2019/09/10 15:16 161PV

バスケのディフェンスの種類とは【コツも大公開】

バスケ シューティングガード

バスケットボールのマンツーマンディフェンスやゾーンディフェンスの詳細やコツ、気をつけるべきファールの種類をご紹介しています。

バスケットボールは一見オフェンスの方に目を向けられがちですがディフェンスも試合の流れを左右するポジションです。ディフェンスがおろそかだとオフェンスにもいい流れでつながらず、試合で勝つことはできません。そこで今回はディフェンスの種類であるマンツーマンディフェンスやゾーンディフェンスの詳細やコツ、気をつけるべきファールの種類をご紹介します。

マンツーマンディフェンス

マンツーマンディフェンスは人対人という意味で、オフェンス1人に対してディフェンス1人がマークにつくということです。
バスケットボールの数あるディフェンスの中でも基礎中の基礎で、マンツーマンディフェンスの上にその他のディフェンスが成り立っています。
世界的な流れでもマンツーマンディフェンスは推奨されており、個人のスキルアップの底上げや、総合的なディフェンス力アップにも注目されています。
マンツーマンディフェンスの中でもマークマン、マッチアップ、ミスマッチという用語があり、それぞれの意味をご紹介します。

マークマン

自分が責任を持ってマークする相手

マッチアップ

自分と相手との1対1の関係

ミスマッチ

攻守の能力に差があるマッチアップ

マンツーマンディフェンスは守備をするエリアによって呼び方が変わります。
コート全体で守備を行う時はオールコートマンツーマン、コート半分で行う時はハーフコートマンツーマンと呼びます。
相手がボールを保持している時と保持していない時とはマークの仕方が変わり、身体の使い方がとても重要となってきます。
チーム力アップにも日々の練習を積み重ね、是非マンツーマンディフェンスをマスターし下さい。

ゾーンディフェンス

バスケ

マンツーマンディフェンスは「人」を守ります。
それに対してゾーンディフェンスは「場所」を守る、という意味で使われます。
オフェンスに対して対応するディフェンスの形成が変わる守り方で、様々な種類の守り方があります。
ここではそれぞれのゾーンディフェンスの種類についてご紹介します。

2-3ゾーンディフェンス100

2-3ゾーンディフェンスは、ゾーンディフェンスの中でも最も一般的なゾーンディフェンスです。フリースローラインに2人、リング下に1人、その両端に2人位置します。ゾーンディフェンスの中でも最も暑く守れるため、オフェンスをゴールから遠ざけることができます。しかし、アウトサイドはノーマークの相手を出しやすく、アウトサイドからシュートを決められやすいというデメリットもあります。

2-1-2ゾーンディフェンス

2-1-2ゾーンディフェンスは2-3ディフェンスと非常に似ている形成です。フリースローラインに2人、リング下付近に3人守り、インサイドやリバウンドなどに強いディフェンスです。やはりアウトサイドには弱く、アウトサイドからのシュートを得意とした攻めには弱いデメリットがあります。

3-2ゾーンディフェンス

3-2ゾーンディフェンスも一般的なゾーンディフェンスの1つです。2-3や2-1-2はインサイドに強化されたディフェンスですが、3-2は逆にアウトサイドに強い特徴を持っています。フリースローラインに3人、リング下付近に2人守ります。スリーポイントが強いチームには非常に有効で、5人全員アウトサイドエリアを守る形成となっています。デメリットはゾーンの真ん中が空いている形成なので、ドリブルやペネトレイトなどのインサイドプレーには弱い点もあります。

1-2-2ゾーンディフェンス

1-2-2ゾーンディフェンスは3-2ゾーンディフェンスと同様の意味で使われます。フリースローラインに3人、リング下付近に2人位置します。アウトサイドに強く、インサイドには弱い特徴があります。一般的にアメリカなどでは3-2より、1-2-2で呼ぶことの方が多いです。

1-3-1ゾーンディフェンス

1-3-1ゾーンディフェンスは非常に昔から使われているゾーンディフェンスで、現在ではやり方が確立されているディフェンスです。トップに1人、フリースローラインに3人、リング下に1人位置します。このディフェンスはアウトサイド、インサイドとバランスよく守る形成です。しかし、ボールを持っている逆サイドが手薄になるというデメリットもあります。

1-1-3ゾーンディフェンス

1-1-3ゾーンディフェンスは最近よく見られるディフェンスです。トップに1人、その下に1人、リング下付近に3人位置します。アウトサイドよりはインサイドで攻めてくる相手には有効です。また、速攻にも強い形成です。リバウンドを取り、トップで守っている味方が走れば、高確率で速攻につながります。デメリットとしては外からの合わせや、3ポイントシュートには弱い点があります。

マンツーマンディフェンスのコツ

マンツーマンディフェンスは最も基礎であるディフェンスです。
1対1で相対することから、正しいポジショニングで守ることが重要視されます。
ここではマンツーマンディフェンスのコツを2つ程ご紹介します。

自分の顔が相手の胸位置になるまで腰を落とす

腰を落とすディフェンスをすることにより、重心を下げたまま素早く動くことができる

自分の腕の長さ程度に相手との距離を置く

相手のボールをいつでもチェックでき、ボールカットをする距離感を掴む

ゾーンディフェンスのコツ

ゾーンディフェンスは、エリアを分割して守るディフェンスであることから、個人の技術が劣っている場合でも守ることができます。
お互いがお互いをフォーローしつつ、組織的に守る形成です。
ここではゾーンディフェンスのコツを2つ程ご紹介します。

チームの戦術をしっかりと理解する

ゾーンディフェンスはマンツーマンと違い、最初から決められたエリアを守るという考え方があります。ですのでチームの戦術をしっかりと理解し、味方のディフェンスと息を合わせながらしっかりと守るようにします。

カバーをする意識を持つ

ゾーンディフェンスはマークをはっきりさせない分スペースをつかれやすいというデメリットがあります。味方が空けたスペースをしっかりと確認し、すぐにカバーにいけるように常に意識を持ちましょう。

気をつけるべきディフェンスファールの種類は?

マンツーマンディフェンスやゾーンディフェンスともファールはつきものです。
ファールを出さないよう気をつけてもそこのスキをつかれ、あっさりと抜かれることはよくあることです。
ここではディフェンス中の出やすいファールや、気をつけるべきファールの種類を2つ程ご紹介します。

ブロッキング

ブロッキングは相手の進行を妨げるプレーをした時受けるファールです。ボールを持っていない相手にも適用され、不当に接触しただけでファールを受ける場合も少なくありません。

プッシング

プッシングは手や腕を使って相手を押した時に受けるファールです。こちらもボールを持っていない相手に対しても適用され、少しでも押しただけでもファールを取られることもあります。
これらは試合中には非常に多くしてしまいがちなファールです。
なるべくこちらからは接触せずに、ボールだけに意識を持ったディフェンスをするように心掛けましょう。

まとめ

今回はバスケのディフェンスの種類とは【コツも大公開】をご紹介してきました。
バスケットボールのディフェンスはマンツーマンディフェンスが基礎になっており、その上でゾーンディフェンスが成り立っているということが分かってくれたかと思います。
マンツーマンディフェンスは1対1、ゾーンディフェンスは決められたエリアを守る形成と覚えておいて下さい。
そしてどちらもファールがつきもののため、コツやポイントを抑えて練習するように心掛けて下さい。
この記事を読んだ皆さんが試合などで観客の目を引き、試合の流れを変えるディフェンスをしてくれることを期待しております。

参考記事

バスケのディフェンスファールの種類総まとめ!(スポーツルール.COM|初心者でも分かりやすいスポーツルールサイト)

http://sprotsrule.com/

バスケのマンツーマンディフェンスが上手くなる5つのコツとは?(24時間幸せ気分)

http://erumaru.com/?p=50

代表的なディフェンスの種類 | バスケが上達する練習メニュー(バスケが上達する練習メニュー)

https://basketball-practice.biz/basis/type-7/

バスケのディフェンスの種類と用語のまとめ(NO LOVE,NO TEAM)

https://nolovenoteam.com/basketball-glossary-defense-1691.html

バスケットボールのディフェンスの種類を徹底解析!(Freestyles)

https://five-spirits.com/kind-of-defense/

この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

バスケはダイエットに最適?【消費カロリーを用いて解説】

バスケはダイエットに最適なスポーツです。この記事ではその具体的な効果や方法を紹介いたします! バスケは動きの多いスポーツですが、実際に消費できるカロリーは何カロリーなのでしょう。 他のスポーツと比較して、ダイエットに適しているといえるのでしょうか。 具体的な消費カロリーを紹介することで、バスケのダイエット有効性を証明します。 また、バスケがダイエットに最適な理由は、消費できるカロリー量のみではありません。多角的な視点から、バスケがダイエットに向いている具体的な理由をお伝えします。 バスケで消費できるカロリーを具体的数値で紹介! 1食分に相当!?バスケを30分プレーした消費カロリー バスケを30分プレーして消費できるカロリーは、下記のようになります。 なお、身長と体重は、各年齢の平均値を表示しています。 また、消費カロリーは、身長、体重の他、筋肉量でも左右されるため目安の数字です。 女性 年齢20歳:身長157.8cm:体重51.6kg:204キロカロリー 年齢25歳:身長159.6 cm:体重54.5kg:216キロカロリー 年齢30歳:身長158.4cm:体重53.5kg:208キロカロリー 年齢40歳:身長157.9cm:体重54.7kg:213キロカロリー 年齢50歳:身長156.1cm:体重55.2kg:205キロカロリー 男性 年齢20歳:身長170.9 cm:体重64.6kg:278キロカロリー 年齢25歳:身長172.1 cm:体重67.3kg:289キロカロリー 年齢30歳:身長171.2 cm:体重69.2kg:276キロカロリー 年齢40歳:身長170.9 cm:体重70.5kg:282キロカロリー 年齢50歳:身長168.6 cm:体重68.0kg:262キロカロリー 女性の平均消費カロリーである209キロカロリーは、メイプルシロップパンケーキと紅茶の朝食1食分に相当します。 男性の平均消費カロリーである277キロカロリーは、白米ごはん、たらこ、めざし、お吸い物の朝食1食分に相当します。 ジョギングより多い!バスケの消費カロリー バスケの平均的な試合時間は、90分です。 この90分で消費できるカロリーを、ジョギングと比較します。 効果的なダイエット法として知られるジョギングとバスケを比較した場合、どちらのスポーツがより多くのカロリーを消費できるのでしょう。 なお、計算には、メッツ値を使用しています。 メッツ値とは、安静時の何倍カロリーを消費しているかを表す数値です。 体重55 kgの女性が、90分間各スポーツを行った際に消費するカロリー バスケ:520キロカロリー ジョギング(平地、85m/分):303キロカロリー 体重70 kgの男性が、90分間各スポーツを行った際に消費するカロリ バスケ:662キロカロリー ジョギング(平地、85m/分):386キロカロリー 女性がバスケとジョギングを90分間行った際の消費カロリーの差は、217キロカロリーで、プリンアラモード1食分のカロリーに相当します。 男性がバスケとジョギングを90分間行った際の消費カロリーの差は、276キロカロリーで、ざるそば1食分のカロリーに相当します。 この事から、ジョギングと比べても、バスケットボールが多くのカロリーを消費できるスポーツであることがわかります。 また、バスケの動きはジョギングよりも複雑で、その複雑さはバスケの楽しさでもあります。 バスケは、単調な動きを続けるジョギングよりもストレスを感じずにカロリーを消費できるのです。 消費カロリー以外も?!バスケがダイエットに適している理由を紹介 ひとりでも楽しい!バスケ 場所とバックボードがあれば、バスケをひとりで楽しむことができます。 ここではひとりで楽しめるバスケの動きを3例を挙げます。 ドリブル ドリブルは腕だけでなく肩も使ってつくことで、手がボールに接触している時間を長くすることができ、上達します。 また、ディフェンスがいることを想像して、片手でガードしながら低い位置でボールをつけば、取られにくいドリブルに成ります。 低い位置で肩も使ってボールをつくことができるようになったら、手元を見ずに顔を上げてドリブルをします。 こうすることで、視野が広くなり、複雑な場所でのドリブルが可能に成ります。 パス 壁や地面からの跳ね返りを利用します。 パスの種類には、胸の前から両手で出す「チェストパス」や、バウンドさせて味方プレイヤーに出す「バウンズパス」、身体の中心からずらして出す「ワンハンドプッシュパス」、頭上から高い位置に通す「オーバーヘッドパス」、などがあり、種類を変えつつ行えば、体全体を使って楽しむことができます。 シュート ゴールを直接狙うのではなく、ボールの軌道を頭に入れ、落とす位置を計算して打ちます。 落とす位置が決まったら、膝を曲げて、手首を真っ直ぐに返すようにします。この際、左手はボールに添えるだけです。 綺麗なシュートフォームを反復することで、安定したシュートを打てるようになれます。 相手や仲間の動きを想像し、ドリブル、パス、シュートに変化をつければ、バスケットボールはひとりで楽しむことができます。 バスケは有酸素運動?無酸素運動? バスケでは有酸素運動と無酸素運動、両方の運動を行うことができます。 有酸素運動とは、長い時間継続して行う運動で、筋肉を収縮させるエネルギー源として、主に体内の脂肪を使います。エネルギーを作り出す際に酸素を必要とすることから、有酸素運動と呼ばれます。無酸素運動とは、瞬間的に強い力を出す運動で、筋肉を収縮させるエネルギー源は糖です。酸素を使わずにエネルギーを作り出すことから、無酸素運動と呼ばれます。 バスケの動きで具体的に有酸素運動に当たるのは、ドリブルやボールを追いかけて走る動作です。 無酸素運動に当たるのは、走る方向を変える動作や、ボールを投げる動作などです。 バスケの無酸素運動には、2種類の筋肉をつかいます。ひとつは、機敏な動作を可能にするハムストリングスです。 ハムストリングスとは、太もも背面の大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋と、側面の大内転筋を合わせた総称です。エネルギー消費量が大きいため、この筋肉を鍛えるとダイエットに効果的です。このハムストリングスは、シュート時のジャンプにも使います。 ふたつ目は、パスなどに使う大胸筋です。大胸筋とは胸を覆う筋肉で、この筋肉を鍛えると、男性はたくましい胸板を手に入れることができ、女性はバストアップ効果を狙えます。 動きの連続! バスケはオフェンスとディフェンスの切り替えが早いスポーツです。 オフェンスとは攻撃側のことで、ディフェンスとは守備側のことをいいます。オフェンス側にあるときは、ディフェンスのマークを外し、ゴールに到達する道を常に意識して、動く必要があります。この動きは、オフボールであっても変わりはありません。 オフボールとは、ボールを持っていないときの動きを指します。カッティングやスクリーンなど、ディフェンスを外す動きをしつつ、パスの通りやすいスペースに移動し、パスを受ける。オフボールの時こそ、状況に合わせた多くの動きが必要とされるのです。 ディフェンス側に回っても、動きが止まることはありません。ディフェンスは守備ですが、バスケットボールの場合は、攻撃的な守りをしなければなりません。オフェンスにプレッシャーを与え、動きを封じ、得意な場所にポジショニングされないように、先手を取る必要があるのです。 また、ボールの動きを予想し、常にスティールやパスカットが狙える動きをしなければなりません。 バスケはオフェンス、ディフェンスを問わず動き続けるスポーツであり、この継続した動きこそがダイエットに有効なのです。 バスケのダイエットの方法を紹介 パスの動きでダイエット 相手に向かってパスを出す 3往復ごとに、相手との距離を1歩ずつ広げる 1往復ごとに、広げた距離を1歩ずつ縮める 1~3を3セット行う ポイント:ボールを投げるときは、両腕で押し出すようにします。腕全体を使うイメージで、行ってください。 ドリブルダイエット 利き手の側で、ボールをドリブルする 徐々にドリブルの高さを下げる 腰を落とした状態で、ドリブルを続ける ポイント:慣れないうちは両手でドリブルしてもダイエット効果は得られます。必ず利き手側でドリブルしてください。逆側でドリブルをすると、身体を痛める原因になります。 まとめ バスケは消費カロリーが多いスポーツです。 ドリブル、パス、シュートなど、いろいろな動きを継続して行うスポーツであるため、飽きずに楽しみながらカロリーを消費できます。 また、ひとりでも楽しめるので、自分のスケジュールに合わせてダイエットを進めることが可能です。 いろいろな方法で楽しめるバスケットボールは、お勧めできるダイエット方法です。 これを機会に、バスケットボールでダイエットを始めましょう! バスケ仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くのバスケサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 <参考> 21-2身長と体重の平均値(総務省統計局) https://www.stat.go.jp/data/nihon/back15/21.html 生活や運動の消費カロリーの計算(ke!san) https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228741 摂取カロリー早見表(カロリズム) https://www.tanita.co.jp/content/calorism/table/index2.html カロリー・チェック「バスケットボール(試合レベル)」の消費カロリー(eatsmart) https://www.eatsmart.jp/do/caloriecheck/work/detail/param/workCode/2603 朝食のカロリー(CLUB Panasonic) https://club.panasonic.jp/diet/calorie_control/calorie_jiten/breakfast_index.html#200-249 上手くなる!バスケ初心者のためのドリブル上達の基本と練習のコツ!(Your Coach) https://aotatsu.com/basketball-beginner-dribblepractice/ バスケ初心者に習得してほしい基本パス4種類の上達のコツ!(Your Coach) https://aotatsu.com/basketball-pass-type/ バスケのシュートが上手くなりたい!その正しい練習方法とは?!(Basketball Dream) https://basketballdream.biz/archives/1714#toc4 バスケットボールがダイエットに有効な5つの理由(CHA-BBC) https://cha-bbc.wixsite.com/cha-bbc/cha-bbc-diet トレーニング:有酸素運動とは(健康長寿ネット) https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shintai-training/yusanso-undou.html バスケットボールに必須の筋肉&筋トレメニュー6選!食事も徹底解説(LIFUNAS) https://lifunas.com/basketball ハムストリングが見てわかる!筋肉図解10選(筋トレTIPS) https://kin.mobi/3110 大胸筋が見てわかる!筋肉図解7選(筋トレTIPS) https://kin.mobi/3094 バスケの動き方を紹介(調整さんwith) https://chouseisan.com/l/post-115254/ バスケでディフェンスのスペシャリストになるための7つのコツとは?(NBAクエスト) https://nba-quest.com/defense-kotu/ バスケットボールダイエットで代謝を向上させ引き締まった体に(relax diet) https://relax-diet.com/basketballdiet.html

バスケのリバウンドを制するものはゲームを制す【勝ち方から練習法まで】

この記事ではリバウンドの重要性、リバウンドの勝ち方や練習法をわかりやすく解説します。 「リバウンドを制するチームが試合を制する」。これはバスケットボールにおいて、よく言われるセオリーです。なぜ、そんなに重要なのか。そして、どのようにすればリバウンドに勝てるのか解説していきましょう。 リバウンドで勝つ重要性 シュートは半分以上が失敗する バスケットボールの最高峰・NBA選手のシュート成功率はどれくらいかご存知でしょうか。7割? 8割? いやいや、なんと5割を切ります。半分以上は失敗しているんです。10本打ったら5本は外れる計算です。 では、外れたシュートはどうなるのか。そのままコートの外に出てしまうこともありますが、敵、もしくは味方にリバウンドとして取られることがほとんどです。この「リバウンド」。これがバスケットボールでは非常に重要なんです。 シュートが外れると(インボールであれば)どちらのボールでもない状態になります。そのボールを味方、敵のどちらが取るかで戦況は大きく変わります。味方が取れば再び得点チャンスが生まれ、敵が取ると得点チャンスが失われ、守備に回らなければなりません。 どれくらい効果のあるプレイなのか では、1試合にどれくらいシュートが打たれるのかというと、日本のBリーグでおおよそ1チーム70本ほどです。そのうちの半分が外れるとして35本です。35本は、どちらのボールでもない状態になるんです。これを、いかにマイボールとするか。ここが勝敗の分かれ目と言っても過言ではありません。 漫画『スラムダンク』では、安西先生が桜木にリバウンドの重要性を教えます。ディフェンスリバウンドを取ると、相手の得点チャンスを奪い(マイナス2点)、味方の得点チャンスが生まれる(プラス2点)、それはプラス4点の働きだと。リバウンドは3点シュートよりも1点多い、効果の高いプレイなんです。 リバウンドが得点する機会を増やす バスケットボールは得点を取り合うスポーツです。最後に1点でも多かったチームの勝ちとなります。前述したように、シュートの半分は失敗します。ということは、攻撃回数を多くしなければ得点がたくさん入らないことは、お分かりいただけるかと思います。 攻撃回数を増やすために重要となるのが「リバウンド」。守備のときにリバウンドを取れば攻撃に移れます。攻撃のときにリバウンドを取れば、再び得点する機会が得られます。リバウンドは得点につながる重要なプレイなんです。「リバウンドを制するチームが試合を制する」の意味がお分かりになったかと思います。 リバウンドで意識するコツと勝ちやすくする方法 まずは相手をゴールに近づけさせない では、リバウンドを取るにはどうすればいいのか。意識することは、「相手よりもゴールに近い位置をキープする」ということです。 守っている間は、基本的に相手(オフェンス)よりもゴールに近い位置にいます。相手がシュートを打ったら、その位置関係をキープできるとリバウンドが取りやすくなります。 ただ、相手(オフェンス)もシュートが外れた場合はリバウンドを取りに来ます。ゴールに近い位置に入って来ようとします。それを阻止するプレイを「ブロックアウト」と言います。(「ボックスアウト」「スクリーンアウト」とも言います。)これは、自分よりもゴールに近い位置に相手(オフェンス)が入らないようにブロックすることです。 基本のブロックアウトは、シュートが打たれたら自分のマークマンとの間合いを詰め、ゴールに向いて背面を使って、中に入って来ようとする相手(オフェンス)をブロックします。このとき手を使って相手を押さえたりするとファールを取られることもあるので注意してください。 相手を背にするということは、シュートの行方は見やすくなる半面、相手の動きが見えなくなります。右側から中に入って来ようとして右側を押さえると、左側からすっと入って来ようとするなど、駆け引きが行われます。 そこで、相手と正対したままブロックアウトする方法もあります。相手の動きが見えるので駆け引きには有利になります。ところが、シュートの行方は見えませんので、リバウンドを取らなくなる可能性もあります。 しかし、ここで重要なのは、“相手をゴールに近づけさせない”ということです。リバウンドを取るのは、その後です。もし自分がリバウンドを取らなくても、味方が取ってくれれば問題ないからです。 「外れたシュートが落ちてきてボールがコートに付いてからボールを取りに行け」とよく言われます。 5人全員がやらないと意味がない そして、次に大事なのが、「全員がブロックアウトをする」ということです。4人がブロックアウトしていても、1人がブロックアウトをさぼると、その相手がリバウンドを取ってしまいます。5人全員がブロックアウトし、ゴールに近いエリアに相手を入れさせなければ、リバウンドは誰かが取ってくれます。 せっかく暖房を使って部屋を暖めていても、窓にすき間が空いていると外から寒い空気や風が入ってきてしまい、寒くなってしまいますよね。ディフェンスが「窓」で、ブロックアウトが「暖房」です。どこか1カ所でも窓(ディフェンス)にすき間があると、暖房(ブロックアウト)が効かなくなってしまうんです。5カ所すべての窓(ディフェンス)が閉まっていると、暖房(ブロックアウト)が効いて部屋が暖かくなるんですね。 リバウンドに向かう意識が大事 ただ、相手も黙ってブロックアウトされたままでいることはまずあり得ません。何とかゴールに近い位置に侵入して来ようとします。 そうなると、相手よりも早くリバウンドを取る必要があります。相手よりも早く、そして高くジャンプできれば、リバウンドは取れます。 ここで重要なのが、相手よりも遅くなってしまったり高くジャンプできなかったりして結果的にボールに触れなかったとしても、とにかく「相手とリバウンドを競る」ということです。これが非常に大事になります。 たとえ自分がリバウンドを取れなくても相手と競ることで体が接触し、相手の体勢が崩れてリバウンドをキャッチできなくなるかもしれません。相手がファンブルしてボールをコートの外に出してしまうかもしれません。 そうすると、結果的にマイボールになります。たとえ、自分がボールに触れなかったとしても。 だから、とにかくリバウンドに向かう意識、相手と競る意識、これを持つことです。ただし、競り過ぎてファールにならないように気を付けてください。 それから、リバウンドを取った後で一番重要なことは、「キャッチしたボールを下げない」ということです。ゴールに近いエリアは人が密集しています。ボールを下げると、はじかれたり、奪われたりする危険性があります。リバウンドを取ってもボールを下げない。これは鉄則です。 リバウンドの練習法 1人でやるリバウンド練習 自分で頭上にボールを投げて、ジャンプしてなるべく高い位置でキャッチする。これは、ブロックアウトではなく、ジャンプしてキャッチする練習です。とにかく、高い位置でキャッチする意識を持ってください。 次は、ボールをバックボードに当て、跳ね返ったボールをジャンプしてキャッチする。同様に、高い位置でキャッチする意識です。それと、キャッチした後にボールを下げないことも意識してください。 2人でやるリバウンド練習 まずはボールなしで2人1組でやる練習です。これは背中、肩を使って押し合います。お互いにブロックし合うイメージです。ゴール下は人が密集していますので、接触することが多いエリアです。接触に慣れるという意味もあります。 次に、ボールを使った2人1組でやる練習です。センターサークルの真ん中にボールを置き、オフェンスとディフェンスに分かれてボールを取り合う練習です。オフェンスはボールを取ろうとし、ディフェンスはそれをブロックアウトします。ディフェンスはボールを取ろうとせず、とにかくブロックアウトすることを意識してください。 最後に、より実践に近い状態で、2人1組でやる練習です。ディフェンスがオフェンスにパスを出し、オフェンスはシュートを打つ。ディフェンスはシュートを邪魔しに行き、シュートを打たれたらブロックアウトする。オフェンスのシュート練習と、ディフェンスのブロックアウト練習を同時にやる練習です。 参考動画 この動画では、バスケのリバウンドのコツと練習方法について解説されています。こちらもぜひご覧下さい。 まとめ シュートが外れた状態は、どちらのボールでもない、「空中にあるルーズボール」と表現できるかもしれません。それをいかにマイボールとするか、これが攻撃回数に直結し、得点力に影響します。点を取り合うスポーツのバスケットボールにあって、リバウンドの重要性がお分かりいただけたかと思います。 そして、リバウンドは好不調の波に左右されません。リバウンドに向かうことは誰でもできることです。5人がどれだけ徹底できるか、それでリバウンドの数が決まってきます。ブロックアウトの意識を徹底できるチームが勝てるチームなんです。 バスケ仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くのバスケサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 <参考> 『考える力を伸ばす! バスケットボール練習メニュー200』(日立サンロッカーズ ヘッドコーチ 小野秀二 著)