2019/02/12 0:00 1144PV

バスケドリブルのコツ15選【意識するだけで劇的に変わる】

この記事ではバスケのドリブルを上達させるために必要なコツやポイントを紹介しています。

バスケのドリブルが上手な選手とそうでない選手との違いは何だと思いますか?よくドリブルが上手い選手のことを「ボールが手に吸い付いている」と表現することがあります。

これはまるでボールが手に吸い付いているかの如く、ボールを自在にコントロールしているように見えるからなんですが、言い方を変えると「手とボールの触れている時間が長い」ということです。

つまり手とボールが長く触れるように練習をすることがドリブル上達への近道だということです。

そこで今回はドリブル上達のポイントやコツをご紹介します。これからバスケを始めたいという方やもっとドリブルが上手くなりたいという方はぜひ参考にしてみてください。

試合で使えるドリブル練習をする

これからドリブル練習をしていくうえでまず大切なのが「なぜ練習するのか?」ということです。

例えば同じドリブルの練習をするにしても、練習のために練習をしているのか試合のために練習をしているのかで大きく結果が変わってきます。

ですからいくら練習しても試合で使えなければ意味がないので、常に試合を想定しながら練習を行うことがとても大切です。

ボールを見ない

始めのうちはなかなかうまくつけないので、どうしてもボールばかりに目がいってしまいます。これは仕方のないことですが、ただ試合中にボールを見ながらドリブルをつくことはほとんどありません。ですからなるべく早いうちからボールを見ないように意識して取り組んでみましょう。

高低差をつけてドリブル

通常のドリブルに慣れてきたら次は低い位置でのドリブルにチャレンジしてみましょう。低い位置でドリブルをすることで手からボールが離れている時間が短くなり、ディフェンスにも取られにくくなります。

また高低差を意識することで試合の状況に応じたドリブルができるようになります。

前後ドリブル

前後ドリブルとは片手でボールを前後に動かすドリブルのことです。手首を返すタイミングがポイントとなりますが、これができるようになればハンドリングはかなり向上します。

慣れてくればスピードを上げてみたり両手で同時にやってみるとさらに効果が期待できるでしょう。

顔を上げる

バスケはとても展開の速いスポーツなので、一瞬一瞬の状況判断がとても大事になってきます。ですから常に視野を広くして全体の状況を把握しておく必要があります。

ただ下を向いたままドリブルをしてしまうと視野が極端に狭くなってしまい瞬時の状況判断が難しくなってしまいます。

ドリブルをつくときは練習時からでも常に顔を上げながら取り組むようにしましょう。

片方の腕でガードする

ドリブルをつく時は、ドリブルをつかない方の腕も大事になってきます。なぜなら腕でディフェンスをガードすることで相手と一定の距離を保つことができ、それによってボールを取られにくくすることができるからです。

ドリブル以外でもドライブやレイアップの時は、ボールを持っていない方の腕も意識してみましょう。

両方の手で扱う意識を持つ

ドリブルの練習をする時にはなるべく両手同じメニューをこなすようにしましょう。どうしても利き手の方がやりやすいので、利き手だけの練習になってしまうことがよくあります。

ただ利き手しかドリブルがつけないとディフェンスに簡単に守られてしまうので、できるだけ両手同じレベルでつけるようにしておきましょう。

ボールは押し込む感じで強くつく

ドリブルは強くつくことでボールが手に触れている時間が長くなり、結果的にディフェンスに取られにくくなります。

ドリブルを強くつくといっても手首だけの力ではなかなかうまくいかないので、肩から大きくボールを押し込むイメージでつくようにしてみてください。

ボールは低くつく

ドリブルを低くつくことで素早いボールコントロールができますしディフェンスからもボールを取られにくくなります。

低くつくコツはドリブルの強さは変えずに、戻ってくるボールを抑え込むようなイメージを持つことです。

ディフェンスから離れた位置でドリブルする

バスケ ドリブル

初心者の方に多いのが体の真正面でドリブルをついてしまうことです。自分の真正面ということはディフェンスからも近い距離になるので簡単にボールを取られてしまいます。

できればドリブルは自分の体の横、もしくはディフェンスに背中を向けるようにしてなるべく遠い位置でつくようにしましょう。

指は開く

ドリブルをつくときにしっかりと指を開くことでボールと手の触れる面積が大きくなります。それによってボールをコントロールしやすくなり安定感が増します。

逆に指を閉じたままドリブルをついてしまうと手とボールの触れる面積が小さくなってしまうので、コントロールしにくくファンブルもしやすくなります。

なるべくボールと手の触れる面積が大きくなるように意識しながらドリブルをつくようにしましょう。

手首を使う

ドリブルをつくときには手首の使い方も大事になってきます。特にボールが床から戻ってきた際、うまく手首を使うことでボールをコントロールする時間を長くすることができます。

手首の使い方を意識することでドリブルの安定感が増しますのでぜひお試しください。

大きく幅のあるドリブル

大きく幅のあるドリブルは1対1やドライブするときにとても役立ちます。

大きく幅のあるドリブルでディフェンスを揺さぶれば、そこに隙が生まれるので結果攻めやすくなります。

大きく幅のあるドリブルをしようとすると、最初は失敗することが多くなりますが、失敗を恐れずにチャレンジすることで確実にドリブルスキルは向上します。

ドリブルのリズムを変える

よくドリブルで大事なのはスピードよりも緩急といわれます。それだけいろんなリズムでドリブルができるようになれば、ディフェンスは守りにくくなります。

ドリブルのスピードを変えてみたり、ドリブルの高さを変えてみたり、ドリブルのステップを変えてみたりとリズムを変える方法はいくらでもあるので自分オリジナルのリズムをマスターしてみてください。

1on1をたくさんする

冒頭でもお伝えしましたがドリブルは練習のために練習するのではなく、試合で使えるようになるために練習することが大切です。そういった意味では試合に一番近い練習というのが1on1です。

1on1ではパスをする相手がいないので、必然的にドリブルで相手をかわしシュートまでもっていく必要があります。

ディフェンスもゴールさせまいと必死に守ったり、ボールを奪いにきたりします。

そうすることで相手にボールを取られない位置でドリブルをしたり、懐に入られないように腕でガードしたり、リズムを変えてみたりとドリブルに必要な技術が総合的に身についていきます。

ある程度基本的なドリブルのスキルが身についたら、積極的に1on1を行っていくことがスキルアップへの近道です。

まとめ

今回はドリブル上達のためのポイントやコツをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

ドリブルを上達させるにはボールと手をいかに長く触れさせておくかがポイントでした。

今回ご紹介した15個のポイントを意識しながら練習に取り組めば、確実にドリブルは上達するのでぜひ試してみてください。

参考記事一覧

初心者さん必読!!バスケのドリブル上達のコツ【16選】~基礎・基本からその先へ!(NBAクエスト)

https://nba-quest.com/dribble-knack/

上手くなる!バスケ初心者のためのドリブル上達の基本と練習のコツ!(Your Coach)

https://aotatsu.com/basketball-beginner-dribblepractice/

この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

バスケのセンタープレイ完全ガイド【初心者必見】

バスケットボールのセンターの初心者の方に送るセンタープレイの詳細と種類、練習方法などを紹介しています。 バスケットボールでは優秀なセンターがいるほどそのチームは強いということは実証されています。 ゴール下のセンターを上手く使い、ディフェンスを欺くすばやいプレイをすることができるのです。 また、持ち前のフィジカルの強さを活かし、センター自身でシュートやドリブルなどのオフェンスプレイもすることができます。 まさにチームの花形とも言えるポジションです。 今回はそのセンターの初心者の方に送る記事を書いています。 この記事を読んで、自身のセンタープレイに活かせてくれたら幸いです。 センタープレイと向いているタイプ バスケットボールではポイントガードかセンターかというくらい非常に重要なポジションであるセンター。 別名「大黒柱」とも呼ばれています。 ゴール下をずっしりと構え、ボールとポジションを完全に制覇することが求められます。 持ち前のフィジカルの強さはもちろんポストプレイの技術、リバウンドやゴール下の合わせなど、ゴール下では誰よりも輝かなければいけません。 センターに向いている選手の特徴としては以下のことがあげられます。 ゴール下を強く打てる 身体の強さと同時にディフェンスに負けないシュート精度が求められる リバウンドが強い リバンドを誰よりも早く取らないといけないため、身長の高さとジャンプ力が求められる フィジカルが強い ゴール下をより制覇するためには身体の強さ、身体能力が求められる 合わせのプレイが出来る その時の状況に応じてプレイできる状況判断能力が求められる。 センタープレイとは? センタープレイとはチームの花形といってもいいほどの試合で重要な役割を担います。 センタープレイの出来次第で試合の流れが大きく変わります。 ひとえにセンタープレイといっても様々な技術があります。1つずつ見ていきましょう。 ポストプレイ 攻撃時にゴール下でボールを受けることをポストプレイといいます。 リバウンド リバウンドとはボールがゴールしなかった際に早く掴み取る、あるいは軽く触って味方にパスし、自陣のボールにすることをいいます。 オフェンス時に獲得したリバウンドをオフェンスリバウンド、ディフェンス時に獲得したリバウンドをディフェンスリバウンドといいます。 1試合通じてシュートの成功率は50%程度といいます。 その外れたボールをどちらが制するかによって試合展開が大きく変わってきます。 リバウンドこそセンターにとって一番の見せどころと言っても過言ではありません。 高確率でリバウンドをとれるセンターがいるチームは勝率が大幅に上がります。 リバウンドを制するフィジカル、技術を身につけることにより、チームを手助けることが出来るのです。 スクリーン スクリーンとは相手と過度の接触を起こすことなく相手の動きや範囲を制限するプレイです。 スクリーンをセットする選手をスクリーナーと呼び、ポストプレイヤーもスクリーナーとして活躍します。 味方をマークするディフェンスにスクリーンをかけ、味方の進路を確保するのも1つの技術です。 しかしそれだけではありません。 その味方からパスを受け、シュートやドリブルにつなげることだってできます。 スクリーンのポイントとしてはやはり連携です。 互いの呼吸が合わないと成功しない技術なので、普段の練習が必要となってきます。 サインや声出し、アイコンタクトといった方法でコミュニケーションをとることが必要となってきます。 シュート シュートといったらポイントガードやフォワードをイメージしますがセンターとしても大事な役割になります。 誰よりも早くリバウンドを制し、そこからすばやくシュートに移行します。 その際シュート精度がなく、ゴールできないとせっかくのリバウンドも台無しになります。 最後はゴールをかっこよく決めたいところです。 ポイントとしてはバンクシュートを身につけるようにしましょう。 バンクシュートとはバックボードに当てて狙うシュートのことをいいます。 バックボードに角度をつけて当てることにより、ゴールの面積が増えるので、より入りやすいシュートといえます。 ゴール下以外でしたらミドルシュートも身につけるようにします。 ゴール下ばかりだと動きを読まれてマンマークされる恐れがあります。 ミドルシュートや3pシュートを決められるようになると、相手のディフェンスを拡散でき、ゴール下から引っ張り出すことができます。 バンクシュート、ミドルシュート、3pシュート、是非積極的に練習するようにして下さい。 センタープレイの練習方法 バスケットボールは「習慣のスポーツ」といわれるほど練習の積み重ねが必要となるスポーツです。 日々の積み重ねが試合にいい結果として出て、チームの勝利につながるからです。 ポストプレイも例外ではありません。 ポストプレイも日々の鍛錬な練習が自分にいい結果として返ってきます。 ポストプレイは基本の反復を重視すべきだといわれます。 基本に忠実に、シューティング、ボールハンドリング、ポジショニングなど、基本のプレイに戻り、ディフェンスがいることを常に意識して練習しましょう。 ポイントとしては2時間のチーム練習があるとした場合、その前後の30分ずつ自主練習にあてるようにしましょう。 その30分を基本の練習にあてるのです。 もちろんボールに触れていないオフの日にも練習するようにします。 筋力トレーニングやランニングなどのフィジカルトレーニングを積極的に行ないます。 しかしボールに全く触れていない時間が続くと感覚が鈍くなってきますので、なるべくボールは常に触れるようにしましょう。 トレーニングの合間にボールを触る、この感覚でいいと思います。 それではセンタープレイの技術の練習方法を紹介します。 ポストプレイ ポストプレイの練習方法としては常にディフェンスの位置を意識することが大事です。 ディフェンスを意識しつつコート全体を見渡せるほどの視野を確保できるようにしましょう。 そして多くのステップを要することになります。 トラベリングなどのファールを取られることがないようなステップをするようにしましょう。 ディフェンスに背を向けて対する際足腰を広めにとって、やや腰を落とした状態の姿勢を保つようにします。 お尻をディフェンスのモモに押し当てるようにポジショニングし、相手の動きを少しでも封じるようにします。 片手は味方からパスを貰う手、もう片方の手はディフェンスの手をガードする手と使い分けて姿勢を保つようにして下さい。 リバウンド リバウンドは相手より先にボールを保持しないといけないのでジャンプ力とポジショニングが必要となります。 練習方法としてはゴールのバックボードにボールを当て、そのボールを掴む練習をおすすめします。 強弱がついたボールを当てることにより、様々な弾道のボールが跳ね返ってきます。 そのボールを誰よりも先にとることをイメージしておこなうと、よりリバウンドの勘が養われます。 1人でもできるので空いた時間などを活用して練習するようにして下さい。 まとめ 今回はバスケのセンタープレイ完全ガイド【初心者必見】を紹介してきました。 センタープレイは試合の中でも非常に大事なポジションで、なおかつフィジカルと技術も要とするポジションだということが分かってくれたかと思います。 センターはやはり身長が高い人が有利です。 身長も高く、フィジカルと技術も持ち合わせたらそのチームの勝率は格段にあがります。 是非この記事を読んで、センタープレイの上達に役立ててくれることを期待します。 参考記事 バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ  (hoops japan basketball media) http://hoopsjapan.com/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%81%A7%E4%B8%80%E6%B5%81%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%EF%BC%95%E3%81%A4/#i バスケット選手が今すぐ使える3点プレーに直結するポストプレー   (ゴールドメダル.jp) http://gold-medal.jp/basketball/postplay バスケのセンター!動き方はコチラ     (うきうきExpress) https://ukiuki-express.com/  

バスケのピボットのポイントや練習法と徹底紹介

この記事はバスケットボール初心者に送るピポットの詳しい内容やターンの種類、コツやポイント、練習法を紹介しています。 近年日本でもバスケットボールリーグ、bリーグが開幕し、野球やサッカーと同等の人気を獲得しています。その中でもバスケットボールのオフェンスは試合の華で、綺麗で観客を魅了するプレイが期待されます。 今回はそのオフェンス技術の中でもとくに重要なピポットをご紹介します。このピポットが上手く出来るか出来ないかで試合の流れがあきらかに変わってきます。 ピポットの詳細やターンの種類、ピポットを上手く決めるコツやポイント、練習法などを紹介しています。 この記事を読んで、是非試合などで実践し、試合の華になってくれることを期待します。 デェフェンスマンを惑わすピポットとは? ピポットとはボールを保持しているボールマンがディフェンスマンと対抗しているときに片足を軸足として、そこからもう一方の足を動かすオフェンス技術のことです。 ピボットをすることにより、よりディフェンスマンにボールを奪わせないことができ、自分自身も攻撃へのプレーの幅を広げることができます。 ピボットを踏むことにより視野が一層広くなるということです。文房具のコンパスをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。 重心を針の芯とイメージして、そこから四方八方自由に動くことができます。軸足さえ固定していたら足を何歩動かしても反則は取られません。 しかし、少しでも軸足がずれたりすると審判に反則を取られ、「トラベリング」の警告を取られます。ですでこの軸足は決して床から離してはいけません。 この軸足のことを「ピボットフット」といいます。ピポットフットを固定しているだけで反則を取られることはありません。 ピボットフットを固定しているだけで反則を取られることはありません。オフェンスにおいて基礎知識なので必ず覚えておいて下さい。 近年ではトラベリングのルールが変更しました。 いわゆる「ゼロステップ」のルールが変わりました。これまではボールを受けた瞬間と、ドリブルが終わった瞬間は1歩目と数えられました。ですので後2歩しか動けなくなります。 しかし「ゼロステップ」のルール変更によりボールを貰った瞬間から3歩動けることになり、プレーの幅がより一層広がることに繋がります。 しかしピボットにはトラベリングがつきものです。いくらルール変更になったとはいえ、トラベリングとは表裏一体です。 「ピボットにはトラベリングがつきもの」ということを頭の中に入れて練習するようにして下さい。 ピボットフットの決め方・ピボットの後の動き方で試合を支配せよ! ピボットフットの決め方が次のプレーへの足がかりとなります。 ボールを受けた瞬間でのピボットフットの位置を確認し、そこから攻撃の組み立てを考え、次のプレーにどう移行するかを意識しながら練習しましょう。 ボールを受けた瞬間でのピボットフットの位置を確認し、そこから攻撃の組み立てを考え、次のプレーにどう移行するかを意識しながら練習しましょう。 ですので片足を床につけた状態でボールを貰うとその足がピボットフット、両足で受けた場合はその両足がピボットフット、空中でボールを受けた場合でもそれぞれ同じです。 ピボットフットを常に意識することでトラベリングなどの反則を回避することができます。 ピボットフットの動き方としては決して床からピボットフットを離してはいけないということは共通事項です。ドリブルの瞬間ボールが手から離れる前に床からピボットフットを離すとトラベリングを取られます。 手からボールが離れる前に再度ピボットフットを床につけてもトラベリングを取られます。 しかしシュートやパスの場合は例外もあります。 ピボットフットを離した瞬間にシュートやパスをしてもトラベリングは取られません。 ですので床に足がつく前にシュートやパスをすることを意識して練習しましょう。 2種類のターンで相手を抜け!ピボットで使うターンの種類 ピボットで使うターンの種類には主に2種類あります。 「フロントターン」と「バックターン」です。 これらの技術を活用することにより、相手のディフェンスを遅らせたり、オフェンスへの幅が広がります。 どちらとも軸足を床につけ、安定させることが大事です。それでは2つのターンを詳細に見ていきましょう。 フロントターン フロントターンは体勢を前方にしてピポットフットを軸にして回ることをいいます。 右足を軸にしたら右回りをします。 ターンをするときにはボールを首の高さや膝より下の方で移動するようにします。 回転角度は複数あり、90度、180度、270度とあります。 ディフェンスマンを抜きさるときは90度ターン、ボールを保守するときには180度ターンを主に使います。 膝を十字に曲げて移動し、床を踏み出した足のキックの反動を利用して行います。 体重移動は床と平行に移動します。 バックターン バックターンはフロントターンと逆で背中から回ることをいいます。 左足を軸にしたら右回りをします。 バックターンはディフェンスマンを振り切るときに使います。 振り切るには緩急をつけることが重要となってきます。 回転角度はフロントターンと同じで、90度、180度、270度とあります。 膝は十字に曲げ、床を踏み出した足のキックの反動を利用することが必要となってきます。 体重移動は床と平行に移動します。 また、鋭く小さくするとバックスピンとなります。 正しいピボットのやり方のコツ・ポイント バスケットボールにおいてピポットの重要性はよく分かってくれたかと思います。 ピボットを踏むことにより相手を欺くことができ、オフェンスへの時間に充てられ、攻撃の幅も広がります。 スキあらばゴールを狙えることだって出来るわけです。ピポットの練習が甘いと足元がフワフワし、バタバタと歩いてしまい、トラベリングの警告を受けることは必死です。 せっかく駆使したピボットが警告を受けたら本末転倒ですよね。 そこで正しいピボットのやり方のコツとポイントを紹介していきたいと思います。 腰を落としヒザを曲げる まずは腰と膝が重要となってきます。腰を落とすことにより、ディフェンスマンに一番遠い場所にボールを保持することができます。 膝もしっかりと曲げて、低い姿勢でピボットすることがポイントとなります。 この動作ができると、シュートやドリブルに素早く移行することができます。 頭と身体でボールを隠すことがコツとなります。 ピボットフットに重心をおき、逆足は次の動きに備える ピボットフットに重心を8割ほど置きます。 逆足は動き出しが遅くならないよう浮かしすぎないようにします。 浮かす際は5cm以内におさえるようにしましょう。 これで上達!バスケのピポットの練習方法で相手を黙らせろ! ピボットは最低でも2人で練習することをおすすめします。 1人で練習してもディフェンスとの距離感が上手く掴めず、感覚も分かりません。 ここではピボットの練習方法を2つほどご紹介します。 上手いピボットに繋げる筋力トレーニング 筋力トレーニングメニューの“ランジ”を紹介します。 ランジとは片足を前に出し、膝を90度に曲げ、その動作を前後連続して行います。 逆足の膝は床にギリギリまで曲げます。 片足10回、逆足10回と連続して行います。 Y字ピポットは体重移動が鍵! Y字ピボットはピボットをする上で重要な技術となってきます。 ボールを保持しているピポットフットが左の場合、逆足は右前に、次に後ろ、そして左前に連続して動作します。 四方八方動作するため、体重移動が鍵となります。 ピボットフットが左足に出来たら逆足を左前、次に後ろ、そして右前の順序で、それを同じく連続して行います。 まとめ 今回はバスケのピボットのポイントや練習法を徹底紹介してきました。 ピボットとはボールを保持する時間を稼げ、なおかつ次のプレーへの足がかりになることが分かってくれたかと思います。 ディフェンスマンにとっては非常に対応しにくいプレーの1つでもあります。 バスケットボールでとくにオフェンスを重要視したい方には参考になる記事になってくれたかと思います。 この記事を読んだあなたも早速試合で実践し、周りを驚かすほどのプレーを見せてくれることを期待します。 参考記事 正しいピポットでディフェンスに驚異を与えよう!ポイントは軸足 (spopedia) https://spopedia.com/how-to-pivot/ 身体とテクニックの基礎クリニック(JX-ENEOS バスケットボールクリニック) https://www.jxtg-group.jp/clinic/web_clinic/player/080625.php バスケットボール基礎と戦術(PERFECT LESSON BOOK) (近藤義行 著)