2019/11/18 19:45 3329PV

バスケのリバウンドを制するものはゲームを制す【勝ち方から練習法まで】

この記事ではリバウンドの重要性、リバウンドの勝ち方や練習法をわかりやすく解説します。

「リバウンドを制するチームが試合を制する」。これはバスケットボールにおいて、よく言われるセオリーです。なぜ、そんなに重要なのか。そして、どのようにすればリバウンドに勝てるのか解説していきましょう。

リバウンドで勝つ重要性

シュートは半分以上が失敗する

バスケットボールの最高峰・NBA選手のシュート成功率はどれくらいかご存知でしょうか。7割? 8割? いやいや、なんと5割を切ります。半分以上は失敗しているんです。10本打ったら5本は外れる計算です。

では、外れたシュートはどうなるのか。そのままコートの外に出てしまうこともありますが、敵、もしくは味方にリバウンドとして取られることがほとんどです。この「リバウンド」。これがバスケットボールでは非常に重要なんです。

シュートが外れると(インボールであれば)どちらのボールでもない状態になります。そのボールを味方、敵のどちらが取るかで戦況は大きく変わります。味方が取れば再び得点チャンスが生まれ、敵が取ると得点チャンスが失われ、守備に回らなければなりません。

どれくらい効果のあるプレイなのか

では、1試合にどれくらいシュートが打たれるのかというと、日本のBリーグでおおよそ1チーム70本ほどです。そのうちの半分が外れるとして35本です。35本は、どちらのボールでもない状態になるんです。これを、いかにマイボールとするか。ここが勝敗の分かれ目と言っても過言ではありません。

漫画『スラムダンク』では、安西先生が桜木にリバウンドの重要性を教えます。ディフェンスリバウンドを取ると、相手の得点チャンスを奪い(マイナス2点)、味方の得点チャンスが生まれる(プラス2点)、それはプラス4点の働きだと。リバウンドは3点シュートよりも1点多い、効果の高いプレイなんです。

リバウンドが得点する機会を増やす

バスケットボールは得点を取り合うスポーツです。最後に1点でも多かったチームの勝ちとなります。前述したように、シュートの半分は失敗します。ということは、攻撃回数を多くしなければ得点がたくさん入らないことは、お分かりいただけるかと思います。

攻撃回数を増やすために重要となるのが「リバウンド」。守備のときにリバウンドを取れば攻撃に移れます。攻撃のときにリバウンドを取れば、再び得点する機会が得られます。リバウンドは得点につながる重要なプレイなんです。「リバウンドを制するチームが試合を制する」の意味がお分かりになったかと思います。

リバウンドで意識するコツと勝ちやすくする方法

バスケ フリースロー

まずは相手をゴールに近づけさせない

では、リバウンドを取るにはどうすればいいのか。意識することは、「相手よりもゴールに近い位置をキープする」ということです。

守っている間は、基本的に相手(オフェンス)よりもゴールに近い位置にいます。相手がシュートを打ったら、その位置関係をキープできるとリバウンドが取りやすくなります。

ただ、相手(オフェンス)もシュートが外れた場合はリバウンドを取りに来ます。ゴールに近い位置に入って来ようとします。それを阻止するプレイを「ブロックアウト」と言います。(「ボックスアウト」「スクリーンアウト」とも言います。)これは、自分よりもゴールに近い位置に相手(オフェンス)が入らないようにブロックすることです。

基本のブロックアウトは、シュートが打たれたら自分のマークマンとの間合いを詰め、ゴールに向いて背面を使って、中に入って来ようとする相手(オフェンス)をブロックします。このとき手を使って相手を押さえたりするとファールを取られることもあるので注意してください。

相手を背にするということは、シュートの行方は見やすくなる半面、相手の動きが見えなくなります。右側から中に入って来ようとして右側を押さえると、左側からすっと入って来ようとするなど、駆け引きが行われます。

そこで、相手と正対したままブロックアウトする方法もあります。相手の動きが見えるので駆け引きには有利になります。ところが、シュートの行方は見えませんので、リバウンドを取らなくなる可能性もあります。

しかし、ここで重要なのは、“相手をゴールに近づけさせない”ということです。リバウンドを取るのは、その後です。もし自分がリバウンドを取らなくても、味方が取ってくれれば問題ないからです。

「外れたシュートが落ちてきてボールがコートに付いてからボールを取りに行け」とよく言われます。

5人全員がやらないと意味がない

そして、次に大事なのが、「全員がブロックアウトをする」ということです。4人がブロックアウトしていても、1人がブロックアウトをさぼると、その相手がリバウンドを取ってしまいます。5人全員がブロックアウトし、ゴールに近いエリアに相手を入れさせなければ、リバウンドは誰かが取ってくれます。

せっかく暖房を使って部屋を暖めていても、窓にすき間が空いていると外から寒い空気や風が入ってきてしまい、寒くなってしまいますよね。ディフェンスが「窓」で、ブロックアウトが「暖房」です。どこか1カ所でも窓(ディフェンス)にすき間があると、暖房(ブロックアウト)が効かなくなってしまうんです。5カ所すべての窓(ディフェンス)が閉まっていると、暖房(ブロックアウト)が効いて部屋が暖かくなるんですね。

リバウンドに向かう意識が大事

ただ、相手も黙ってブロックアウトされたままでいることはまずあり得ません。何とかゴールに近い位置に侵入して来ようとします。

そうなると、相手よりも早くリバウンドを取る必要があります。相手よりも早く、そして高くジャンプできれば、リバウンドは取れます。

ここで重要なのが、相手よりも遅くなってしまったり高くジャンプできなかったりして結果的にボールに触れなかったとしても、とにかく「相手とリバウンドを競る」ということです。これが非常に大事になります。

たとえ自分がリバウンドを取れなくても相手と競ることで体が接触し、相手の体勢が崩れてリバウンドをキャッチできなくなるかもしれません。相手がファンブルしてボールをコートの外に出してしまうかもしれません。

そうすると、結果的にマイボールになります。たとえ、自分がボールに触れなかったとしても。

だから、とにかくリバウンドに向かう意識、相手と競る意識、これを持つことです。ただし、競り過ぎてファールにならないように気を付けてください。

それから、リバウンドを取った後で一番重要なことは、「キャッチしたボールを下げない」ということです。ゴールに近いエリアは人が密集しています。ボールを下げると、はじかれたり、奪われたりする危険性があります。リバウンドを取ってもボールを下げない。これは鉄則です。

リバウンドの練習法

1人でやるリバウンド練習

自分で頭上にボールを投げて、ジャンプしてなるべく高い位置でキャッチする。これは、ブロックアウトではなく、ジャンプしてキャッチする練習です。とにかく、高い位置でキャッチする意識を持ってください。

次は、ボールをバックボードに当て、跳ね返ったボールをジャンプしてキャッチする。同様に、高い位置でキャッチする意識です。それと、キャッチした後にボールを下げないことも意識してください。

2人でやるリバウンド練習

まずはボールなしで2人1組でやる練習です。これは背中、肩を使って押し合います。お互いにブロックし合うイメージです。ゴール下は人が密集していますので、接触することが多いエリアです。接触に慣れるという意味もあります。

次に、ボールを使った2人1組でやる練習です。センターサークルの真ん中にボールを置き、オフェンスとディフェンスに分かれてボールを取り合う練習です。オフェンスはボールを取ろうとし、ディフェンスはそれをブロックアウトします。ディフェンスはボールを取ろうとせず、とにかくブロックアウトすることを意識してください。

最後に、より実践に近い状態で、2人1組でやる練習です。ディフェンスがオフェンスにパスを出し、オフェンスはシュートを打つ。ディフェンスはシュートを邪魔しに行き、シュートを打たれたらブロックアウトする。オフェンスのシュート練習と、ディフェンスのブロックアウト練習を同時にやる練習です。

参考動画

この動画では、バスケのリバウンドのコツと練習方法について解説されています。こちらもぜひご覧下さい。

まとめ

シュートが外れた状態は、どちらのボールでもない、「空中にあるルーズボール」と表現できるかもしれません。それをいかにマイボールとするか、これが攻撃回数に直結し、得点力に影響します。点を取り合うスポーツのバスケットボールにあって、リバウンドの重要性がお分かりいただけたかと思います。

そして、リバウンドは好不調の波に左右されません。リバウンドに向かうことは誰でもできることです。5人がどれだけ徹底できるか、それでリバウンドの数が決まってきます。ブロックアウトの意識を徹底できるチームが勝てるチームなんです。

バスケサークル運営者の方

SPOTAS+の『サークル』で、あなたのバスケサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう!

バスケ仲間をお探しの方

SPOTAS+の『サークル』では、多くのバスケサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。

<参考>

『考える力を伸ばす! バスケットボール練習メニュー200』(日立サンロッカーズ ヘッドコーチ 小野秀二 著)

この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

バスケのフリースローを上達させる鍵とは

この記事ではバスケのフリースローを上達させるためのポイントや練習法を詳しく丁寧に解説しています。 バスケットボールのシュートで唯一、誰にも邪魔されずにノーマークで打てるのがフリースローです。試合終盤になるとフリースローの1点が試合を決めることもよくあります。それだけ大事なフリースローですが、意外と苦手な方も多いのではないでしょうか。そこで今回はフリースローを上達させるためのポイントや練習法をご紹介します。これからバスケを始めようという方やフリースローが苦手な方はぜひ参考にしてみてください。 フリースロー上達の重要性 バスケットボールは相手よりも多く得点を取ったチームが勝つわけですが、相手チームが強くなればなるほど簡単に得点を取るのが難しくなります。そこで重要になってくるのがフリースローです。 フリースローとはシュートモーション中にファウルをもらうと与えられるシュートのことで、2ポイントエリアだと2本、3ポイントエリアだと3本打つことができます。 フリースローでの得点は1点ですが、このフリースローを確実に決めることができるかどうかが勝敗を分けるといっても過言ではありません。 特に試合終盤のフリースローは得点以上に相手にプレッシャーを与えることになるので、フリースローの確率を高めることは試合を有利に運ぶ上でとても重要なポイントになります。 また、フリースローの成功率が高い選手に対してファウルをしてしまうと確実にポイントが取られてしまう事になりますので、相手プレーヤーのディフェンスが慎重になると言うのも重要な要素です。 フリースローのルール シューターのルール ここでフリースロー時のルールを簡単に確認しておきましょう。 シューターは審判からボールをもらってから5秒以内にシュートを打たなければいけません。5秒以上経ってしまうとそのシュートは無効となってしまいます。 シューターは打ったボールがリングに当たるまで、その場から離れてはいけません。リングに当たる前に離れてしまうとそのシュートは無効となってしまいます。 シューターはシュートを打つ時にフリースローラインを踏んではいけません。ラインを踏んで打ったシュートは無効となってしまいます シューター以外のルール では次にシューター以外のルールを簡単に確認しておきましょう。 フリースローレーンに規定の人数以外は入ることができません。(オフェンスは2人、ディフェンスは3人) それ以外のプレーヤーは3ポイントラインの外側に出なければいけません。 フリースローを打つ人がシュートを打つ際、手からボールが離れるまではその場を離れることはできません。もし手からボールが離れる前に移動してしまうとそのシュートは無効となります。 フリースローがエアボールになってしまった場合(エアボールとはシュートしたボールがゴールに当たることなく外れてしまうこと)は相手チームのスローインからスタートになります。 フリースロー時に狙う場所や理想的な軌道 フリースローに限らずバスケでシュートを打つ際、どこを狙って打った方がいいのかと悩んだことはありませんか?人によってはリングの手前を狙った方がいいという人もいれば、リングの奥を狙った方がいいという人もいます。この場合どちらが正解でどちらが間違っているというわけではないのですが、ここであえて答えるのであればそれは「人による」ということです。 例えばいつもシュートがリングの手前に当たって外れるという人はリングの奥を狙った方がいいですし、逆にいつもリングの奥に当たって外れるという人はリングの手前を狙った方がいいです つまり自分のシュートの外れ方によって狙う場所が変わるということです。そのためにもまずは自分のシュートの特徴を知り、分析することが大事になってきます。他にも疲労度によって力の加減が変わってしまう事が有りますので、試合中にも細かく確認しておく必要が有ります。 またシュートを打つ際、なるべく高い軌道の方が入りやすいといわれます。なぜならバスケットボールのリングは上を向いており、リングにボールを通すためには高い軌道の方が通りやすいからです。 リングの直径は45㎝でボールの直径は約25㎝なので、リングの真上からボールを通すようにすればシュートは入りやすくなります。 ただあまり高く上げすぎるとボールのコントロールが難しくなってしまいますので、練習しながら自分なりの軌道を見つけてみてください。 フリースローを打つ際に意識すべきこと フリースローを打つ際、意識すべきことはいくつかありますがここでは3つ紹介したいと思います。 ルーティンを決める バスケの試合を観ていると、それぞれの選手がフリースローを打つ時にいろんなルーティンを決めているのが分かると思います。ではなぜ多くの選手がフリースローを打つ前にルーティンを決めているのかというと、「平常心で打つため」です。 フリースローは観ている方からすれば「決めて当たり前」と思ってしまいます。ただサッカーのPKなどもそうですが、決めて当たり前というのがものすごいプレッシャーになってしまい、平常心で打つことができなくなり結果外してしまうということがよくあります。 ですからどんな状況でも平常心で打つことができるようにルーティンを決めておくことはとても大事です。 つま先の向き あなたはシュートを打つ時、つま先はどこを向いていますか?人によって正面を向いていたり横を向いていたりと様々ですが、自分のシュートフォームにあったつま先の向きというものがあります。 シュートをショルダー気味に打つ人はつま先を正面に向けるとスムーズに打てるようになります。 一方シュートを振りかぶって打つ人はつま先を外側に向けて打つとスムーズに打てるようになります。一度つま先の向きというものも確認してみてください。 フォロースルー バスケのシュートフォームで打った後のフォロースルーが大事だということはよく聞くと思います。なぜかというとフォロースルーが安定するとボールの飛ぶ方向も安定するのでシュートがずれにくくなるからです。 ですからプロの選手でもボールがリングを通過するまでフォロースルーを残す人もいるくらいです。フリースローを打つ時はぜひフォロースルーも意識してみてください。 フリースローの練習法 フリースローの確率を上げるために普段の練習で意識してほしいことは、常に実際の試合をイメージしてシュートを打つということです。一番良いのは成功するイメージをもとに自分ならではのルーティンを決めておくことです。 例えばドリブルを3回ついてからシュートを打つとか、大きく深呼吸してから打つとか、目をつぶって集中してから打つなど自分ならではのルーティンを決めておくことが重要です。 そうすることで試合の時少しでも緊張感を和らげることができますし平常心で打つことができるようになります。 またシュートフォームを意識することも大事です。練習でできていないことは試合でもできないのでしっかりフォームを意識しながら打つようにしてください。 ポイントは手を添える位置、リリースの瞬間、フォロースルーなどを意識するようにしてください。 参考動画 この動画では、バスケのフリースロー練習法について初心者向け講座として解説されています。こちらもぜひご覧下さい。 まとめ 今回フリースローを上達させるポイントや練習法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。フリースローは得点こそ1点しか入りませんが、状況によっては試合を決めるシュートになります。 フリースローはコツさえつかめば誰でも確率を上げることができるので、ぜひ今回の記事を参考に練習に取り入れてみてください。 バスケ仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くのバスケサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 バスケサークル運営者の方 SPOTAS+の『サークル』で、あなたのバスケサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう! <参考> 【初心者必見!】フリースローのルールを完全網羅。シュートの打ち方、ルーティンも紹介します。(ClutchTime) https://clutchtime.jp/archives/1556 バスケのフリースローが届かないを解決!投げ方を改善し点数を量産しよう(spopedia) https://spopedia.com/free-throw/ YouTubeチャンネル『中川直之考えるバスケットの会』 公益財団法人 日本バスケットボール協会『2018バスケットボール競技規則』 バスケットボールにおけるフリースローに関する研究

バスケのチェンジオブペース完全ガイド【コツがわかればすぐできる】 〜スピードがなくてもディフェンスは抜き去れる!〜

バスケのドリブルテクニックの1つ「チェンジオブペース」。 この記事では、チェンジオブペースにどんなメリットがあって、どのように行えばよいのかを解説しています。 英語にすると、「change of pace」。直訳すると「気分転換」という意味です。ただ、バスケに関しては、そのまま「ペースを変える」という意味合いになります。ドリブルの「ペースを変える」、それがチェンジオブペースです。 チェンジオブペースとは 1対1の場面、あなたはオフェンスです。相手のディフェンスを抜き去るために、一番重要なのは何だと思いますか? 「技の種類とスピードでしょう」 そう考えている人も多いと思います。確かにスピードがある選手がズバッとディフェンスを抜き去るシーンは、NBAなどでもよく見ます。いろいろな技を繰り出して相手を抜き去るシーンも同様です。 では、スピードがない選手は相手が抜けないのでしょうか? そんなことはありません。スピードがない選手でもディフェンスを抜けるんです。そこが、バスケットボールの面白いところですよね。 要するに、スピードがない選手でも工夫して相手を抜き去れる技があるのです。チェンジオブペースは、ドリブル技術の1つになります。簡単に説明すると、スピードの“強弱”でディフェンスを抜く技術です。 この強と弱の差が激しいほど抜きやすくなります。野球に似た話があります。130キロ台のストレートが150キロ台に見えるという話です。聞いたことがある人もいるかと思います。球速をスピードガンで計測すると130キロ台なのに、バッターボックスに立っているバッターには150キロ台のストレートのように見える、いわゆる「体感速度」というものです。 この体感速度のマジックは、「その前に緩いカーブなどを投げておく」という点がタネです。普段、あまり見ない速度の緩いボールを見せられることで、そのあとに投げるストレートが早く感じるという、一種の錯覚に近い現象です。 バスケットでも同じです。普通に速さの勝負をしたのでは、スピードのない選手は相手を抜けません。ところが、「緩急の差」を生かすことで抜けるようになるのです。 チェンジオブペースのやり方 チェンジオブペースのやり方について、順を追って説明していきましょう。 ドリブルで進みます。 ドリブルを残した状態(ボールを保持しない)で動きをストップします。 ディフェンスがその動きに合わせて止まり、姿勢が高くなります(腰が上がる)。 その瞬間、低い体勢で再びドリブルをして、一気に抜き去ります。 動作を切り取ると、このような順序になります。この中で大切なポイントが2点あります。1つ目は、2のときにディフェンスを油断させること。いかに、「休止」する、休むというイメージを相手に与えるかです。これが成功すると、3のようにディフェンスの腰を上げることができます。2のときに、自分も休むように腰を上げるようにしてみましょう。「あ、ドリブルをやめるのか」とディフェンスが思えば、自然とディフェンスの腰が上がります。 2つ目のポイントとなるのは4です。ディフェンスの腰が上がったのを確認できたら、一気にトップスピードで抜き去るイメージです。この「タイミング」が大切なのです。詳しくは、「チェンジオブペースのコツ」で説明しますので、ここでは「ズレ」について解説しましょう。 チェンジオブペースは、別名「ヘジテーション」とも呼ばれます。英語で「hesitation」、「ためらい、躊躇」という意味です。ドリブルをして、一旦、ストップすることから、こうした名前になったのだと考えられます。 クルマがブレーキをかけた時点から、完全に止まるまで移動します。これと同じように、人も「止まれ」と脳に命令してから、完全に止まるまで少し移動してしまいます。ドリブルしているオフェンスが急にストップしたときに、ディフェンスはおそらく1、2歩は進んでしまうはずなのです。このときに、「ズレ」ができます。 バスケットボールにおいて、この「ズレ」は非常に重要なキーワードです。このズレが生まれたときに、例えば、シュートに行こうとするモーションを見せたとします(ボールを保持せず、ドリブルは残したまま)。するとディフェンスは、シュートを打たせまいと、ズレを埋めるために前に出てくるでしょう。そのときが、絶好の「抜くタイミング」になります。 チェンジオブペースのコツ ここまで何度も説明をしていますが、改めてチェンジオブペースのポイントとなる点を2つ挙げたいと思います。 いかに緩急をつけるか 再び動き出すときのタイミング この2点です。緩急については、再三説明してきましたので、ここでは控えます。では、「タイミング」について説明していきたいと思います。 ストップして再び動き出すとき、意識としては「いきなりトップスピード」を出すことです。緩急の差が激しいければ激しいほど、抜ける確率が高まります。しかし、ストップしていた状態からいきなりトップスピードが出せたとしたら、陸上競技に転向したほうが良いかもしれません。それほど難しいことであり、ほぼほぼ、「いきなりトップスピード」は出せません。 では、どうすればよいのでしょうか。そこで大事になるのが「タイミング」です。「いきなりトップスピード」に近いスピードを、いつ出すのか。簡単に言えば、ディフェンスの想定外のタイミング、あるいはディフェンスの体が付いて来られないタイミングです。 “抜けるタイミング”を掴むことができると、簡単にディフェンスが抜けるようになります。しかし、だからと言って毎回同じタイミングで抜こうとすると、タイミングを読まれる可能性が出てきます。 漫画『スラムダンク』で、こんなシーンがありました。流川が仙道をチェンジオブペースで抜き去ろうとしますが、タイミングを読まれて抜けなかったシーンです。このように、タイミングを見抜かれてしまえば抜けなくなってしまうのが、チェンジオブペースの弱点です。いかに、相手の裏をかいたタイミングでチェンジオブペースをやるか、これにかかっています。 「ディフェンスの体が付いて来られないタイミング」については、かなり高度な技術になるので、ここでは簡単に触れておく程度にとどめておきます。それはディフェンスの「重心」を見極めるということです。左足に重心があると、右側にすぐに動くことは難しくなります。逆も然りです。 チェンジオブペースでドリブルを止めたときに、ディフェンスの重心がどちらの足にかかっているのかを見極められれば、さらに抜きやすくなります。緩急の差をつけて、ズレを生み出し、重心を見極めれば、いとも簡単に抜けるはずです。 参考動画 この動画では、バスケのチェンジオブペースについて解説されています。こちらもぜひご覧下さい。 まとめ チェンジオブペース(別名ヘジテーション)は、ドリブル技術の1つです。身につけておきたい度合いでいうと、クロスオーバーと同じ、星5つ(最大5)です。これは必ず身につけておきたい技術です。ヘジテーションしながらクロスオーバーで抜くとか、他の技と合わせることで簡単に抜けるので、1対1も怖くなくなるでしょう。 基本は、前を向いて(ドリブルをしている手元を見ないで)ドリブルすることです。これができないと技が出せません。初心者の人は、まずは前を向いてドリブルできることを身につけてください。 バスケサークル運営者の方 SPOTAS+の『サークル』で、あなたのバスケサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう! バスケ仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くのバスケサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 <参考> 『考える力を伸ばす! バスケットボール練習メニュー200』(日立サンロッカーズ ヘッドコーチ 小野秀二 著) 【保存版】超絶テクニック動画!バスケットボールのドリブル技17選まとめ(NBAクエスト) https://nba-quest.com/dribbling-skills/ YouTubeチャンネル『めぐちゃんねる』