2019/02/07 0:00 4535PV

バドミントンに適したトレーニング方法とは【効果抜群】

バドミントンの上達はラケットワークとフットワークにつきると言っても過言ではないでしょう。強烈なショットを可能にする体幹とフットワークを鍛え、ラケットを振り抜いて勝利する。ここでは華麗なショットを支える効果的なトレーニング方法を紹介します。

ラケット競技の場合、つい手首や肘・肩などラケットワークに直結する部位に目が行きがちですが力強いショットを支えるのは下半身や体幹だと言えます。トッププレイヤーの試合を見ると100回以上のラリーが続くこともあります。間断なく続く攻守を維持するには華麗なフットワークを支える下半身や体幹を鍛えるのが一番です。
もちろんシャトルを打ち返すための手首のスナップ、起点となる肘や肩の筋力アップも必要になります。
筋力アップと聞くとボディビルダーの姿を連想するかもしれませんが、バドミントン競技は常にコートを動き回っています。アクセルとブレーキを繰り返しながら機関銃を連射するようなものです。狙い通りにシャトルを放つためには効果的なトレーニングを日頃から積まなければなりません。ラケット競技の中で最も複雑で奇妙な形のシャトルコックを用いるバドミントン。効果抜群なトレーニング方法を見て行きましょう。

バドミントンに必要な力

体力/持久力

人でコート全面をカバーするシングルスはもとより、100回を超えるラリー戦を戦い抜くダブルスでも体力が非常に大事です。強靭な筋力を維持する体力と長時間動き続けられる持久力をいかに作り上げるかが勝敗を分けます。フルセットの末スタミナ切れで負けたという話を聞きますよね。

筋力

大腿四頭筋とハムストリングが軽快なフットワークの決め手

いち早くシャトルに追いつくことで次のショットの選択肢が増えます。そのために俊敏なフットワークが欠かせません。しかも、相手はフェイントでこちらの読みの逆をついてきますのでストップ&ダッシュの繰り返しに耐えなければなりません。

広背筋がスマッシュのバネになる

次に大事なのが追い込まれてのけ反りながらもスマッシュやクリアするためには、背中の広背筋や腹筋を総動員する必要があります。

手首のスナップ

バドの大きな特徴は手首のスナップです。ここがテニスとの違いですね。軽いシャトルを初速400キロ超で跳ね返すにはスナップの返しが必要です。

体幹

体幹とは頭部と四肢を除いた、いわゆる胴体のことを言います。最近はバドミントン以外どのスポーツでもシーズンオフに体幹を鍛えた結果成績が良くなったというコメントを耳にしますね。筋力に加え、バランス感覚や柔軟性に注意したトレーニングが必要です。そのためにはヨガの要素やバランスボールなどを取り入れ、インナーマッスルを鍛え股関節や肩関節の可動領域を広げることが大切です。

瞬発力

攻守が目まぐるしく変わるバドミントンでは、瞬発力が必要です。特にフェイントなどで自分の読みと違ったショットが来た際には、逆モーションからでもシャトルに食らいつく局面が出てきます。そのためには瞬発力の源ヒラメ筋を鍛えます。

メンタル力

いかに優れた筋力、持久力を手に入れてもセッティングなど緊張した場面で、持ち前のスキルが発揮出来ず悔しい敗退を経験した方も多いはずです。接戦をものにするメンタルトレーニングも不可欠です。ゴルフやテニスでは専属のメンタルトレーナーをつけるトッププロさえいるのが現状です。

動体視力

初速400キロ超のスマッシュや緩急つけたシャトルがネットを挟んで行き交うバドでは動体視力も大事になります。予測の裏をかかれた時でも、シャトルをしっかり目で追うことが必要になります。

各力を鍛えるためのトレーニング

バドミントン トレーニング

ストレッチング

トレーニング前の入念なストレッチングが怪我の防止につながります

ラケットワークに必要な肩周辺の三角筋、上腕、肘、手首をそれぞれ15〜20秒程度ストレッチします。次に、フットワークを支える腰から下半身の股関節、太もも、ふくらはぎ、足首、アキレス腱をストレッチします。

体力/持久力

基本はランニングにつきます。3〜5キロのランニングで持久力を養いますが、バドの動きの基本はストップ&ダッシュです。長い距離を走った後に20〜30メートルのダッシュを何本か繰り返すことも取り入れると良いでしょう。

筋力

大腿四頭筋

大腿四頭筋の強化はスクワットで行います
・両足を肩幅くらいまで開きます。その際爪先はやや外側に向けしっかり地面をつかむ。
・腕を首の後ろで組むか、胸のところでクロスさせる。
・ゆっくり膝を曲げて行きます。その際前のめりにならないようにする。
・膝を伸ばし元の位置に戻ります。その際やや反動をつけてテンポ良く。
・ワンセット10回で3セット繰り返します

ハムストリング

太腿の裏側のハムストリングの強化はランジで行います。
・両足を軽く開き背筋を伸ばします。
・片足を前方に踏み出します。その際踏み出した足の膝が90度くらいになるようにします。
・踏み出しながら腰を落とし、残した足の膝が地面スレスレになるようにします。
・元の位置に戻ってから反対の足を踏み出します。
・ワンセット10回で3セット繰り返します。
広い場所で行う場合は、交互に歩くようにウォーキングランジで鍛えましょう。

広背筋

広背筋は懸垂で鍛えるのが最もシンプルなやり方です。また、バーベルを両手で持ち上げるベント・オーバー・ロウイングや片手でダンベルを持ち上げるワンハンド・ダンベル・ロウイングなども効果的に広背筋を鍛えられます。軽めの重さから始めて無理しないことが大事ですね。

手首

このスナップ力がスマッシュの威力を増します。ダンベルを使ったリストカールで鍛えます。
・椅子を前にひざまづきます。そして、右肘を椅子の上に置きダンベルを逆手で持ちます。
・左手で右肘を支えるようにして右手首でダンベルを持ち上げます。
・ワンセット10回で3セット繰り返します。

体幹

バランス感覚や柔軟性を養うために肩や股関節周辺のインナーマッスルを鍛えます。ストレッチ・ポールの上に横になったり、バランスボールを使用して腰や肩の柔軟性を養います。
また、安定した軸を作るためにプランクトレーニングも有効です。
・腕立て伏せの状態から肘を床につけます。
・頭の先からかかとまで一直線になるようにして静止します。
・ワンセット30秒を3セット繰り返します。

瞬発力

ふくらはぎのヒラメ筋の強化のためにはカーフレイズが効果的です。
・段差のある場所に立ちます
・背筋を伸ばしてゆっくりとかかとを上げます。
・上げたかかとをゆっくり下ろします。
・ワンセット10回を3セット繰り返します。

メンタル力

目指すプレーヤーや伝説的な選手の手記や書籍に目を通して、座右の銘に出来そうなキャッチフレーズを試合前に念じるのも悪くありません。奥原選手がコートに入る前にブツブツ自問するルーティンも有名ですよね。成功体験のポジティブマインドを保つために常日頃からイメージトレーニングをフィジカルトレーニングと並行して行う習慣も身に付けましょう。

動体視力

シャトルの初速は最速で400キロを超えますし、ラリー中も予測の逆を突かれるフェイントの連続です。スポーツビジョンの良し悪しが勝敗を分けることもありますね。
時速100キロの電車の中から駅名の看板の文字を読み取るトレーニングや、目の高さに両手を肩幅に広げて左右交互に指を順番に目で追うトレーニングなどで鍛えます。

クールダウン

筋肉の疲労回復のために最後にストレッチを行います。野球のピッチャーが登板後に肩を冷やしている姿を必ず目にしますが、試合やトレーニングで酷使した筋肉を癒すためにクールダウンの事後ストレッチは大事ですね。テニスエルボーやバド肘の防止のためにも局部のアイシングも効果的です。

バランスの取れた食習慣

最近では実業団や大学の部活動でさえ専門アドバイザーの管理栄養士を置くチームもいます。筋力や持久力を養うためには日頃の食習慣も大切な要素です。テニスではグランドスラム大会では4時間を越す男子シングル戦も珍しくありません。バドミントンでもファイナルセットまで行く場合2時間を超えます。試合前の食事や試合中の栄養補給にも気を配る必要があります。

まとめ

ラケット競技の中でも特に動きの速いバドミントン。シャトルは風の影響も受け、時にネットタッチもあり、ラリーも数十回を数える過酷なスポーツです。最後はラケットワークで得点するものの、それを支えるのはフットワークであり強靭でしなやかな体幹です。地味なトレーニングを制したものだけが勝利の余韻を味わえるのです。

参考記事一覧

バトミントンで使う筋肉とは?筋トレに必要なトレーニング方法を解説(kintore-master.com)

https://kintore-master.com/6921/

バドミントンのトレーニングメニュー10選!基礎体力やフットワーク(activel.jp)

https://activel.jp/articles/Z6k3J?page=2

動体視力を上げるためのトレーニングを眼の専門家が解説(muster.jp)

https://muster.jp/course/1165/

『うまくなる!バドミントン』(小島一夫 著)

『バドミントン上達BOOK』(遠藤隆 監修)

『大人の体幹トレーニング』(本橋恵美 著)

スポーツトレーニングの基礎理論 (横浜市スポーツ医科学センター 編)

この記事の記者紹介
スポタス編集部

おすすめ記事

バドミントン初心者がするべき練習メニュー大公開

初心者のバドミントンの練習はまずラケット競技の基本である「ラケットを振る」ことから始まります。そして、シャトルの独特な動きに慣れる事が重要です。ここでは、バドミントン初心者にとって有益な練習メニューを紹介していきます。 ラケット競技の基本はとにかくラケットを振ることです。最初は、ネット越しに下からシャトルを打ち上げるのも一苦労ですね。ましては頭上のシャトルを相手に打ち返すのは至難なことでしょう。まずはラケットとシャトルの扱いに慣れる事から始めましょう。 フランスの貴族の遊びから始まったテニスも、手のひらでボールを打ち返していた事が始まりで、後にラケット競技に発展しました。その事からもラケットを自分の手と同じように扱えるようになるかが重要です。 ここでは、初心者のための練習法を徹底的にご紹介します。 バドミントン初心者向けウォームアップ 全ての基本は運動の準備段階から始まります。身体を動かす前に、体育館の中をまずは軽くジョギングしましょう。その後はストレッチです。練習前のウォームアップに始まり練習後のクールダウンまで一連のルーティンを行わないと怪我につながります。 ラケットの両面を使いシャトルを連続撃ちする 最初はシャトルをポンポンとバックハンドの面で打ちます。バドミントンはレシーブの際に70%はバックハンドで打ち返します。まずはバック面でシャトルをコントロールできるようになりましょう。 連続で続くようになったら、今度はフォアハンドの面と交互に打ちます。 ネット越しにシャトルを打ち合う ネット越しに相手とシャトルを落とさずに打ち合います。最初はサービスラインの前あたりから始めて徐々に下がって行きましょう。まずは10回を目標にして増やして行きます。バックハンドやフォアハンドに関係なく、とにかく返球し続ける事を意識しましょう。 基本練習を確実にこなす 初心者にとってドロップ、ドライブ、プッシュ、クリア、ヘアピン、スマッシュの一連の基本練習が決め手です。ここをスキップしてゲームを行なっても得るものは少ないでしょう。週一プレイヤーで時間も限られていて、基本と試合のどちらを優先するかと言えば、間違い無く基本練習です。可能ならば自分よりも上のプレイヤーと基本を打ちましょう。 (※それぞれのショットの打ち方についてはこちらの記事でもご紹介しています) バドミントン初心者向け練習方法 素振り 初心者はグリップに関して余り神経質にならず、極端なウェスタンにならなければ充分です。それよりもとにかく素振りでフォームを固めて行きましょう。肩を後ろに引く癖をつけるために、壁際に立ってラケットを振るのも良いですね。慣れて来たら、右足で蹴って左足で着地して前に体重移動がスムーズに出来るようにしましょう。 (素振りの練習方法についてはこちらの記事でもご紹介しています) 壁打ち 1人で黙々と出来る壁打ちは初心者にとっては実に有難い練習方法です。自分が下手なうちはどうしても相手に恐縮してしまいがちですが、壁打ちはそういった遠慮をする必要がありません。まずは10本連続を目標にして打ち続けましょう。 (※壁打ちの練習方法についてはこちらの記事でもご紹介しています) ノック シャトルを打って決める感覚をノックで身につけるのが初心者には非常に大切です。ネット前の左右にノックでシャトルを出してもらいプッシュで決めます。連続10本決められるまで続けます。 半面練習 半面というエリア限定で、更にショットも限定して練習します。この練習を通じてフットワークの足の運びを身につけましょう。また、苦しい体勢からでもミス無しで打ち返す辛抱強さも初心者には大切な能力となります。 全面2対1 半面練習である程度ラリーが続くようになったら、ネット越しの2人に対してシングルコートでラリーを続けます。初心者のうちは特定のショットだけに限定してラリーを如何に続けられるかをテーマに練習するのもお勧めです。 バドミントン初心者向けスマッシュ練習方法とは? バドミントンの最大の華はスマッシュです。シングルスでスマッシュのエースが決まった時の嬉しさは格別です。しかし、初心者にとってスマッシュは決して簡単ではありません。ここではスマッシュを決める為に必要な練習方法をご紹介します。 半面ノック やや浅い球を上げてもらい力を抑えてスマッシュを狙った場所に打つ練習をします。シャトルの下に入って、しっかりテイクバックし、狙いをつけて打ち込みます。インパクトの瞬間はラケット面がやや下向きになるようにします。 全面ノック 今度は奥までシャトルを上げてもらい、全力で打ち込みます。インパクト直後のフォロースルーを大きく取るように心がけ、そのまま前進するようにフットワークを運びます。狙う方向は3つ。ストレート、クロス、そしてボディアタックです。ポイントは、クリアとドロップと同じフォームで打つようにすることです。 全面2対1 ネット越しの2人に対してシングルコートでオールスマッシュの練習です。初心者のうちは、1度で決めようとはせずに、何本か連続でスマッシュが打てるようにしましょう。最後は浅い球を出してもらいプッシュで決めます。 バドミントン初心者向けトレーニング バドミントンは前後左右の動きに加えて、高いシャトルを追いかける競技です。ここでは効果的なトレーニングをご紹介します。 ランニング&ダッシュ 走ることは全てのスポーツの基本です。定期的にランニングコースを決めて走りましょう。その際に短距離ダッシュも何本か取り入れて下さい。また、怪我の防止のために練習後にはストレッチをするようにしましょう。 スクワット バドミントンはラケットワークを支える下半身が命です。スクワットで大腿四頭筋とハムストリングが一緒に鍛えられます。手を頭の後ろで組むのが一番ですが、初心者は手を胸の位置でも構いません。 ランジ ラケットをリストスタンドで持ち、左右の足を交互に前に出します。その際、腰を落としますが膝は深く曲げすぎず、ホームポジションに膝のバネを使って戻りましょう。 まとめ ここまでバドミントン初心者の方向け具体的な練習方法をご紹介しましたが、一番大事なポイントは楽しんで練習をする事です。楽しむ事でモチベーションが維持できますし、練習の効果も高まります。 また、自分のしている練習が何のための練習で、何を向上させようとしているのかという事を意識するのも重要です。練習の効果を意識して取り組むだけで得られる効果は大きく変わります。 ここでご紹介した練習方法を活かして、試合で勝てるようになって頂ければ幸いです。 バドミントン仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くのバドミントンサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 参考一覧 バドミントン初心者にお勧めしたい練習メニューとは?疑問を解決しよう!(activel.jp) https://activel.jp/articles/ykeKN バドミントン上達プログラム(バドミントン上達.com/entry42.html) http://xn--fdkbu5d6eb3423c426g.com/entry42.html バドミントンの練習メニュー 初心者がグングン上達する方法(badminton-win.net) http://badminton-win.net/archives/290.html 『ジュニアバドミントン 強豪チームが必勝練習法を公開』(ベースボールマガジン社) 『うまくなる!バドミントン』(小島一夫 著) 『バドミントン上達BOOK』(遠藤隆 監修)

バドミントンのカットのコツと打つタイミングを知ればさらに楽しくなる!

バドミントンのカットを実践の中で活かせるように、コツや練習方法についてお話しを進めていきます。 バドミントンのショットのひとつであるカットは、相手の意表をつき予想していない場所にシャトルを落とす騙しのような役割をするショットです。 カットが決まると相手の体勢を崩したり、ラリー中のリズムが崩れやすくなります。相手のテンポが乱れミスが生まれるので、その後のスマッシュなどの自分の決め技へとつなげることができます。 決めのショットではありませんが、プレイの幅が広がりとても有効なチャンスを作るのがカットです。しかし、実は難易度の高いショットです。攻撃力はあまりないので未熟なカットを使うと相手のチャンスにつながってしまいます。また相手にカットを読まれてしまうと逆に自分が追い込まれてしまいます。そこで今回はカットを上手に使えるように、カットの打ち方について、コツや練習方法についてご紹介していきましょう。 カットとドロップの違いは何? カットについて多く聞かれるお悩みが、カットとドロップの違いがわからないということです。 両方ともネット前に落とすショットなので同じように感じてしまいますが、打ち方以外にこのふたつには使う目的や場面役割の違いがあります。 ドロップはふんわりした山なりの軌道でネット前に垂直に落とすことで、相手をネット前ギリギリまでに動かし前後に揺さぶるという役割があります。回転をかけないでフラットに落とします。 一方カットは、ネットギリギリを通る速い軌道で鋭く落ちるショットです。相手の体勢を下、前方に急激に崩します。意表を突かれた相手が体勢を整えている間に次の決めのショットを打ちミスを誘います。 落ちる時間もドロップより速いので、相手に考えさせる時間やシャトルを拾う時間を短縮させる効果があります。回転をかけて角度をつけて打つのでラケットを振った方向とは違う場所に落ちるのでフェイントとしても使われます カットの打ち方 バドミントンのカットは、フォアカットとリバースカットの2種類に分かれます。どちらもフォームはスマッシュと同じようにオーバーヘッドストロークで打ちます。それぞれの打ち方を説明していきます。 フォアカット スイングする方向はまっすぐですが、シャトルに回転をかけます。ラケットがシャトルをとらえる瞬間にシャトルのコルク部分を斜めに切るようにラケットの面に角度をつけます。手首を少し外側に傾けるような形にしてラケットをふり上げたら、カタカナのノを描くように上から切るように振り下ろします。天の平を内側に返しラケットの面を体の内側に持ってくるように打ちます。 リバースカット シャトルが通常の軌道とは逆方向に飛ぶカットで、元に戻るような動きをします。一瞬空中で減速するので、相手の動きのリズムを遅らせることができます。 手のひらの甲を外側に返しラケット面を体の外側に切るように角度をつけて打ちます。振り切ったあとは、ラケットを持っている手と同じ方向にラケットが届きます。利き腕の逆の脇の下に向けて、コルク部分を切るように振り切ります。カットより難しいので腕で振るというよりも手首のスナップを意識しましょう。 どちらのカットも最初から面に角度をつけてしまうと相手にカットが読まれてしまいます。面はいつも通りの角度にしておいて、シャトルをとらえる瞬間だけ面に角度を作りましょう。 カットを決めるコツ カットを上手に決める為に、ご紹介するいくつかのコツを抑えて練習しましょう。 フォームを安定させ、体がぶれないようにする スマッシュやクリアなどを打つ時と同じフォーム、打点を意識する シャトルを切るように当たる角度を作る 自分が一番打ちやすい高い打点を保つ シャトルの下に早く入り打点を捉える 力まず手首のスナップを利かせて打つ カットを打ち終わったら次のショットがすぐに打てるように切り替える カットの練習はコツを意識して行うと、より上達が早くなります。 打つべきタイミングを見極める事が重要 カットはただ打てばいいというわけではなく、ここで!というタイミングを狙って打つことで得点につながる効果を発揮できるのです。効果、目的をしっかり理解しまよう。 カットは相手がスマッシュを警戒するなど、後方に下がって構えているタイミングにより効果を発揮できるショットです。スマッシュかなという場面で裏をついて前にカットを打ち込みます。相手は急に前に振られて焦ることで体勢がくずれ、返球が甘くなります。甘い球が返ってきたところで後方へのショットやスマッシュを決めます。フェイントとして打つことでも相手の体勢は崩れ、次のショットの効果が生かしやすくなります。さらに効果的にカットを生かすには、相手にスマッシュかドロップ?と思わせるタイミングでばれないようにカットを打ち、反応できなくするという活かし方もあります。 カットが上達する練習方法 カットを上達させるなら、フォアカット、リバースカットそれぞれをノックで繰り返し練習することが大切です。 ノッカーにサービスラインにノックを上げてもらい、その場で打ち返す方法です。面の角度を調整しながら繰り返し練習します。慣れてきたら前後、左右にに動きをつけてみたり、スマッシュとカット、ドロップとカットというように他のショットをはさみながら相手に読まれないような工夫を取り入れて練習してみましょう。 参考動画 この動画ではバドミントンのフォアカットとリバースカットの打ち方について解説されています。こちらもぜひご覧下さい。 フォアカット リバースカット まとめ 難しいショットですが、打てるのと打てないのとではプレーに格段に差が出ます。カットを確実に身につくと試合の流れが必ず自分に有利になります。ノック練習で繰り返し身に着けるとともに、試合などの実践でどんどん使ってみるといいでしょう。 始めはなかなか思うように決まらないこともありますが、上手なカット動画を見て自分の中でイメージをすることも大切です。カットを使う適切な場面を見極めて、カットが使えるようになるとバドミントンはますます楽しくなります。 バドミントン仲間をお探しの方 SPOTAS+の『サークル』では、多くのバドミントンサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 <参考> バドミントン上達を目指す人へカットを打つ時のタイミングとは?(バドミントンが上達する練習メニュー) http://badminton-practice.biz/cut/cut-timing/ ドロップとカットの違いって何なの?(バドミントン総合情報サイト) http://badnet.jp/archives/13184/ カットの打ち方 バドミントンショットのコツ(バドライフ) http://badminton.item-land.net/training-load/cut/ カットの打ち方(初心者のためのバドミントン上達ガイド) http://www.sbmgd.com/tcut.html YouTubeチャンネル『井川里美』 YouTubeチャンネル『ぐっちゃんねる。の部室』