2019/09/13 16:15 1318PV

支店長と社会人チームキャプテンの顔を持つスポタス人。ドイツ留学・ミャンマーA代表との試合を経て得た、サッカーによる地域貢献とは。

インタビュー

スポタス人とは

スポーツだけではなく、プラスアルファの形でスポーツと関わるキラキラした人物。

スポタスでは、『スポタス人』のインタビューを通じてスポーツとの様々な関わり方を発信しています。

高田 遼

1991年 浦和生まれ 社会人クラブ『FC.BANDELIE(バンデリエ)』所属

幼少期よりサッカーを始め、小学校~高校まで大きな戦績を上げ続ける。

大学ではサッカー部を退部した後ドイツへサッカー留学、帰国後は所属するフットサルチームでミャンマーのA代表との親善試合に選抜される。

社会人になった後、FC.BANDELIEでキャプテンを務める。

 

サッカーを始めたきっかけ

赤木:サッカーはいつから始められたんですか?

高田さん:幼稚園の年中からですね。通ってる幼稚園にサッカークラブが有って、友達がやっていた事もあって私も始めました。私の出身地である浦和はサッカーが盛んで、各幼稚園にもサッカークラブがありました。

赤木:確かに、浦和は100年以上のサッカーの歴史があるって言いますし、小さい頃からサッカーが当たり前にある環境なのも分かりますね。

高田さん:小学校では地元の少年団に入りながら、5年生時からはFC浦和という浦和の選抜チームも所属していました。

赤木:少年団と選抜チームの両方に入っていたんですね。

高田さん:はい。皆、各小学校の少年団に所属してますが、その中でセレクションがあり、FC浦和という選抜チームが結成されます。一つ上の代では全国大会で優勝している強豪チームでした。私の代は県予選で負けてしまったんですが、そのチームが全国優勝しましたね。ちなみにそこには現日本代表の原口元気選手もいました(笑)

赤木:後の日本トップ選手じゃないですか(笑)それは厳しい。

中学時代

赤木:中学はサッカーの強豪校に入ったんですか?

高田さん:中学は学区内の学校のサッカー部に所属をしました。

埼玉県大会で優勝するようなチームでしたし、少年団から一緒のメンバーが集まっていたのでさらに絆が強くなりました。

赤木:いきなり強豪校になった感じですね。

高田さん:練習量がとにかく多くて、朝錬・放課後錬とやった後、一度帰宅して今度はフットサル場で夜錬をやっていました。1日3部練…笑

そのお陰もあり、埼玉県大会で優勝したり、東日本大会でベスト8までいくことが出来ました。

赤木:凄いですね、、それだけサッカー漬けだったら勉強とかする暇なかったんじゃないですか?

高田さん:実はサッカー部には意外と勉強できる子が多かったんです。

勉強ができないと走らされたり坊主にしなければいけない事もあったので、普段の授業とテスト週間だけ切り替えて集中的に勉強していましたね。

高校時代

高田さん:高校はサッカーで選びました。浦和南高校という、漫画のモデルになったり、昔は全国3連覇を果たした伝統校です。

埼玉県では中学と高校の決勝戦が同じ日の午前と午後に埼玉スタジアム2002でやっていたのですが、私が午前に中学の決勝戦を戦った日の午後に浦和南高校が決勝戦を戦っていて、高校生ながら埼玉スタジアムをお客さんで一杯にして試合してる姿に憧れました。

赤木:高校の試合でスタジアム満員は凄いですね。

高田さん:部員は3学年合わせると150人ほどいて、まずは監督に名前を覚えてもらうことから始まりました。「高田」と大きく書かれた白Tシャツを毎日着て練習してましたね。

その中でもレギュラーとしてインターハイの全国大会に出場する事ができました。

赤木:凄いですね。練習もかなりハードだったんじゃないですか?

高田さん:そうですね。ただ練習とは別に禁止事項も多くて、高校1年時はずっと坊主。学食禁止(お弁当持参)、炭酸禁止、カップラーメン禁止、ポテチ禁止と色々と厳しいルールがありました。

当時はそれが当たり前で何も思わなかったですが、今考えるとよくやっていたなと思います。(笑)

練習は朝練と放課後練習があって、高校ではナイター設備が有ったから夜まで練習してました。メンバーの仲がとても良く、全体練習が終わったあともみんなで主体的に練習をしたりしていました。

赤木:そういうの良いですね。

高田さん:選抜で一緒だったメンバーや対戦相手として昔から知ってるメンバーも多く、勝手にベクトルが合っていたんで。

赤木:サッカーの強豪校って言うと、他県から選手を引き抜いたりしているイメージが有るんですが、そんな感じじゃ無かったんですね。

高田さん:私立にはそういう学校も有りますが、公立高ではあまり無いですね。どちらかと言うとそういう私立の高校に勝つ事がステータスになってた感じもあります。(笑)

赤木:高田さんのお話を聞いてると、『サッカー』と『地域』って密接に関わってるのが分かりますね。サッカーが街の文化として根付いているような。

高田さん:高校生の試合でも家族・OB・地元の方が沢山応援に来てくれましたし、今でも仕事等で会ったりすると気軽に声をかけてくれます。皆がサッカーに関わっているような地域なので、近隣高の選手も皆繋がりがあり、大人になってから一緒のチームでプレーすることもありました。

赤木:地域がサッカーによってコミュニティになっている感じがしますね。

インタビュー

▲高校時代の一枚

大学時代

高田さん:大学もサッカーの強いところで選びました。指定校推薦でしたが、関東1部リーグに所属していた強豪校でした。

赤木:人数も多かったんですか?

高田さん:人数は1学年10人くらいで決して多くは無かったんですが、世代別の日本代表レベルの選手もゴロゴロいました。

赤木:凄いですね。公立高校からそんなところまで行くのは珍しいんじゃないですか?

高田さん:そうですね。全国から選りすぐりの選手が集まってきますからね。でも大学のサッカーは1年生の時に辞めてしまったんです。

赤木:どんな理由があったんですか?

高田さん:サッカーに求めるものの価値観の違いが大きかったですね。

高校の時は皆で全国に行くとか、同じ目的に向かって取り組む楽しさを強く感じていました。

赤木:確かに、U18日本代表くらいになると皆で勝つと言うより『選手としての自分をどこまで高められるか』みたいなところに意識が寄ってそうですね。

高田さん:私自身、当時明確にプロになると言う意思が薄くて、『ここで絶対にプロになる』と言うような決意を持っていなかったんです。そういう自分の弱さと置かれた環境に徐々にギャップができていたんだと思います。

サッカー部を辞めてからドイツ留学

赤木:サッカー部を辞めてからはどうされていたんですか?

高田さん:フットサルをやったり、サッカー部に入ってないメンバーとサッカーやったりしていたんですが、やっぱりどこか物足りず、大学3年の時にドイツにサッカー留学しました。

赤木:ドイツですか!?サッカーの本場ですよね。

高田さん:本場でしたね。今までの人生と比べ少しサッカーから離れて生活をしていると、やはり物足りなさを感じるようになってチャレンジしたくなりました。それで海外のプロテストの選考会に参加して、合格してドイツのマインツに行く事になったんです。

赤木:期間は決まっていたんですか?

高田さん:期間は1ヶ月くらいですね。夏休みのタイミングで短期留学をしました。受け入れ先はドイツの5部・6部のチームで、プロアマ入り混じってる状況でした。

赤木:やはり日本とは雰囲気は全く違ってました?

高田さん:全く違いますね。野心が強いプロ志向の選手達が、ヨーロッパ・アジア・アフリカなど色んな国から選手が集まっていましたので殺気立ってました。

ドイツで感じた日本サッカーとの違い

赤木:いきなり環境が変わって困る事も多かったんじゃないですか?

高田さん:まずは言葉の壁が有りましたね。自分の語学力不足もあり練習メニューもよく分からなかったので、初めの内は周りを見ながらどういうメニューをやるのか理解するようにしていました。チームメイトともコミュニケーションを取りながら連携を深めたり、向こうで知り合った日本人もいました。

赤木:プレースタイル等に変化はありました?

高田さん:ありました。ドイツのサッカーって皆がエゴイストな世界で、いきなり来たような日本人選手にパスをくれるって事が無いんです。

赤木:凄いですね。ある意味合理的と言うか、競争意識を突き詰めるとそういう形になるんですかね。

高田さん:私は元々ゲームメイクや攻撃が好きだったんですが、ボールをまわしてもらえないので、守備の意識が非常に高くなりました。パスがもらえなくても守備ができれば自分でボールを奪えますからね。あとは一度ゴールを決めると、うってかわってパスをくれるようになるので。笑

赤木:まさに生存戦略って感じですね。

▲ドイツでチームメイトと

帰国後

高田さん:帰国後、当時入っていた社会人フットサルチームの監督が以前ミャンマーの代表監督を務めてらっしゃり、その繋がりでミャンマー代表と国際親善試合をする事になりました。会場はミャンマーです。笑

赤木:ミャンマーのA代表ですか!?凄いですね。

高田さん:ただ結果は私達の負けで、想像よりも強かったですね。身体能力が高くて足が速かったです。

赤木:相手は国の代表ですからね。。

▲ミャンマーでの一枚

▲現地の新聞にも取り上げられました

 

FC Bandelieに入団

高田さん:帰国後、社会人になってから4年目の時に今所属しているFC Bandelieに入団しました。きっかけは当時参加していた人材業界のフットサルにFC Bandelieの人がいて、そこで声をかけてもらった事です。

赤木:FC Bandelieに所属した理由などありますか?

高田さん:FC Bandelieの目指す理念に共感をできた事ですね。FC Bandelieは東京都2部のチームなんですが、1部昇格を目標にしています。ですが、それはより多くの人に『サッカーの価値を伝える』ための手段として捉えており、最終的には『サッカーを通じて地域の課題を解決する』事が出来れば嬉しいです。

赤木:なるほど。サッカーと地域って密接ですからね。サッカーを通じて地域の課題を解決すると言う考え方は凄く合いますね。

これからの活動について

高田さん:私は今までの人生でサッカーを通じてたくさん人との縁ができ、仲間も増えました。上手く言葉にできませんが、サッカーをプレーする楽しみだけでなく、『サッカーを通じてこんなに良い事があるんだよ』ということを広く知ってもらいたいと思っています。

今はさいたま支店で仕事をしており、地元のサッカー好きのパパさん・ママさんと関わる機会も多いです。そういった方々と仕事×サッカーを繋げたコミュニティなんかを作っていきたいと思っています。

赤木:確かに、浦和はサッカーの街で、サッカー文化が根付いている街なので、サッカーのコミュニティはできそうですね。

高田さん:最近はプロが全てじゃないと思いました。もちろん、自分にプロとして活躍できる実力があればなっていたと思いますが。

ただ、週5日仕事をしている社会人としてもサッカーに携わる事は出来ますし、プロの選手とは違った角度からサッカーを見ることも出来ると思います。

様々な縁や出会いを与えてくれたサッカーにはとても感謝しています。

仕事とサッカーについて

赤木:サッカーって競技者としてのピークが早いと思うんですが、仕事をしながらサッカーをそこまで真剣にやれる事って凄いなと思ってしまいます。

高田さん:私にとっては仕事もサッカーも同じような感覚で、サッカーを真剣にやった方が仕事もはかどるんです。私は現在FC Bandelieでキャプテンを務めていますが、会社ではパソナさいたま支店の支店長も務めています。平日は会社のメンバーに対して、土日はFC Bandelieのメンバーに対してどうやったら主体的に動いてもらい楽しんでもらえるかばかり考えているんですよね。内容は違えど根本は一緒なのでそこに垣根は無いです。

赤木:なるほど。

高田さん:何事も真剣にやっていると、自然と人が付いて来てくれたり、会社の方々も応援してくれるようになります。新しい出会いにも繋がり、それはただの知り合いを超えた関係性の構築が出来る可能性もあります。

私はこれをサッカーを通じて得られたものですし、そういった事も広く伝えていきたいですね。

▲仕事の様子を撮った一枚。『チーム長』と『キャプテン』、それぞれ通じるものがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このインタビューで話されている事は、スポーツと地域の関わり方を考える中でとても良い事例だと思います。

プロになる事が全てではなく、社会人をやりながら、自分だけのやり方でスポーツと関わり、地域に貢献していく姿はまさに『スポタス人』ですね。

スポタスでは『スポーツ+何か』を持ったスポタス人をこれからもご紹介していきます。

この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

【SPOTAS+新歓】vol.3 早稲田大学CROSST.C.

  『入学式が中止になって新入生を勧誘できない!』 『このままだとサークルの継続が難しくなってしまう!』 こういった声が増えています。 スポタスではこうした声に応えるべく、大学のスポーツサークルを記事として紹介していきたいと思います。 今回ご紹介するサークルはこちら――― 早稲田大学CROSST.C. ────活動地域を教えて下さい。 主に木場公園や浮間公園、稀に井の頭公園や上水公園でも活動しています。 ────レベル(例:初心者~上級者まで)を教えて下さい。 レベルは初心者から中級者まで様々で、初心者でも1から教えるので大丈夫です。   ────サークルの目標はありますか? 目標は新早連2部昇格、そして楽しくしっかりテニスをすること、です。   ────練習頻度を教えて下さい。 練習頻度としては曜日不定で週2回行っているので、時間割が苦しいという方でも月に1回は参加出来るとおもいます。   ────直近の練習日程と場所を教えて下さい。 新型コロナウイルスの影響でテニスコートが使えない為、直近の練習についてはまだ見通しがたっていません。   ────年間スケジュールを教えて下さい。 5月、8月、10月、2月にそれぞれ新歓合宿、夏合宿、強化合宿、春合宿があり、春と秋には対抗戦があります。年数回のイベントでも交流を深めています   ────問い合わせ先があれば教えてください。 こちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せ下さい。 hazuki2624@icloud.com ────最後に読者の皆さんにPRをお願いします。 このサークルではしっかりテニスをしているので、テニスが大好き!という方には特におすすめです。また、私達はお酒の強要を一切しませんので、そのような心配入りません。CROSS一同新入生の方々を心よりお待ちしています! 早稲田 CROSS T.C. 35thのTwitterはこちら Tweets by CTC35th
2020/05/12 54PV

  • インタビュー

自宅でもできる次世代のチャンバラ"SASSEN"、その魅力とは【スポタス人インタビュー】

スポタス人とは スポーツだけではなく、プラスアルファの形でスポーツと関わるキラキラした人物。 スポタスでは、『スポタス人』のインタビューを通じてスポーツとの様々な関わり方を発信しています。 スポタス人紹介 本村 隆馬(もとむら りゅうま) 1990年生まれ  生涯スポーツ・全日本サッセン協会 Japan Sassen Association(JSA) 代表 兼 JSA公認上級インストラクター 日本空手道 風林火山武術道場 師範代 2016年に"SASSEN"という新しい競技を立ち上げ、普及に挑む。 HP:https://sassen.jp/ Twitter:https://twitter.com/sassen_frkz Instagram:https://www.instagram.com/sassenjp/?hl=ja ITの力で侍の戦いを再現 赤木:まず、SASSENという競技について教えて下さい。 本村:SASSENのコンセプトは"ITの力でサムライの勝負を現代に再現する"というもので、私達はこれを次世代スポーツと呼んでいます。SASSENでは"SASSEN刀"という発泡ポリエチレンの刀にセンサーを内蔵させて相手と戦います。SASSEN刀が相手に当たるとセンサーが反応して、連携しているスマートフォンのアプリ上に判定が表示されるしくみです。こうすることで、相手に怪我させることなくサムライの勝負をする事ができます。  ▲試合のイメージ動画 ▲SASSEN刀。内部に小型のセンサー(圧力センサー)が入っていて、Bluetoothでスマートフォンアプリに送られる仕組みになっています。   赤木:最新のテクノロジーを使って昔の戦いを再現するっていうコンセプトが面白いですね。誰でも小さい時は道端の棒を持ってチャンバラごっこをしたことがあるでしょうし、そういう童心に帰る意味でも面白そう。この競技はどうやって生まれたんですか? 本村:元々私の実家が空手の道場で、父が師範、私は師範代でした。40年くらい続いている道場で、護身術を主としています。その中でナイフで襲われた時の対策や捌き方の訓練としてSASSEN刀を使っていたのが始まりです。 赤木:最初は護身術の訓練用だったんですね! 本村:と言っても最初からあの形じゃなく、最初はエアコンの断熱ホースを使ってたんですけどね 笑 もちろんセンサーなんかは入っていません。こういうのは私の道場だけじゃなく、他の道場でも似たような訓練としてやっていると思いますし、遡るとお侍さんの稽古でもあったんじゃないかと思います。 それが私の道場では、門下生の方や子どもさんが訓練自体を面白がって、最近になってレクリエーションになりました。SASSENの名前がついたのは平成28年の12月22日です。 赤木:本当にまだできたばかりの競技なんですね。 本村:特許を取ろうという事になった時に名前が必要だったんで、そこでSASSENという名前にしました。由来は「颯爽(さっそう)と、風を切るさま」という意味である颯然(さつぜん)から取ったものです。その他にも、宮本武蔵の二天一流剣術「指先(さっせん)」からもヒントを得たことから、口にしやすいよう「SASSEN(サッセン)」と呼んでいます。 優秀なエンジニアの相棒とタッグを組んで実現 赤木:このSASSEN刀にしてもアプリにしても作るのに技術がいると思うんですが、これはどうやって作られたんですか? 本村:開発者が元々筑波大学の出で、ロボカップで世界2位にまで入ったエンジニアなんですが、実は地元が同じでたまたま同じ道場に通ってたんです。それでたまたま同席した会合で「こういう訓練をやってるんだけど、どっちが早く当てたか分かったらいいのに・・・」と相談したところ、「普通にできますよ」と言われ、そこからSASSEN刀やアプリの開発がスタートしました。 赤木:凄い偶然! 本村:これは武道をやっている者だと誰しもが思った事があると思うんですが、判定を正確にしたいという気持ちがあって、それを機械で解決できるなら凄く面白いなと思って、SASSEN刀やアプリの開発が始まりました。最初は武道に関わる人達向けに広めようとしていたんですが、誰でも楽しめる生涯スポーツとしてもニーズがあると分かったので、そこから競技としてのSASSENができてきました。 年齢・性別関係なく誰でもどこでも手軽に戦える 赤木:SASSENのルールについて教えて頂けますか? 本村:SASSENのルールは日々変わっていて、大会によっても規定が変わっていますが、基本のルールは以下になります。 公式ルール【2020年度】 ・試合時間は60秒。・選手は専用のセンサー付きSASSEN刀を持ちます。 ・フィールドは5m×5m 内で行います。 ・攻撃できるのは1試合を通して5スイング(5打)まで。相手の体(頭部は除く)に1打当てると「一本」となります。 ・「二本」先取 もしくは 60経過時点で本数の多いほうが勝利。 ・フィールドの外に出ると「場外」として相手に一本。 【禁止・反則事項】 故意に相手を攻撃する行為 センサー刀を相手に投げること その他主審が危険とみなす行為 (相手に怪我を負わせる可能性がある行為は状況をみて禁止。相手に1本もしくは失格とします。) 赤木:凄くシンプルですね。相手にSASSEN刀を当てるだけっていうのは分かりやすいし、子どもでもすぐ覚えられそう。 本村:本当に仰る通りで、ルールが分かりやすいというのは競技のハードルをかなり下げてくれます。 赤木:怪我をさせる事がないというのも良いですね。 本村:相手が高齢者でも同じルールでできますし、相手に怪我をさせる心配もなくできます。 赤木:実際に高齢者の方がSASSENをされるケースってありますか? 本村:そうですね。小学校5年生と70歳のおじいちゃんが戦って、おじいちゃんが勝ったという事もあります。お孫さんと戦って勝ったりする事はできますね。他にも老人ホームでレクリエーションとして楽しんで頂く事もあります。 赤木:似た競技としてスポーツチャンバラがあると思うんですが、スポーツチャンバラとの違いってどの辺りにありますか? 本村:やはり大きな違いはセンサーの有無ですね。あとはSASSENの方がよりカジュアルな雰囲気でできると思います。誰でも簡単にできるので、できるだけ"武道感"を出したくないと思っています。 赤木:例えば企業の部活動でやる場合におススメのポイントなどありますか? 本村:まずは運動不足の解消ですね。SASSENはルールがシンプルなので、やってみると目の前の戦いに集中できます。そのため短い時間でも体力を使う事ができます。他には団体戦でのチームワークですね。格闘技の試合のように先鋒~大将戦までやっていけばそこでコミュニケーションが生まれます。 赤木:例えば学生の採用活動でも活用できそうですね。 本村:スペースとSASSEN刀とアプリがあればその場ですぐできますからね。着替えなくてもできますし。 赤木:スペースも会議室くらいの広さがあればできそうですし、そういう意味でも良さそうですね。 人を傷つけない競技として 赤木:本村さんのスポーツ経験についてもお聞きしていいですか? 本村:私は3歳の頃から空手をやってきています。私の道場では『負けない、人を守れる、相手を怪我させない』という点を大事にしていて、それは今のSASSENのルールにも繋がっています。自分を鍛えるけど、技を披露しない。それでも何かあった時には自分や周りの人を守れるように鍛えておく。こういった考えが源流にあります。 赤木:確かに、人を傷つけないという点に一番の重きを置いているのはSASSENに通じるものがありますね。 自粛生活のストレスを自宅で解消!7つの家遊び 赤木:SASSENをやろうと思ったらどこでできるんですか? 本村:東京では秋葉原のA-LABOという場所で体験する事ができます。5月の30日・31日には関東大会も企画していますが、新型コロナウィルスの影響があるので確実に開催できるとは言い切れない状態です。ですが、代わりにSASSEN刀を使って家でできる遊びをYouTubeにアップしています。SASSEN刀の販売もしていますので、これを使ってSASSENを体験して頂けます。  赤木:自宅でもできる遊びは有難いですね。特に子どもはストレスが溜まってたり、運動不足で眠れなかったりしているみたいですし。 生涯スポーツとしてのSASSENを追求 赤木:今後の目標など教えて頂いていいですか? 本村:年齢・性別・手軽さを追求して誰もがSASSENをできるようにしていきたいです。例えば幼稚園・小学校・高齢者施設などで広めたいですね。ITについては機能を追加して手軽さを追求していって、将来的にはパラリンピックみたいなところも目指していきたいと思っています。 文:赤木 勇太   
2020/05/02 127PV

  • インタビュー