力をボールに乗せて回転をかける

卓球で特に重要なのが、下半身の力をボールに乗せることです。そのためには、しっかりと膝を曲げて、インパクトの瞬間に体重をボールに乗せるようにスイングします。体重移動がうまくできれば、おのずと強烈な上回転をかけることができるはずです。

上半身の動きをスイングと連動させる

スイングスピードを速くし、ボールに強烈な上回転をかけるには、上半身の使い方もポイントになります。バックスイングでは、無駄な力を入れずに腕をしならせるのがコツですが、この時、同時に上半身を右側(右利きの場合)に少し倒します。そして、スイングするのと同時に元に戻すのです。
この上半身の動きがスイングとぴったり連動すれば、スイングスピードは目に見えて向上するはずです。

体の真横でボールを捉える

通常のドライブは、体の前で捉えるのですが、ループドライブの場合、打球を打つポイントは体の真横付近で捉えます。ループドライブは下から上に垂直にスイングするため、打球点が体の前よりも横の方がスムーズに行うことができるからです。
そのためには、体に近い位置で捉えることも重要です。打ち終わりのフォロースルーは、なるべく小さくなるように意識してください。強い回転をかけようという意識が強いと、フォロースルーが大きくなりがちですが、次の打球の反応が遅くなってしまうので、フォロースルーは小さめが基本です。

低い軌道になるよう、ネットすれすれを狙う

卓球では、高いボールは常に相手の攻撃の餌食になってしまいます。低い軌道が基本なのですが、ループドライブは緩やかな弧線を描く打球のため、高い軌道になりがちです。相手のチャンスボールとならないように、ネットすれすれを狙って低い軌道になるように意識しましょう。
低い軌道のループドライブを打つには、打球点をなるべく低くするのがコツです。相手の返球を頂点で捉えずに、落下してきたタイミングで、ボールを下から上に擦り上げることを徹底しましょう。

ループドライブの練習メニュー

卓球 練習

しっかり上回転をかける

練習パートナーにはドライブで打ち返すのではなく、ブロックをしてもらい、回転量の確認と一定コースへの返球を頼みます。
一定のコースに来るボールをひたすらループドライブで返していきます。この時、オーバーミスを恐れずに下から上に擦り上げる感覚を磨きましょう。最初は、しっかり上回転がかかることをテーマにしましょう。

着地点を深くして相手側に近づける

回転がしっかりかかり、ゆっくり弧を描いたボールが打てるようになったら、相手の台の手前近くに着地点があるかを確認していきます。
相手コートの手前のネットに近い位置にバウンドしてしまうと、カウンター攻撃をされてしまう可能性が高いため、ループドライブはできるだけ相手側に返球するのが基本。それを踏まえて、なるべく相手側に返球するように意識します。
ネットに近い点に落とすのは、いわゆる「浅い」ドライブです。できるだけ相手側の位置に落とす。つまり「深い」ドライブが打てるように練習しましょう。

低い軌道で打てるように意識する

回転がしっかりかかり、着地点も相手側に近づけることができたなら、今度は打球の低さを意識しましょう。打球点を低い位置にして、下半身と上半身の動きを連動させながら、低い軌道を描くように何度も打ち込みます。
ダメなループドライブは、「高くて浅い」ドライブです。逆に「低くて深い」ドライブこそが、質の高いループドライブだと言えるのです。そんな打球を目指して下さい。

コースを打ち分ける

回転量、着地点、低い軌道を一通りつかんだところで、次の練習メニューはループドライブをフォア、ミドル、バックとそれぞれのコースにコントロールできるように意識します。

仕上げの実戦練習

コースを選択して、ループドライブを各コースへの打ち分けができるようになったらいよいよ実戦練習に移ります。
ループドライブは、回転量の多いスイングなので、相手がどんな回転のボールを繰り出してきても、基本的にはループドライブでの返球が可能です。
試合では、どんな回転のボールが飛んでくるかわかりません。実戦形式の練習では、パートナーにドライブやカット、ツッツキなどあらゆる回転のボールをランダムに繰り出してもらいます。
ランダムに繰り出されるあらゆる回転のボールを、すべてループドライブでしっかり返球できるように繰り返し練習しましょう。
本来、ループドライブはいわゆる「つなぎの技術」です。しかし、作戦次第では、決定打にもなりえるボールとも言えます。そのためには、コーナーに打ち分けるだけでなく、より強い回転を目指してください。回転が強ければ強いほど、相手のオーバーミスを誘えるからです。
さらに、「緩急の差」を利用して、相手のリズムを崩すことも効果的です。スローなループドライブの後に、スピードドライブを放てば、相手はより打球を速く感じて、対応が難しくなるはずです。
野球に例えると、90㎞のスローカーブの後に、140㎞の速球が来ると、150㎞のように感じられるそうですが、まさにそれと同じ効果があるのです。
そこで、実戦練習の最終段階では、ループドライブとスピードドライブを併用するメニューも採り入れましょう。
いずれにしても、ループドライブの命は強い回転量です。回転量が多くなければ、相手にとってはチャンスボールになってしまいます。それを常に意識してください。

参考動画

この動画では、卓球のループドライブの打ち方について解説されています。こちらもぜひご覧下さい。

まとめ

ループドライブは、近年のスピード卓球では比較的軽視され、試合で使う選手は減っているようです。しかし、上記で触れたように強い回転がかかった「低くて深い」ループドライブをコースに打ち分けることができれば、それだけで強い武器になるのは確かです。
初心者が威力的なスピードドライブをマスターするより、強力なループドライブをマスターするほうが実は近道です。コツさえつかめば、質の高いループドライブは必ずマスターできるはずです。使い手が減っている分、ループドライブの達人になれば、相手にとっては脅威となる可能性も高いのです。しっかり練習してください。

卓球仲間をお探しの方

SPOTAS+の『サークル』では、多くの卓球サークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。

<参考>

卓球のループドライブの打ち方!ループドライブの返し方は?(卓球ナビ)

https://tabletennis-navi.info/archives/789#i-3

ループドライブのやり方とコツ(卓球が上達する練習メニュー)

https://table-tennis.click/shot/drive/loop/

卓球技術:ループドライブの打ち方(卓球はじめました アラフォーの卓球初心者ブログ。)

https://takkyu.mycabin.net/archives/648

ティモボルに学ぶ、最強のループドライブの極意!!(しろーとフィットネス&卓球)

http://www.shirotofitness.com/entry/2017/03/03/170000

YouTubeチャンネル『【卓球動画】WRM-TV [TableTennis]

この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

【初心者必見】卓球の効果的な練習法とは

卓球が強くなるには基本をしっかり身につけることと練習量が大事です。ここでは卓球が強くなるための効果的な練習方法を紹介します。 卓球はスポーツの中でも体格差によるハンデが少ないスポーツです。体格に恵まれていなくても練習を積めば強くなります。しかし、いくら練習を多くしても基本がしっかりしていないと効果はあまり出ません。基本をしっかりマスターしてこそ練習量がものを言ってくるのです。ここでは卓球の基本と効果的な練習方法を紹介します。卓球が強くなるよう繰り返し練習しましょう。 最も基本的な練習方法の素振り 素振りのスタンスと構え 素振りの基本はフォアハンドです。ここでは右利きのフォアハンドを想定して解説します。 初心者のうちはフォーム固めが素振りの主な目的になります。まずはスタンスの位置と構え以下の通りです。 足を肩幅より少し広めに開きます 少し右足を引いて、かかとも少し浮かします。 両膝を軽く曲げます。 少し前傾姿勢をとってください。背中は丸めず腰を苦しくない程度に前に曲げる。顔を下に向けず目線を下げないように注意して下さい。 肩の力を抜き、右ひじを90度ぐらいに曲げて右手を肩より少し下にして前に出す。 ラケットを持たない左手も右手とバランスをとるようひじを少し曲げて前に出す。 注意することは全身に必要以上に力を入れずリラックスすることです。 素振りの練習方法 構えが出来たら肩を回すことを意識してラケットを後ろに引いて(バックスイング)振り抜き、すぐ振り始めの位置にもどします。時間や回数を決めてこれを繰り返しましょう。 スマフォやカメラで素振りのフォームを撮影してもらいフォームをチェックすると良いでしょう。上級者やコーチにもチェックしてもらいましょう。 また、こちらの動画でも卓球の素振りについて解説されていますのでぜひ参考にして下さい。 初心者はまずフォアハンドから フォアハンドの打ち方 フォアハンドは素振りの時と同じ感覚で打てればベストです。素振りの時に比べてボールがあるだけという感じです。ボールを打つ位置は体の正面に来た時です。 実際にボールを打つ位置がつかめれば素振りの練習時に意識することができて素振り練習もより効果的になります。 フォアハンドの練習方法 多球練習※1) 最初はゆっくりトスしてもらい確実にヒットして相手コートに返す練習をしましょう。慣れてきたらスピードアップし連続してヒットする練習をしましょう。 1球練習※2) フォアハンドでなるべく長く続くようにラリーをする。 うまくヒットできない人はボールから目を離しているか、ボールとの距離感がつかめていないためです。そんな時はリフティングをして一人でボールをラケットで上の方へ連続して打つ練習をすると効果的です。ボールをみる習慣とボールとの距離感が身に付きます。 ※1)多球練習 ボールをたくさん使用して練習パートナーが連続的にトスを打ち出し選手が打ち返す練習。 ※2) 1球練習 練習パートナーと打ち合いラリーの様に対戦形式でする練習。 多球練習と1球練習は以降の説明でも同じ意味です。 また、フォアハンドについてはこちらの動画でも詳しく解説されています。 バックハンドはツッツキとショートが基本 バックハンドの打ち方 バックハンドの構えは基本的には、フォアハンドとほぼ同じです。違うのは足の位置でフォアハンドの逆、左足を少し引いた(右利きの場合)状態です。 シェークハンドグリップの打ち方はひじを右に出して少し脇を開きます。ボールが正面に来たら肘を前に突きだすようにしてボールが上がりきる前に前へ突き出すように合わせます。これをツッツキといいます。 ペンホルダーグリップの打ち方は、体の正面にラケットで壁を作り押し出すようにして打ちます。これをプッシュと言います。シェークハンドと一番違うのは脇を締めて打つところです。 バックハンドの練習方法 多球練習 シェークハンドの場合はツッツキを、ペンホルダーの場合はショートを相手コートに返せるように繰り返し練習しましょう。 1球練習 バックハンドのみでラリーがなるべく続く様に練習しましょう。 その他 相手のコートに返せるようになったら、ボールを振り抜く打ち方を練習しましょう。 また、こちらの動画ではバックハンドの練習方法について解説されています。 サーブの練習は回転をかける サーブの種類 サーブの種類は無数にあるといってもよいぐらいたくさんありますが、回転の違いによる以下の4種類のサーブが代表的なサーブです。 下回転サーブ 無回転サーブ 右回転サーブ 左回転サーブ 無回転サーブ以外は手首も使って回転をかけますが、下回転サーブが比較的簡単なので下回転サーブから練習していきましょう。 下回転サーブの打ち方 下回転サーブは、手首を使ってボールの下側を切るようにして回転をかけるサーブです。イメージとしては腕を振るのではなく、手首だけで打つ感覚です。 下回転サーブの練習方法 サーブの連続練習 ボールを30球ほど用意し下回転をかけて相手コートに入れる練習しましょう。ここでは回転がかかっていることを確認しながら打ちましょう。 コースを狙った練習 サーブは回転をかけてなおかつコースを狙わなければいけません。なにか目標となるものを台に置いてそれを狙う方法がいいでしょう。コースを狙うあまり緩めて回転が少なくならないように気をつけましょう。 その他 下回転サーブができるようになったら色々な回転のサーブを練習して、バリエーションを増やしていきましょう。 また、サーブの練習についてはこちらの動画でも詳しく解説されています。 レシーブこそ一番大事な反復練習 レシーブのポイント レシーブの練習は特効薬的なものはありません。基本は数多く練習することです。 レシーブはただ来たボールを打ち返すだけでなく相手の打ち方や、ボールを打つ位置、スイングスピードを瞬時に判断して自分のラケットの出す角度や打ち方を判断しなければいけません。 初級者には難しいですね。しかし、上手くなるには避けて通れませんので練習の時から相手の打ち方と球筋を関連付けて反応することを意識するようにしましょう。 レシーブの練習方法 多球練習 色々なコースにサーブを打ってもらい返球する練習をしましょう。慣れてきたらコースだけでなく回転にもバリエーションをつけてもらい相手の回転にあわせてレシーブする練習をしましょう。 その他 サーブの練習をしている人にパートナーになってもらいレシーブ練習をする方法が実践的です。 また、レシーブについてはこちらの動画でも解説されています。 フォアハンドドライブは前回転をかける フォアハンドドライブの打ち方 ドライブはボールの上側をこするように打って前回転をかけて相手のコートに入った時に勢いを増す球筋になるようにする打ち方です。 ドライブの打ち方も色々ありますが、代表的な打ち方はループドライブとスピードドライブです。 ループドライブの打ち方 ループドライブは回転をより強くかけて相手に打ちづらい高いボールをかえす打ち方です。床に対して角度は80度ぐらいで垂直に近い感じスイングします。 スピードドライブの打ち方 スピードドライブは床に対してラケット30度~50度ぐらいで回転をかけます。ループドライブに比べると前方向に振りぬいてスピードを付けます。 フォアハンドドライブの練習方法 多球練習(ループドライブ) 高く打ち上げる練習と、卓球台から離れてできるだけ遠くから相手コートに返す練習が効果的です。 多球練習(スピードドライブ) 色々な回転のボールを1球、1球ドライブをかけて相手コートに返す練習をしましょう。スピードドライブは相手コートをオーバーするミスをしやすいので、ラケットの角度と前回転のかけ方がポイントです。 1球練習(スピードドライブ) パートナーにブロックしてもらい連続してドライブを打ち込む練習が効果的です。 また、フォアハンドドライブについてはこちらの動画でも詳しく解説されています。 バックハンドドライブはフォアハンドとコツは同じ バックハンドドライブの打ち方 バックハンドドライブのコツはフォアハンドドライブと基本的には同じです。しかし、バックハンドではどうしてもストロークが短くなりフォアハンドより威力がなくなります。 ラケットの床に対する角度もフォアハンドと同様ですが、ストロークが短い分膝の力や手首の力をタイミングよく効かせて体全体を使うことをより強く意識しましょう。 バックハンドの練習はフォアハンドより多めに 練習もフォアハンドと同じ方法になります。フォアハンドよりもバックハンドの方が苦手な人が多いので、その場合は少しフォアハンドより多めに練習した方が良いでしょう。 また、バックハンドドライブについてはこちらの動画でも詳しく解説されています。 ブロックはぜひマスターしたい技術 ブロックの打ち方 ブロックは相手のボールの威力を利用して、比較的卓球台の近くでボール返す打ち方で非常に有効な打ち方ですので必ず身につけたい技術です。 打ち方のコツはラケットをボールの来たコースに合わせるのはもちろんですが、以下の2点に注意しましょう。 (1)ラケットは横に少しずらすだけにすること。(前にプッシュしてしまうとオーバーしてしまう可能性が高い) (2)来たボールのみを見るのではなく、相手の打ち方も見てボールの回転を総合的に判断する。(ブロックは瞬間的なボールを見極めが必要。ボールだけを見ていてはダメ) ブロックの練習方法 多球練習 コース限定でドライブをかけてもらい慣れるところから始めましょう。慣れてきたら色々なコースに打ち分けてもらいスマッシュも打ってもらいましょう。 1球練習 ラリーをしながらドライブやスマッシュを織り交ぜてもらい、相手の打ち方や回転量を確かめながらブロックする練習をしましょう。 また、こちらの動画ではブロックの打ち方について解説されています。 スマッシュは決め球 スマッシュの打ち方 スマッシュは相手からの返球の最高到達点付近で、思い切り上から下へたたきつけるように打います。返球が高すぎる場合は自分の打ちやすい位置で打ち込むようにします。 スマッシュはウィニングショットです。数多く練習してミスを少なくすることが重要です。 スマッシュの練習 多球練習 高めのボールをあげてもらい連続してスマッシュを打ちます。自分のスマッシュの打ちやすい高さ、打てる高さを確認しながら練習しましょう。 1球練習 ラリーをしながら相手にロビングやブロックをしてもらい返球をスマッシュする方法が実践的な練習です。 また、こちらの動画ではスマッシュの打ち方について詳しく解説されています。 まとめ 卓球はとにかく繰り返し練習することです。今回の基本的な練習内容を継続して練習しましょう。基本がある程度身についたら初心者は卒業です。さらにレベルの高いテクニックを身につける練習をするとどんどんどん強くなっていくでしょう。最初からテクニックに走っても基本が身についていなければどんなに練習をしてもあまり強くなりません。強くなるには基本を身につけた上での反復練習です。 卓球仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くの卓球サークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 参考 初心者の練習(強くなる卓球の練習方法) http://takkyuu.info/beginner/index.html 基本技術の打ち方(卓球上達のコツ) https://pingpong-traning.com/ 卓球が上達する練習メニュー ( 卓球が上達する練習メニュー) http://table-tennis.click/ https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/32493/1/P79-121.pdf Takafumi channel【卓球・Table Tennis】 【卓球動画】WRM-TV [TableTennis]

卓球のフォアハンド完全ガイド【初心者必見】

フォアハンド習得は初心者が試合に勝つための近道 卓球のフォアハンドは、ラケットの表面(自分の利き手側)で打つことを言います。卓球において、フォアハンドの技術は避けて通れません。フォアハンドのほうがパワフルなボールを打てるため、フォアハンドをマスターすることが、試合に勝つための近道になるからです。しっかり、基本を習得しましょう。 卓球はフォアハンドとバックハンドの両方を駆使しないと卓球は成立しません。そのため裏面(バックハンド)も確かに重要です。しかし、初心者からプロ選手に至るまで、どのレベルの選手においても、フォアハンドのほうが威力のあるボールを打てます。身体の構造上でも、利き手側のフォアハンドは、バックハンドより力強いボールになるのは自明の理。つまり、フォアハンドを克服しない限り、試合に勝つことは不可能なのです。 なお、厳密にはフォアハンドにもドライブやカット、スマッシュなどがありますが、本編では、「フォア打ち」とも呼ばれるフォアハンドロング(以下フォアハンド)という基本の打ち方について解説します。 では、基本の姿勢からラケットの振り方をはじめ、フォアハンド上達のコツを伝授しましょう。 フォアハンドの基本姿勢 ラケットを持たない手をブラブラさせない スタンスは、両足を肩幅より少し広めに開き、左足(右利きの場合)を前に出して構えます。この時、両足の膝を軽く曲げて体を少し沈ませ、上半身はやや前掲姿勢になるように構えましょう。 初心者の場合、「フリーハンド」と呼ばれるラケットを持たない手(右利きの場合は左手)を下げてブラブラさせている人が多いのですが、これはNG。左手は軽く握って、右手と対照となる位置で両肘を直角にして構えましょう。この手の動きが安定したフォアハンドを生みます。 台に近すぎる位置には立たない また、初心者にありがちなのが、台に近過ぎる位置に立ってしまうこと。台に近い位置で構えると、相手ボールを強く打ち返すとオーバーしてしまうため、当てただけで返す形になってしまいます。これでは、「体全体を使って打つ」という卓球の基本を習得できないので、必ず台から40〜50㎝程度離れた位置で構えることを意識してください。 ラケットの握り方 腕から人差し指までが一直線になるように握る ここではシェークハンドの場合で説明しますが、まずラケットを腕と平行にして、ラケットが傾かないようにします。次に人差し指と親指以外の3本の指でラケットを握ります。この握手をする時の形で、人差し指を伸ばしてラケットを支えます。握った位置のまま、腕から人差し指までが一直線になるように人差し指をおきましょう。 グリップを握る時の力加減は、強すぎても弱すぎてもいけません。原則的には、振った時にラケットが飛んでいかない程度の強さで軽めに握るのがいいでしょう。ただし、スマッシュなど強打を打つ時だけは、力を込めて強めに握るのが原則です。 フォアハンドの打ち方 「バウンドした直後」に捉えるように意識 相手ボールが来るタイミングに合わせて、まずは体を右側にひねってバックスイングの形を取ります。 打球点は、相手のボールが「バウンドしてから最頂点に辿りつく直前」の位置がベスト。バックスイングが大きいと、タイミングを逃してしまうので注意しましょう。最初のうちは、「バウンドした直後に捉える」くらいのタイミングを意識したほうがうまく打てます。 ラケットは斜め上に鋭く振り上げる ラケットの振り方は、斜め上に鋭く振り上げるのがコツ。ラケットの角度を合わせるのが難しいのですが、力の入れ具合や相手のボールのスピードに応じて、最適な角度は変わります。 初心者は、オーバーしがちであればラケットをかぶせ気味にして、ネットにかかってしまうようなら、ラケットを開き気味に…といった具合に、打ちながら調整して入りやすい角度を感覚でつかむことが重要です。 また、シェークハンドの場合は手首が自由に使えるため、打つ瞬間に手首を返してラケットをかぶせ気味にしてしまう人もいます。卓球では、手首を返すことはNGなので、決してしないようにしましょう。 フォアハンドを打つ際に意識すべきこととコツ 常にリラックスして「体全体で打つ」ように まず、フォアハンドで最も大切なことは「リラックスして打つ」ことです。力が入って力むとフォームが崩れます。肘の角度は常に90度前後になるようにキープして、「体全体で打つ」ことを意識しましょう。 スマッシュなどの強打を打つ場合は、体に力を入れるのではなく、腕のスイングを大きくしたり、スイングスピードを速くしたり、打つ瞬間に左足を踏み込んで打つなどして、フォームを使ってボールに威力を加えるのです。初心者は、強く打とうとするとつい力んでしまうので、この点は必ず意識しましょう。 ラケットを開く「テニス打ち」にならないように また、初心者の場合、確実に相手コートに入れようとするあまり、ラケットをまっすぐ押し出すようにして打ってしまうことがあります。これは絶対にNGです。悪いクセがつかないよう、必ずラケットを斜めに振り上げるという基本を守って振ってください。また、テニス経験者にありがちなのが、ラケットを開いて下から上に持ち上げるように打ってしまうミス。これはテニスのストロークに近いスイングで、ボールにまったく回転がかからず、たとえ相手コートに返球できたとしても卓球ではNGです。 常にベストポジションで打てるように移動 正しいフォームを教わっていても、相手のボールが打ちにくいコースに返ってきた時などは、無理に打とうとするとどうしてもフォームが崩れてしまいます。卓球の基本は、常にベストポジションで捉えるようにフットワークを使って素早く移動することにあります。ボールを追い掛けたり、無理に腕を伸ばすようなクセをつけてはいけません。 体から離れた位置でボールを捉えると、当然ミスになる可能性が高いですし、追いつけないタイミングでミートすることで、打球点が低くなってしまいます。普通に打てばネットにかかってしまうので、無理に入れようとすると打球が浮いてしまい、たとえコートに入ったとしても相手には格好のチャンスボールを与えることになり、意味がありません。フットワークを駆使して、常にベストポジションで捉えるクセをつけることが第一です。 フォアハンドの練習法 常に小さく動きながら打つ フォアハンド(フォア打ち)の練習では、常に「小さく動きながら打つ」ことを意識することが大切。前述したように、卓球は常にベストポジションで打つことが基本です。スイングの方向やラケットの角度、打球の強さといったポイントは、「自分がベストポジションで打てるかどうか」で変わってしまうからです。逆に、ミスの原因が「ベストポジションで打てていない」こともあります。いずれにしても、「自分のベストポジションで打つ」ことを練習で意識づけする必要はあるため、常に小さく動きながら打つことが重要なのです。 練習で注意すべきポイントは3つ また、練習ではフォームやボールを捉えるタイミング、ラケットの角度など、確認すべきポイントが多いのですが、あまり深く考える過ぎると、頭がパニックになり、まともに打てなくなってしまいます。初心者の場合は、重要なポイントを次の3つに絞って練習しましょう。①フットワークを駆使してベストポジションで打つ。②ラケットの角度を意識し、ミスしたら修正する。③適切な打球点(高さ)で打つことを意識する。以上です。 ラケットの角度は打ちながら調整 角度が大切なことは既に説明しましたが、理想的なラケットの角度はきっちり何度と決まっているわけではありません。ボールの捉え方や相手のボールの速さや勢いによって、微妙に異なるからです。それでも、慣れてくればあまり意識しなくてもベストな角度で打てるようになります。基本は、ネットにかかったら角度を上に、オーバーしたら角度を下にという具合に、練習中に調整しながら体で覚え込むことが一番です。 ほどよい高さで打てるように意識 ③が少し難しいかもしれませんが、初心者がフォア打ちでミスする場合、打球点が高すぎたり低すぎたりするケースが非常に目立ちます。ボールがバウンドした直後に捉えるという基本に即して打っていけば、それほど打球点は狂わないのですが、相手のボールが不安定になると途端に狂ってしまうのです。 まとめ 卓球では、誰者が最初に練習するのはフォアハンドです。フォアハンドは卓球の原点であり、フォアハンドを習得せずに強くなることはあり得ません。逆に、フォアハンドさえマスターすれば、次のステップに進むハードルはより低くなり、試合で勝つことに確実につながります。「フォアハンドの技術は、決してあなたを裏切らない」のです。しっかり練習しましょう! また、フォアハンドの練習ならこの動画も非常に参考になります。 卓球仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くの卓球サークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 参考記事一覧 初心者必見!今さら聞けない!? 正しいフォアハンドの振り方!!(卓球LOVER) https://tt-lover.com/blog/fixation_maskedrubber/episode016/ フォアハンドをマスターすることが勝利への大前提条件!(卓球上達のコツ) https://pingpong-traning.com/forehand/ 卓球~フォア打ち(1からわかる卓球初心者サイト) http://tabletennis-beginner.com/entry29.html https://www.waseda.jp/tokorozawa/kg/doc/50_ronbun/2017/5017A312.pdf http://sports-performance.jp/paper/1603/1603.pdf 【卓球動画】WRM-TV [TableTennis]