2020/03/20 10:00 369PV

『開脚の女王』が目指すのは誰もが健康に生きていける社会

スポタス人とは

スポーツだけではなく、プラスアルファの形でスポーツと関わるキラキラした人物。

スポタスでは、『スポタス人』のインタビューを通じてスポーツとの様々な関わり方を発信しています。

スポタス人紹介

泉 栄子(いずみ えいこ)

開脚の女王 「Eiko」。100万部突破 ベストセラー著者。「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになる すごい方法」(サンマーク出版 2016年4月発売)は、世界25ヶ国以上で翻訳出版されている。エアロビクス・インストラクターとして10年間勤務後、ヨガインストラクターに転身。ヨガ教室“シェイクヨガ”を主催し、インストラクターの養成、派遣も行う。70代の人でも ベターッと開脚できる方法を考案。「ジョブチューン」「ぴったんこカンカン」「金スマ」「嵐にしやがれ」「オンリーワン」「シューイチ」「グッデイ」「ゴーイング」「ヒルナンデス」「中居正広のミになる図書館」その他 多数 テレビ出演

HP:http://shake-yoga.com/

Instagram:https://www.instagram.com/shakeyoga/

ヨガクラスがキッカケでヨガを開始

赤木:今まではどんなスポーツを経験されてきたんですか?

Eiko:中学の時はバスケ部で、高校では陸上部でした。

赤木:種目は何でした?

Eiko:中距離で400mと800mです。その後ジャズダンスを何年かやってたり、趣味で水泳やボディボードをしていました。

赤木:色々な競技を経験されてきているんですね。

Eiko:エアロビクスのインストラクターも10年やっていて、その後ヨガインストラクターになって今に至ります。

赤木:ヨガインストラクターになったきっかけをお聞きしていいですか?

Eiko:35歳までエアロビクスのインストラクターをしていたんですが、妊娠を機に引退しました。その後落ち着いて仕事復帰したいと思った時、体力的にエアロビクスのインストラクターだとキツいなと思ってました。そんな時、たまたまスポーツクラブで参加したヨガが気持ち良くて、そこからヨガに興味を持ちました。

赤木:きっかけはヨガクラスだったんですね。

Eiko:そのヨガクラスはストレッチ中心だったんですが、ストレッチはエアロビクスをやっていた時に私も教えていたので「これだったら私もできそう!」と思ってヨガの勉強を始めました。

ヨガによって腰痛が解消

Eiko:39歳からヨガインストラクターになったんですが、ヨガを始めて体の調子がとてもよくなりました。

赤木:具体的にどういったところが変わりました?

Eiko:私は元々腰痛が酷くて、立ってるだけで腰が痛かったんです。エアロビクスをやってた時も、妊娠してた時も腰痛を抱えてました。でも、ストレッチをすると腰の筋肉が緩んで腰痛が改善されたんです。

赤木:そんなに劇的に変わったんですね。

Eiko:エアロビクスは動きがハードで、反り腰状態でジャンプすると腰に負担がかかります。その点、シェイクヨガはストレッチをかけながらゆすって筋肉をほぐす事ができるので、腰痛改善に効果があります。

赤木:確かに、ヨガと言うとあまりハードというイメージではないですね。

Eiko:実はそうでもなくて、私がヨガを学んでいたときは「パワーヨガ」ブームで、これはヨガの中でもきついものなんですが、
ハリウッドセレブ達が痩せると言って、流行っていた頃で、パワーヨガを学んでいました。

赤木:なるほど、ヨガの中でも強度が変わってくるんですね。

Eiko:私は自分の教室で整体ヨガとしてストレッチを教えてたんですが、その中でストレッチしながら体をゆすったりしてほぐす『シェイクヨガ』を考案しました。

赤木:シェイク(ゆする)ヨガなんですね。

Eiko:体が固くてヨガのポーズが取れない年輩の方に試したところ、腰痛・肩こり・膝の痛みが改善されて、自分自身も腰の痛みが大きく改善されました。

赤木:それは凄いですね!腰の痛みは全く無くなったんですか?

Eiko:今も全く腰痛がおきないということはないですが、大幅に改善されましたね。

YouTube動画から出版へ

赤木:Eikoさんは著書が大ヒットしていますが、これはどういう経緯で出版の流れになったんですか?

Eiko:きっかけはYouTubeです。YouTubeで私のストレッチを動画にしたいと仰る方がいて、開脚できるようになるストレッチ方法アップしました。それが人気になって、今では896万回くらい再生される程になりました。

赤木:約900万回再生ですか!それは凄いですね!

Eiko:200万回を突破した時に出版社の方から声をかけてもらって出版の流れになりました。担当の方も体が硬くて、「これだ!」と思ったみたいで、東京から大阪まで会いに来て下さいました。

赤木:担当者の方も確信があったんでしょうね。

Eiko:お蔭で本はミリオンセラーになって、世界で25か国くらいで翻訳されるほどになりました。

▲海外でも大好評

インドにも無い、独自のヨガメソッド

赤木:ヨガと言うとインド発祥だと思うんですが、インドにはこういうシェイクヨガというものはあるんですか?

Eiko:インドにも無い発想ですね。基本的にヨガはポーズをとるものなんですが、シェイクヨガではポーズは1割、ストレッチが7割、筋トレが2割という構成になっています。

赤木:ストレッチと筋トレ中心なんですね。

Eiko:ポイントは全身のストレッチをする事によって筋肉のコリがとれることですね。これは競技者にとっても大事なことなんですけど、良い筋肉は筋力だけじゃなく、柔軟性やしなやかさがあります。

赤木:確かに『しなやかな筋肉』みたいなのってありますね。

Eiko:筋力もあって、力抜いたときに柔らかい筋肉が理想的なんですが、シェイクヨガをする事で両方に効果があります。ストレッチをして筋肉をゆるめ、筋トレで引き締めます。それでも各部位にかかる負荷は少ないので、体を痛める事もないです。

赤木:高齢の方にもおすすめできそうですね。

Eiko:私も20代の時はマシンジムのトレーニングをやっていましたし、マシントレーニングも好きだったんですが、40代50代になると、急に重たい負荷をかけると筋肉を傷めてしまうようになっていました。でも、シェイクヨガなら筋肉を傷めることなくできます。

赤木:年齢が上がるとトレーニング方法にも悩みますよね。

Eiko:他にもスポーツ選手やアスリートは筋肉を酷使しますからね。ストレッチせずにハードな運動を繰り返すと筋肉はつきますけどカチカチの固まった筋肉になってしまいます。運動をする人にこそ、ストレッチが大事ですね。

赤木:特に競技によっては負荷のかかる箇所が決まってたりしますからね。

競技者にお勧めの柔軟

赤木:例えば競技者の方にお勧めするストレッチってどういったものがありますか?

Eiko:お勧めはタオルを使ったストレッチですね。肩や背中がほぐれ、脇のリンパも流れて、目の疲れ、胃の調子を整えてくれますし、家で自分でする事もできます。

赤木:家で自分でできるのは良いですね。

Eiko:意外と家でできる柔軟は多いんです。血流が良くなると冷え性が改善されて基礎代謝が上がり、消費カロリーも上がります。結果、太りにくい体質作りになります。

赤木:開脚に関してもできるようになるコツなどありますか?

Eiko:開脚のコツは、めちゃくちゃ硬い人でなければ、脚を開いて座り両手を後ろについて上半身を反らせてから、上体を前に倒すのを5回繰り返します。後屈してから前屈すると前屈しやすくなります。

最初は膝の内側や太ももの内側が痛くても、ストレッチを続けると体が柔らかくなって、開脚して床に肘が付くようになり、おでこが床につくようになっていきます。

▲参考動画

赤木:意識すべきポイントなどはありますか?

Eiko:あくまでコツコツと継続していく事ですね。まず、スタート地点として体の硬さは人それぞれですが、1ヶ月くらい継続する事でベターっと開脚できるようになる人もいれば、肘がつくくらいの人もいます。

赤木:個人差がかなりあるんですね。

Eiko:でも、体が凄く硬い人でも半年以上続けるとかなり柔らかくなります。1分で構わないので、毎日継続する事が大事ですね。体が柔らかくなって、地面に肘やおでこがつくようになると痛みもなくなってきますので、そうなってくると楽しくなってきます。ですので、そこまで毎日続ける事が大事になります。

赤木:確かに、効果が出て来て痛みがなくなると楽しくなってきそうですね。

Eiko:更に続けると今度は足の付根だけが痛くなってきますので、ある意味痛みとの戦いです 笑 3日休むと元に戻ってしまったりしますし。

赤木:例えば私なんかはお酒を飲む事も多いんですが、そういう人にアドバイスするとしたらどうしますか?

Eiko:私がアドバイスするとしたら『飲んでもやる』ですね。例えば家で飲んでいたとして、酔って寝て目覚めて、シャワーを浴びますよね?

赤木:そうですね。

Eiko:そしたらその後に少しだけ開脚をやるんです。少しでもいいから、とにかく習慣づける。後は『ながら時間』を活用するのもいいですね。例えばテレビ見る時に床に座って足を開いてテレビを見たり。手を前にして、ちょっとだけ痛い程度にしながら見たり。

赤木:なるほど、必ずしもストレッチに集中する必要はないんですね。

Eiko:ストレッチのやり方は色々ありますが、結局はコツコツやる事が近道です。

▲レッスン時の一枚

多くの人にシェイクヨガを

赤木:今後の目標などお聞きしてもいいですか?

Eiko:目標の一つとしては、シェイクヨガをもっと多くの人にやってもらう事です。今は開脚の著書は25ヵ国で出版されていますが、今後は、シェイクヨガも世界に向けて広めていきたいと思っています。

赤木:例えばインドでも広まると凄く面白いですね。

Eiko:高齢の方に向けて世界にも発信したいです。高齢の方が介護を受けず、自分の生活を自分でできるように。

健康で体も元気だと、心も明るくなれるので。

赤木:いわゆる健康寿命を延ばすといった考え方ですね。

Eiko:今、高齢者の方向けにシェイクヨガのレッスンをしています。この規模を大きくして、高齢者向けのコミュニティ広場のようにできないか考えています。

赤木:そういったニーズは大きそうですね。

Eikoそこで食事も提供し、皆が楽しく過ごしていけるような空間を作りたいと思っています。皆必ず高齢者になるわけですから、その時に子どもの世話にならずに生きていく事が子どもに対する孝行だと思います。

赤木:そうですね。私ももし自分が親であれば、自分だけで生活できるようにいたいと考えるでしょうし。

Eiko:あと、今年の秋冬にEikoブランド『Enable』のウェアを発売予定です。

赤木:それも楽しみですね。

 

文:赤木 勇太
この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

【SPOTAS+新歓】vol.3 早稲田大学CROSST.C.

  『入学式が中止になって新入生を勧誘できない!』 『このままだとサークルの継続が難しくなってしまう!』 こういった声が増えています。 スポタスではこうした声に応えるべく、大学のスポーツサークルを記事として紹介していきたいと思います。 今回ご紹介するサークルはこちら――― 早稲田大学CROSST.C. ────活動地域を教えて下さい。 主に木場公園や浮間公園、稀に井の頭公園や上水公園でも活動しています。 ────レベル(例:初心者~上級者まで)を教えて下さい。 レベルは初心者から中級者まで様々で、初心者でも1から教えるので大丈夫です。   ────サークルの目標はありますか? 目標は新早連2部昇格、そして楽しくしっかりテニスをすること、です。   ────練習頻度を教えて下さい。 練習頻度としては曜日不定で週2回行っているので、時間割が苦しいという方でも月に1回は参加出来るとおもいます。   ────直近の練習日程と場所を教えて下さい。 新型コロナウイルスの影響でテニスコートが使えない為、直近の練習についてはまだ見通しがたっていません。   ────年間スケジュールを教えて下さい。 5月、8月、10月、2月にそれぞれ新歓合宿、夏合宿、強化合宿、春合宿があり、春と秋には対抗戦があります。年数回のイベントでも交流を深めています   ────問い合わせ先があれば教えてください。 こちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せ下さい。 hazuki2624@icloud.com ────最後に読者の皆さんにPRをお願いします。 このサークルではしっかりテニスをしているので、テニスが大好き!という方には特におすすめです。また、私達はお酒の強要を一切しませんので、そのような心配入りません。CROSS一同新入生の方々を心よりお待ちしています! 早稲田 CROSS T.C. 35thのTwitterはこちら Tweets by CTC35th
2020/05/12 39PV

  • インタビュー

自宅でもできる次世代のチャンバラ"SASSEN"、その魅力とは【スポタス人インタビュー】

スポタス人とは スポーツだけではなく、プラスアルファの形でスポーツと関わるキラキラした人物。 スポタスでは、『スポタス人』のインタビューを通じてスポーツとの様々な関わり方を発信しています。 スポタス人紹介 本村 隆馬(もとむら りゅうま) 1990年生まれ  生涯スポーツ・全日本サッセン協会 Japan Sassen Association(JSA) 代表 兼 JSA公認上級インストラクター 日本空手道 風林火山武術道場 師範代 2016年に"SASSEN"という新しい競技を立ち上げ、普及に挑む。 HP:https://sassen.jp/ Twitter:https://twitter.com/sassen_frkz Instagram:https://www.instagram.com/sassenjp/?hl=ja ITの力で侍の戦いを再現 赤木:まず、SASSENという競技について教えて下さい。 本村:SASSENのコンセプトは"ITの力でサムライの勝負を現代に再現する"というもので、私達はこれを次世代スポーツと呼んでいます。SASSENでは"SASSEN刀"という発泡ポリエチレンの刀にセンサーを内蔵させて相手と戦います。SASSEN刀が相手に当たるとセンサーが反応して、連携しているスマートフォンのアプリ上に判定が表示されるしくみです。こうすることで、相手に怪我させることなくサムライの勝負をする事ができます。  ▲試合のイメージ動画 ▲SASSEN刀。内部に小型のセンサー(圧力センサー)が入っていて、Bluetoothでスマートフォンアプリに送られる仕組みになっています。   赤木:最新のテクノロジーを使って昔の戦いを再現するっていうコンセプトが面白いですね。誰でも小さい時は道端の棒を持ってチャンバラごっこをしたことがあるでしょうし、そういう童心に帰る意味でも面白そう。この競技はどうやって生まれたんですか? 本村:元々私の実家が空手の道場で、父が師範、私は師範代でした。40年くらい続いている道場で、護身術を主としています。その中でナイフで襲われた時の対策や捌き方の訓練としてSASSEN刀を使っていたのが始まりです。 赤木:最初は護身術の訓練用だったんですね! 本村:と言っても最初からあの形じゃなく、最初はエアコンの断熱ホースを使ってたんですけどね 笑 もちろんセンサーなんかは入っていません。こういうのは私の道場だけじゃなく、他の道場でも似たような訓練としてやっていると思いますし、遡るとお侍さんの稽古でもあったんじゃないかと思います。 それが私の道場では、門下生の方や子どもさんが訓練自体を面白がって、最近になってレクリエーションになりました。SASSENの名前がついたのは平成28年の12月22日です。 赤木:本当にまだできたばかりの競技なんですね。 本村:特許を取ろうという事になった時に名前が必要だったんで、そこでSASSENという名前にしました。由来は「颯爽(さっそう)と、風を切るさま」という意味である颯然(さつぜん)から取ったものです。その他にも、宮本武蔵の二天一流剣術「指先(さっせん)」からもヒントを得たことから、口にしやすいよう「SASSEN(サッセン)」と呼んでいます。 優秀なエンジニアの相棒とタッグを組んで実現 赤木:このSASSEN刀にしてもアプリにしても作るのに技術がいると思うんですが、これはどうやって作られたんですか? 本村:開発者が元々筑波大学の出で、ロボカップで世界2位にまで入ったエンジニアなんですが、実は地元が同じでたまたま同じ道場に通ってたんです。それでたまたま同席した会合で「こういう訓練をやってるんだけど、どっちが早く当てたか分かったらいいのに・・・」と相談したところ、「普通にできますよ」と言われ、そこからSASSEN刀やアプリの開発がスタートしました。 赤木:凄い偶然! 本村:これは武道をやっている者だと誰しもが思った事があると思うんですが、判定を正確にしたいという気持ちがあって、それを機械で解決できるなら凄く面白いなと思って、SASSEN刀やアプリの開発が始まりました。最初は武道に関わる人達向けに広めようとしていたんですが、誰でも楽しめる生涯スポーツとしてもニーズがあると分かったので、そこから競技としてのSASSENができてきました。 年齢・性別関係なく誰でもどこでも手軽に戦える 赤木:SASSENのルールについて教えて頂けますか? 本村:SASSENのルールは日々変わっていて、大会によっても規定が変わっていますが、基本のルールは以下になります。 公式ルール【2020年度】 ・試合時間は60秒。・選手は専用のセンサー付きSASSEN刀を持ちます。 ・フィールドは5m×5m 内で行います。 ・攻撃できるのは1試合を通して5スイング(5打)まで。相手の体(頭部は除く)に1打当てると「一本」となります。 ・「二本」先取 もしくは 60経過時点で本数の多いほうが勝利。 ・フィールドの外に出ると「場外」として相手に一本。 【禁止・反則事項】 故意に相手を攻撃する行為 センサー刀を相手に投げること その他主審が危険とみなす行為 (相手に怪我を負わせる可能性がある行為は状況をみて禁止。相手に1本もしくは失格とします。) 赤木:凄くシンプルですね。相手にSASSEN刀を当てるだけっていうのは分かりやすいし、子どもでもすぐ覚えられそう。 本村:本当に仰る通りで、ルールが分かりやすいというのは競技のハードルをかなり下げてくれます。 赤木:怪我をさせる事がないというのも良いですね。 本村:相手が高齢者でも同じルールでできますし、相手に怪我をさせる心配もなくできます。 赤木:実際に高齢者の方がSASSENをされるケースってありますか? 本村:そうですね。小学校5年生と70歳のおじいちゃんが戦って、おじいちゃんが勝ったという事もあります。お孫さんと戦って勝ったりする事はできますね。他にも老人ホームでレクリエーションとして楽しんで頂く事もあります。 赤木:似た競技としてスポーツチャンバラがあると思うんですが、スポーツチャンバラとの違いってどの辺りにありますか? 本村:やはり大きな違いはセンサーの有無ですね。あとはSASSENの方がよりカジュアルな雰囲気でできると思います。誰でも簡単にできるので、できるだけ"武道感"を出したくないと思っています。 赤木:例えば企業の部活動でやる場合におススメのポイントなどありますか? 本村:まずは運動不足の解消ですね。SASSENはルールがシンプルなので、やってみると目の前の戦いに集中できます。そのため短い時間でも体力を使う事ができます。他には団体戦でのチームワークですね。格闘技の試合のように先鋒~大将戦までやっていけばそこでコミュニケーションが生まれます。 赤木:例えば学生の採用活動でも活用できそうですね。 本村:スペースとSASSEN刀とアプリがあればその場ですぐできますからね。着替えなくてもできますし。 赤木:スペースも会議室くらいの広さがあればできそうですし、そういう意味でも良さそうですね。 人を傷つけない競技として 赤木:本村さんのスポーツ経験についてもお聞きしていいですか? 本村:私は3歳の頃から空手をやってきています。私の道場では『負けない、人を守れる、相手を怪我させない』という点を大事にしていて、それは今のSASSENのルールにも繋がっています。自分を鍛えるけど、技を披露しない。それでも何かあった時には自分や周りの人を守れるように鍛えておく。こういった考えが源流にあります。 赤木:確かに、人を傷つけないという点に一番の重きを置いているのはSASSENに通じるものがありますね。 自粛生活のストレスを自宅で解消!7つの家遊び 赤木:SASSENをやろうと思ったらどこでできるんですか? 本村:東京では秋葉原のA-LABOという場所で体験する事ができます。5月の30日・31日には関東大会も企画していますが、新型コロナウィルスの影響があるので確実に開催できるとは言い切れない状態です。ですが、代わりにSASSEN刀を使って家でできる遊びをYouTubeにアップしています。SASSEN刀の販売もしていますので、これを使ってSASSENを体験して頂けます。  赤木:自宅でもできる遊びは有難いですね。特に子どもはストレスが溜まってたり、運動不足で眠れなかったりしているみたいですし。 生涯スポーツとしてのSASSENを追求 赤木:今後の目標など教えて頂いていいですか? 本村:年齢・性別・手軽さを追求して誰もがSASSENをできるようにしていきたいです。例えば幼稚園・小学校・高齢者施設などで広めたいですね。ITについては機能を追加して手軽さを追求していって、将来的にはパラリンピックみたいなところも目指していきたいと思っています。 文:赤木 勇太   
2020/05/02 121PV

  • インタビュー